【広告】アマゾンジャパン 最大10%ポイントアップスマイルセール5月31日から開催

夢日記のトップ画像
ペンネーム:
夢のタイトル:
夢の内容:
削除キー:

cookie:


HOMEよくあるご質問お問合せ

この掲示板は、夢日記のノートの代わりにご使用になれます。
もちろん無料でいつでも更新や削除は出来ますので、お気軽に書込み下さいませ。




タイトル:今日見た夢。 投稿者:はなやま
返信
この夢、ずっと忘れていました。
友達と話していたら、「月」という単語が出てきて、突然思い出しました。
何か、意味がありそうなので、ここに記録します。
まず目についたのは、空でした。
ショッキングピンクみたいな、真っ赤な空でした。
明らかにおかしい色でした。
家の窓から見えていたのは、月、だと思います。
太陽かな、とも思ったけど、あの窓からは月しか見えないので。
空が激しく発光し、草や土が光でピンクがかっていました。
その真っ赤な光を吸い込むかのように、真っ黒な月が出ていました。
多分、何らかの災害が起こっていました。
ずっと前から、予測されていた災害。
月に、尋常じゃない恐怖を感じたので、月に関する災害だったのかも。
多分死ぬ、でも運が良ければまだ生きれる、そんな感じでした。
世界規模の大きな災害。
家族は皆、避難していました。
自分は、頭では逃げなきゃと思っていても、混乱して、立ち尽くしているだけでした。
明らかに、逃げ遅れていました。
ああ、自分はもうすぐ死ぬんだって、そう思いました。
現実感は、湧きませんでした。
莫大な情報だけが与えられ続けていて、なんだろう、頭は知っている、でも理解は出来ない、そんな感じでした。
ただ、ぼうっと立ち尽くしていました。
そこで、目が覚めました。
続きはもう少しあった気がするけど、どうしても思い出せません。
文才ないけど、一生懸命記録しました。
これはなるべく多くの人に知らせなければいけないと思いました。
こんなに上手に文章を書けたのは初めてです。
命令されて、書かされている心地でした。
その人が言ったことを、書き写している気がしました。
人ではないかもしれませんが笑
誰かが読んで、このことを知ってくれますように。
[30]2024年04月26日 (金) 21時12分
Pass





タイトル:夕方の昼寝で見た夢 投稿者:無職
返信
初めて投稿します。ストーリー性の夢を見るのが自分だけじゃないと知り嬉しいです。

就寝
実家であったバーベキューが終わった。
腹が減って残飯漁り
残飯を漁って口に入れると生肉。食えない。
諦めて散歩してたらいつのまにか裏口へ
なんか天気がいいのに雨戸から水がめっちゃ出てくる。
まぁいいか。
実家で一泊
翌日、何故かマスカット畑(網で囲ってある)へ
カラスがネットを突いて破いたところの網の補修作業
つまずく。
下に蛾の幼虫の蛹?卵がびっしり。
半狂乱になりながら脱出。
マスカット畑からの帰り方がわからない。

暗転(二度寝)

ビルの地下に敵の基地があることが発覚
地下に助けに行く俺たち3人
途中の監視カメラでバレる
エレベーターが途中で止まる。
何故か1人はエレベーター内にいることがバレず
手錠が2つ渡された。
人質がいるので敵に身を差し出す
偉そうな人に軽い自己紹介をし
古い学校机に座る。
どうやら今から授業。
よくわからん授業が進む中、笛ぽい音が鳴り響く
手錠はダイアル式でおそらくその暗号
敵に仲間がいるんじゃないかって疑われる
俺たちに質問
知らないと答える
偉い人の指示ででっかい空の金魚鉢からヤスデを取り出して、再び尋問。
もう1人の仲間に近づけられる。
俺が身代わりを申し出る。
イヤだな、痛そうだな、早く笛の音を解読して手錠外して助けてくれないかなぁ
起床

