無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

夢日記のトップ画像
ペンネーム:
夢のタイトル:
夢の内容:
削除キー:

cookie:


このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

タイトル:船と手紙 投稿者:にし
24歳、女性、山形県、はじめて

研究室の先生から船に乗る実習に参加するように言われました。現在の研究室ではなく、40人ほどのクラスにいるのです。実際の研究室の先生は、怖い印象です。私より前に実習に参加した10人のうち、6人は亡くなってしまい、帰ってきませんでした。ですから、実習に行くことは死ににいくようなものだと私は思いました。実習に行く直前に目が覚めま
した。とても怖かったです。その後、また寝てしまいました。
知らない人Aからの手紙を知らない人Bから受けとりました。受け取ってからバスに乗り、バスの中で手紙を読みました。バスの中には人がまばらでした。手紙は、日に焼けて色褪せていて5年ほど前に書かれたものだそうです。知らない人Aは、どうやら学校の先輩のようですが、結局夢のなかでも会えずじまいでした。でも入学当初に一度だけ、夢の中では
5年前に会っているそうです。手紙の名前からして、女性だと夢の中で思いました。知らない人Bは、女性で中年で学校の先生だと思います。おせっかいで親しみのある雰囲気です。手紙受け取ってあげて、と言われました。私は夢の中では学校の卒業を控えているようでした。しかし、何の学校かは分かりません。私の卒業について書かれていて、これからも頑
張ってみたいな内容だったと思います。私はなぜかそれがとても嬉しくて、泣いてしまいました。5年前からの思いが、手紙という形で残っていることに感動しました。ちなみに、実際には5年前に何か特別なことはありません。泣きながら、目が覚めました。実際に泣いていました。先輩から手紙をもらったり、書いたりしたこともありませんし、もらいたいと
思ったこともありません。でもすっきりした気持ちでした。

投稿時間 2018年11月17日 (土) 22時16分
[13]2018年11月24日 (土) 09時50分
Pass





Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板