ヒロアカを最近読んだので3人の中の1人は蛙の女の子かなぁと妄想。
[29]2024年04月12日 (金) 20時02分
Pass





タイトル:洗脳と復讐と愛 投稿者:らぶ
返信
〜夢日記〜
題名:洗脳と復讐と愛

仲間がとある街の中に集められていて、みんな普通に生活していた。
が、私だけはこの街の違和感に気づいていた。
みんな悪い大人達に洗脳されているのだ。
早く家に帰りたい≠サの思いでいっぱいだった。
有能な子供だけが選抜されてその街から脱出できることを知り、一部の子供達は上手く脱出した。残りのできそこないと呼ばれる子達は、、死んだか、殺された。。

一部の子達と脱出した瞬間…
パンパカパーン!🎉
「おめでとうございます!あなたたちは見事脱出できました!🎊元の家に帰りましょう!」
と、大人の男性が大きな声で言った。
子供達は皆喜んでいる。
子供達は皆、バスに誘導されていく🚌
周りの大人達は、「おめでとう〜〜👏」とか言って笑顔を私達子供らに向けているが、
私だけは薄々気づいていた。
もう自分の家には帰れず、次に行く場所も私達が試される場所、隔離される場所なのだと、、
私は、近くにいた大人の女性に
「どうせ次私達が行く場所も、私達を隔離する場所なんでしょ?」と、怒りながら言った。
後に、これをこの女性に伝えてしまったことを後悔することになるとも知らず…

「何言ってるの〜笑。お家に帰れるのよ〜」と、ヘラヘラした口調でその女性に言い返されたが、私は納得いかないし、バスに乗るのが怖かった。けど先に進むしかない。
渋々バスに乗るが、バスが進むにつれて見慣れない不穏な景色が窓の外に広がる。。
あぁ、やっぱり騙されている私達は…≠ニ心の中で恐怖を感じていた。

バスが止まり、ふと外を見るとゾンビが複数人いた。みんな気づいていないようだ。
街の様子を見たかったので、こっそりとバスの外に出て様子を伺おうとしたら、
私達子供をとりまとめている教員男性みたいなやつが私に近づいてきて、
「気づいたな」
と言われ、急に私の首筋に噛み付いてきた。
この男は、人の形をしたゾンビだったのだ。
私は何が起こったか分からず、血が噴き出る部分を必死に手で抑えた。
すると次はなんと私の頬に噛みついてきて、顔の半分の肉を引きちぎってきたのだ。
痛みと苦しさと血🩸がありえないくらいドボドボこぼれ落ちておりパニック状態に陥り、
その場で倒れた。
血が止まらない。私の周りは、自分の血によってあたり一面が血の海になっていた。
頬から首の付け根あたりまでが噛みちぎられており、気管も丸見えの状態だった。
ヒューヒューと必死に命を繋ぎ止めようと呼吸していた。
その男は不敵な笑みを浮かべて私をその場に放置して、子供達の元へ去って行った。
薄れゆく意識の中、何人か子供達が私の方を見ている。けど、もうあの子達は洗脳されているから、私みたいに殺された人間を見ても仕方ないなと思われるくらいで、気にしてないのだ。。

そしてわたしの死体は放置されたまま、夜になった。
死んでもおかしくないはずなのに、なぜか生きている。自分でも不思議な感覚だ。
身体が徐々に熱くなり、逆に意識を取り戻していく。身体は変わらず動けず、血は流れ続けている。
私は悟った。
あぁ、わたし、噛まれたから感染してこのままゾンビになるんだ…≠ニ頭の中で理解した。

私の周りは血の海だし、頬肉は噛みちぎられているので言葉を発して助けを呼ぶこともできない。倒れながら途方に暮れていたところ、
全身真っ黒のローブを身にまとった1人の女性が近づいてきた。
辺りは暗かったので顔は良く見えなかったが、人間じゃないことは分かった。
その女性は、苦しそうにしている私に近づいていてこう言った。
「こんなにされて、かわいそうに。。私達側にくるならば、その傷治してあげてもいいわよ。」
私は話せないかわりに、コクコクと首を何度か縦にふり、頑張って頷いた。

この女性の顔が近づいてきた時、目が合った。
とても綺麗な女性で、すごく真の通った目をしていた。
あぁ、このヒトも、悪い奴らに殺されたんだな≠ニ思った。

その女性は何やら不思議な力を使って、私の傷に繭のようなふわふわした感触のものを巻きつけ始めた。
パッと見私の顔は、包帯でぐるぐる巻きにされている状態だ。けど包帯ではなく、繭なのだ。血が止まり、頬や首の肉が少しずつ再生していくのが分かる。
しばらくは話せなさそうだ。

気づいたら朝になっており、そのヒトはいなくなっていた。
そのヒトから教えてもらったアジトに私は重い足取りで向かう。

自分が完全なるゾンビになっていくのがわかる。いや、もう既にゾンビなのだ。
私は一度もう死んでいて、あのヒトに救われたのだ。

ゾンビになってしまった私は、どんどん大事な仲間や妹のことすらも忘れていく。

人間だった時の記憶が薄れていく中で、

妹に会いたい∞妹を守らなきゃ

という思いが強かった。
この言葉を忘れないように何度も何度も頭の中で繰り返した。
大切な人達のことを忘れないように。必死に。。
それでもどんどん忘れていくのが分かる。
足を引きずりながら、目に涙をいっぱい溜めてゾンビのアジトに思い足取りで向かう。

もう、人の世界には戻れない。自分が人間だった時の記憶はもうすぐできっとなくなってしまう
ことを悟りながら。。。

ゾンビのアジトに着いた。
みんな黒いTシャツを着た綺麗な女性ばかり。
到着した頃には、私の傷は少しだけ回復していた。まだ完全に顔の肉が生成されていなかったから喋ることはできなかったが、なんだかこの人たちの空間は心地よかった。
かつてこの人達も元は人間で、悪い奴らに殺されゾンビにさせられた人たちなのだ。
彼女らは、その悪い奴らに復讐するためにその時を待っている。
私も復讐に燃えるゾンビとして、生きてゆかねばならない。。
私を殺した大人達のことだけは忘れず胸に刻み、ここのヒトたちと生きていくのだ。

この世界には、自我を失ったゾンビと、自我がきちんとあって、かつ人間の姿でバレずに生きている2種類のゾンビがいることを知った。
私は、ゾンビが人間の姿をしていた悪い奴に殺された。
絶対に復讐してやる…

という熱い決心をして前を向いた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
時が経ち、私は、人間だった時の記憶は完全に失っていた。ただ自分を殺した悪い奴らへの復讐に燃えていた。けど心のどこかでは、何かを思い出したがっている自分もいた。

決戦の場、
人型をした悪いゾンビ&洗脳されている人間達vs人型をした良いゾンビの戦いが起こった。
ひかちゃんは、悪いゾンビ側に洗脳されており、その組織の幹部になっていた。
妹は私を見るなり驚き、
「お姉ちゃん!!」と叫ぶ。
だが私は妹を覚えていない。
けど妹は姉を覚えている。
そんな状態だった。

長い長い争いが続き、
ついに悪いボスを倒した。
ほぼ相打ち状態でボスは倒せたものの、私はもう瀕死状態だった。

その瞬間、人間たち(妹も含めて)の洗脳は解け、私は何故か人間だった頃の記憶を取り戻した。

私の頭の中には、人間だった頃の記憶が走馬灯のように駆け巡る。もちろん妹のことも思い出した。
私は人間の頃の記憶を持って死ねる。
それだけで幸せだった。

「お姉ちゃん!!」泣きじゃくりながら近づいてくる妹に対して私は、
「全部思い出した、、ごめんね。側にいてあげられなくて。。みんなを、ひかちゃん(妹)を守りたくて、私はゾンビになったんだった。。」

悪いゾンビ側の幹部として洗脳されていた妹と、それを倒そうと殺されてもなおゾンビとして必死に生きてきた姉…。
自我のないゾンビになるか、自我のある人型のゾンビになれるかの分かれ道は、
何か強い思い≠ェあればある程、自我のあるゾンビになれるのだ。
私は、仲間や妹を救いたいという思いが強く、そのおかげで人型ゾンビになれたのだ。

妹に最後の笑顔を向けて、姉の私は息を引き取った。
妹の腕の中で姉は安らかに眠った。
私の口元は笑っていた。

妹や仲間のために命を落とした私。
[28]2023年03月12日 (日) 17時15分
Pass





タイトル:不気味な夢 投稿者:tiiko
返信
アパートに住んでいるんだけど、ベランダに見知らぬ男の首つり死体がぶら下がっていた。目を開けたまま笑ったまましんでいる。
父に報告して、警察呼んで現場検証やらして、処理してもらった。
その夜、私は死体のあったベランダで眠っていた。
翌朝、まだ暗いうちに起こされて、おっさんの家族に会って色々事情を聴く等で、眠い目をこすりながら着替えていた。
母に、バイバイと手を振りながら出かけようとしていた。
[27]2022年09月24日 (土) 03時58分
Pass





タイトル:アメリカ人になった夢 投稿者:ちょこ
返信
おはようございます。
今日は不思議な夢を見たので書いてみます。
家から続く洞窟に姉と遊びに行きました。
そこは薄暗い水が少し流れている場所で着いた時たまたま霧が出る時間だったので、とても幻想的で綺麗でした。
そこでなぜか霧の形がクラゲ型になっていて触って遊んでいました。
その不思議な霧を写真に撮ろうと思い姉に写真撮りたいから携帯取ってくる。と言って家に向かいました。
家に向かう途中白髪のおじさんが泣きそうになりながらうぅと言って腕を前に出して私を抱きしめようとしてきます。
私は一瞬誰?と思いましたが、直ぐお父さんだと思いました。
早く家に帰るぞという雰囲気で連れて行かれました。
お父さんに姉も一緒にいたと日本で言っても伝わらず、英語圏の家に帰ってきて、(家は白くてとても広い家だった)
日本人の私がいきなりアメリカ人の女の子になっていることに気が付きました。あぁまずい、姉(アメリカ人でショートヘアで黒髪「実際の姉ではない」)を洞窟に置いてきてしまった。まだ帰ってきてない。と思い片言の英語でマイシスター‥where
‥とお父さんに声をかけたけど伝わらなかった。他にも弟がいるようだったが、アメリカ人に決まっている身なりだったので、携帯を探して日本語を翻訳しようとした。
でも見つからない。
わざわざ迎えに来てくれたお父さんに悪いなぁと思いつつも姉を探しに行こうと思って玄関を出ようとすると、お父さんに声をかけられた。
急に場面が日本に変わった。
古いアパートにいた。そこは時々夢で行く場所で夢の中で2人のスーツを着た男性から家具付きで4LDK風呂家具付きを借りた
場所だ。
今日は休みのようで旦那がいてここはもう蟻が出るから解約しようか。と話をしていて、私が借りたからそうすると話をしていた。
母に声をかけた。お風呂になめくじも出るよなんて言われて大量にいたのでびっくりしておきました。もう無理と思ったのでこのアパートには行きたくないです。
[26]2022年06月06日 (月) 05時48分
Pass





タイトル:またあの場所(あんまりおもしろくないです) 投稿者:Nimameさん
返信
結構前に見た夢があって、その夢の場所が山のちょっと近くで、晴れてて、空的には4、5時ぐらいで、住宅街だけど全部屋根の色が白で形も全部同じで、唯一違うのは色(黄色と緑と青しか色のレパートリーがない)で、ただその場所を同じクラスの女子に道案内をされるだけの夢なのですが、この前この場所で違う内容の夢を見ました。その内容が、どこかの中学校?高校?のグラウンドで自転車に乗ってて、ブレーキを押しても、ペダルから足を離しても加速して、壁にぶつかった時に自転車から降りて、学校の校舎と体育館の間のちょっと細い道からまた前の住宅街と同じ場所に来たけど、その住宅街から10mぐらい離れた場所に出て、そこには畑と林と小さな神社があって、その横には普通の家もありました。そして目的地っぽい場所に来て、その場所は4才ぐらいの女の子の家で、その子に絵本を読んであげて終わったのですが、今日はこの二つの夢と同じ場所の夢を見ました。家の近くの細い道なんですが、現実だと20mぐらいの道なのですが、今日の夢の中ではほぼ永久に続いている感じで、でも特に面白いことはありませんでした。でも僕が一番うれしいと思ったのは、前に見た夢と同じ場所に来れたことです。またあの記憶をつぎはぎした場所に行きたいな。
[25]2019年12月22日 (日) 22時55分
Pass





タイトル:1回目、熊とおばあちゃん 投稿者:れいか
返信
私は祖母の家にいました。祖母の家は2階建ての大きな戸建てです。私は一階のリビングにいて祖母はリビングにあるこたつで寝ていました。ふと窓の外に目をやると熊が歩いていました。私はまさかと思いましたが熊が近づいて来て窓の鍵を開けるそぶりをしたので、少し焦りながらも冷静に祖母を起こし2階に避難しました。2階に上がるとこっちに入ってこれないように通せんぼする形でタンスなどを置き壁を作りました。耳をすませると熊は台所で食べ物を漁っているようだったので、その隙に、私達は1階におり玄関を出て坂道を上り、祖母の家を見下ろせる高さのある隣の駐車場から家を観察することにしました。とりあえず警察に連絡をし、熊が出た事や家の中にいるのですぐに来て欲しいことを伝えました。大きさを聞かれた時に何故か家の中がスルーになり、熊が1階をあちこちうろついてるのが見えサイズがわかったので、1メートルちょっと超えてるくらいです。と答えました。祖母が少し怯えているようでしたので何とか追い出さないといけないと思ったのでしょうか、警察や猟銃を持った方達が来る前に熊を家から追い出すことにしました。気がつくと何故か片手に市販の蜂蜜を持っており、家の周りに蜂蜜を垂らし、熊を外に誘導していました。熊は蜂蜜に食いつき、家の周りの蜂蜜を舐めまくり、ついてきました。結構熊との距離が近く、危険を感じたので蜂蜜を大量に出した後その場にポイッと捨て、向かいの家の2階から熊を観察する事にしました。熊は大量に出された蜂蜜を舐めた後、足りないのか市販の蜂蜜のプラスチックみたいな入れ物自体をバリバリ噛み砕きました。少し恐怖を感じましたが思ったよりは自分は冷静でいると感じていました。気がつくと近所の方なのか人がちらほらと野次馬で来ていました。熊はその野次馬達には目もくれず空を嗅ぐ妙な行動をし始めました。どうやら蜂蜜が気に入ったようで私がまだ持っているのではないかと思って私を探しているようでした。というところで目を覚ましました。何故このような夢を見たのか気になります。

ちなみに祖母の家は今住んでいるところから新幹線と電車使って片道6時間はかかりますが、毎年1〜2回は帰っています。ここ2年は体調を崩したりして入退院を繰り返し、うちの母からは精神的にまいっているみたいという話をよく聞いており、遠方ながら普段は心配で祖母を気にかける事があります。
私はおじいちゃんっ子だったので祖母も好きですが夢に出てくる事は滅多にありません。体調を崩したここ2年ですら心配ではありましたけど1度も見てません。今までの人生の中で祖母の家の夢を見る事はあっても祖母の夢を見る事は数回程度です。
なので近く最悪な事が祖母の身に起きるのではないかと心配です。
この夢の解釈お願いします。祖母と全く関連づかないのであればそれに越した事はないです。
[24]2019年12月16日 (月) 04時07分
Pass





タイトル:指輪 投稿者:サトト
返信
好きな人が、婚約指輪だという金の指輪を布で磨いていました。時折、わたしの方を見たりしながら指輪を磨いています。最後までその作業を見ていましたが、その指輪を指にははめることなく、磨いてるまま夢は終わりました。これは「自分には指輪をくれるような婚約者がいるから、あなたには振り向くことがないんだよ。諦めなさい」という意味でしょうか。実際、その人に恋人がいるのかはわかりません。ご鑑定していただけたらありがたいです。よろしくおねがいします。
IMG
2019年08月30日 (金) 18時24分


サトト様

規約にあるように、心理学的に夢を解釈をするために「夢の内容」「性別」「年齢」「お住まいの都道府県」「無料での依頼は何回目か?」の5つの情報の記入をお願いします。
記入漏れがある場合は解釈の返信が出来ませんのでご了承ください。


]2019年08月30日 (金) 21時03分
[23]2019年09月05日 (木) 18時56分
Pass





タイトル: 投稿者:にんげん
返信

山奥の温泉街の、民泊に泊まっている。午後10時頃、風呂に入りたいが、もう時間が遅く民泊で入るのは失礼だから外の風呂屋を探しに行く。なぜか全裸でタオルを一枚持っていく。すると向こうから数人の会社員が歩いてきて、慌てて逃げる。そしてなぜかゲームのように画面上にセリフが出る。
会社員「あれ(僕のこと)何だろう?熊かな」
僕、慌てて水溜りの中を羽ばたく。
会社員「いや、熊じゃ無いよ。多分ホモか何かでしょ。ほら小屋に帰っていくよ」
ここで目覚めた。
[22]2019年07月05日 (金) 22時54分
Pass





タイトル: 投稿者:詰問官
返信
夢日記7/4
 今日見た夢だ。試験がもう一週間を切っているので、大した勉強もしないくせに、寝もせずに朝六時を迎えようとしていた。睡眠時間に関しては昨晩四時間程度昼寝をしてしまったので、平気なのだ。いい加減寝たいなあと思って、布団に転がった。
 上手く寝れない日、思うに不規則な睡眠の仕方を取った上で自発的に眠りにつこうとすると、決まっていもしない声か、それか触られるような感覚がある。今日はそれで、眠りにつくにもつけず、朦朧としている最中、何かに首を絞められていたように思う。
 それから、夢を見た。夢にはじまりがどこか、自信を持って言えることなどはない。記憶している限りは友人宅で、その家で飼っている犬が両足で……二足歩行というよりか、実際そのようだったが、テンションが上がってあわあわと歩く。あんな具合に必死に私の方によってきては、両手をうちつけてくるのだ。お手をするような感じで、めちゃくちゃ早い。その犬は私に懐いているともいないとも言えない微妙さで、そんなことはしない犬だった。夢の中の飼い主も最近おかしいのよね、と真に迫った声で言っていたのを覚えている。
 またシーンが飛んで、どこかは忘れたが猫がいた。猫が、お手をしてくる。これまた興奮気味なのか、目を見開いていた。私が手をそのまま差し出していると、嬉嬉としてふんわりとした手を置いてくるのだが、横にそらすと目に見えて落ち込むような素振りを見せた。「でももう行かなきゃだから。ごめんね」そんなことを言って、その場を去る。なんとなく、猫に行くのを惜しまれるなんて不吉だなあと思った。

 母と、丸一日健康ツアー的なものに行ったらしい。らしい、というのは私の記憶が夢の中ですらあやふやだったからだ。多分、目が覚めてるんだか覚めてないんだか、よくわかんないような状態だったんだろうなあと思い、バスの帰りで揺られている最中に目を覚ました私は非常に申し訳ない思いだった。胸が締め付けられるような、というやつだ。どこかについて、靴を脱いで、靴箱に入れて、渡り廊下のようなものを歩く。意味的には多分、歩道橋に近いものである。階段を上り、しばらく歩いて、下り階段がある。クリーム色に浅い夕焼けの橙色が間接照明のように照らされていた。バスの中は深夜で、顔も見えなかったはずなのに、夕方だと思う。
 階段を下り、靴箱から靴を取ろうとするも、あるべきところに靴がない。どういう訳かは知らないが、入れたのとおなじ番号の靴箱に自分のが入っているのが常だったのである。それを係員に問い合わせると、私たちの方が起こしてしまった不具合らしく、手続きか必要であると、病院によくあるタイプの、それにしちゃ明るいクッション椅子に座らされた。母はなんだか落ち込んでいるようで、しょぼくれた顔をしていた。ようやく私は気づいた。母の顔が変だった。老いている。具体的に言えば、母方の祖母に似た顔になりつつあった。それが、彼女が年老いている決定的なものに思えて、ぞっとした。祖母が嫌いだった訳では無い。父方の祖父母の方が好きだった。しかし、まぁ嫌いでは無いはずだ。四人居た祖父母は今や母方の祖母のただ一人しかいないのだが、夢の中ではもう亡いらしい。母は、それなりに鋭い人だった。彼女が老いて鈍くなって、祖母のような顔に気を抜くとなってしまう。それが、どうしようもなく悲しかった。

 学校で、使っていたノートパソコンのバッテリーが爆発した。爆発という爆発でもなく、ぼかん、と軽い、ポップコーンなんかのがよっぽどうるさいような音で爆ぜた。私は全く気付かないで、使っているうちに動作がおかしくなり、ふとパソコンの左半分に目をやると、机にはガソリンをぶちまけたような、光を当てると虹っぽく光黒い液体が漏れだしていた。キーボードは、機体の中に沈みつつある。気付かなかった。そういうと……私は夢では壁側の席だったのだが、後ろの方で、壁によっかかって誰かと話していたらしい男子がマジか大変だな、と駆け寄ってきた。

 場面が変わる。電車……というより、汽車に乗っていた。電車にしては古い外観で、かつ乗っていて古さは感じない。バスの後方には大きな窓がある。それと同じ具合に、列車の最後尾に乗っていた私は窓から姿を景色の向こう側に消していく線路を眺めていた。急に汽車が止まる。土煙が上がって、クマの着ぐるみのようなのが飛び出した。私が見ている視線であるから、電車の後方から。恐ろしい速度で駆けてくる。生徒の殆どにその情報が伝播して、皆が窓から後方を覗き込むようになって、機をうかがっていたように鈍足に汽車は再び駆け出す。しばらくして……追いつかれるか追い抜かれるか危ういところを保ちつつも、走っていたのに、前方で何かに当たったのか、それともそう演出したのか、急に汽車が止まる。
 ところで、これは学校の生徒と一緒であったので、教員のいらぬ陰謀に違いないな、と呆れつついまいち乗り気になれずに眺めていた。外に出て、川に入るように言われた。着ぐるみのクマが外に出た途端、これまで以上にリアルなものに見えるようになって、慌てて川に、激流に飛び込む。正気ではないと思った。何か狭いところを通らなくてはならない、というようなのを先生が言っていた。岩と岩の隙間をとおり抜けなくてはならないようだった。息が苦しい。狭いところを通り抜けるというのも、水中で危ない状況に置かれるのも嫌な私にとってはひどいものだった。スキューバダイビングですらもう嫌だったのに。本当に通れるのか?私は身長はあるが、体重は軽く、細身であるのだが、私じゃなきゃ通れないんじゃないかと思うくらいだった。岩には当たるし、もう本当に嫌だった。
 そんなあたりで目が覚めた。目が覚めて、悲しくなったのは母親のことで、今日1日はこの気分を引き摺りそうだ。嫌になる。
[21]2019年07月04日 (木) 07時52分
Pass



【広告】楽天市場から 春のお買い物マラソン4月27日朝9時まで


Number
Pass

ThinkPadを買おう!
レンタカーの回送ドライバー
【広告】アマゾンジャパン 最大10%ポイントアップスマイルセール5月31日から開催
無料で掲示板を作ろう   情報の外部送信について
この掲示板をサポートする
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板