無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

憑依k掲示板

何でもお気軽に書いていってくださいね。

ホームページへ戻る

名前
内容
削除キー 項目の保存

報告 > 遅ればせながら移転お疲れ様でした。
「オリジナル」カテゴリにある「私のカラダで」はハヤテのごとく!の二次じゃありませんでしたっけ?
確か旧サイトでそのような事が書かれていた記憶があったもので・・・。   No.993   (01/04/(Sun) 20:11:07)

k >
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願いします!!


>>tsuniverseさん
ロリ憑依って好きなのにあまり描いてない!と思って描いたのだ!w
貧相なカラダを残念そうにみつめつつも興奮してる様が好きなのだ!
んこおおおおおおおおおお!!


>>とーりすがりさん
応援有難うございます!
そこそこ頑張りたいと思います!w


>>人間暗器さん
自分も強エロ悪魔に乗り換えあたりが好みですね〜
乗り換えは憑依ならではの醍醐味!   No.992   (01/04/(Sun) 20:02:11)

tsuniverse > 悪魔でさえも憑依の対象とはさすがです!
見上げた身体のラインが素敵です……くびれから、おっぱい!
太ももからの、おま……
可愛いのにペロリが性的で素晴らしいロリボディですね!!   No.991   (01/02/(Fri) 07:01:18)

とーりすがり > 明けましておめでとうございます。
kさんが復活されててとても嬉しく思います
これからも応援してます   No.990   (01/01/(Thu) 21:46:25)

人間暗器 > あけましておめでとうございます。
新年チェックで人外ロリ憑依とは最高です。
ここから上級悪魔にのぼりつめるのも良し。
他のに乗り換えるのも良し。素敵です。
ちなみに大鳳の件ですが、「実は人間じゃなかったッッ!!」トラップが発生するかとこっそりドキドキしてましたのであのように書いちゃいました。サーセン   No.989   (01/01/(Thu) 02:51:40)

k >
>>人間暗器さん
キバじゃなくてよだれっぽいもののつもりでしたサーセン><;   No.988   (12/31/(Wed) 01:30:45)

人間暗器 > なんだろう、この大鳳すごくエロイ!
けどキバがあるように見える。
マサカどらきゅらジャア、ナイデスヨネ?   No.987   (12/27/(Sat) 13:03:42)

k >
>>七七四さん
最新情報ありがとうございます!
早速チェックしてみました!能力者が♀だったのが残念でしたが、
憑依した人物の能力を使えたり、その能力に目をつけて憑依したのが良かったですね!
(憑依された人物の能力が相手の能力を奪い取る能力だった)
あと憑依した人物の携帯を使って主人公達の仲間にメールを送るシーンも
そのカラダに備わる機能を利用した感がでてGOODでした!


>>jacsさん
作品をお褒め頂きありがとうございます!
経口憑依は憑依方法の中でも一番好きなものですので嬉しいです!><

情報ありがとうございます!
取りあえず薦められた作品を検索してみましたが一番良さそうかなと思ったのは
東京赤ずきんですかね〜、古本屋や通販でさがしてみます!
明王伝レイは…かなり絵柄が独特ですねw
REC2は芋虫になって〜のくだりがとてもそそられたので
こちらもレンタルショップなどで同様にさがしてみます!   No.986   (12/26/(Fri) 00:23:52)

七七四 > 異能バトルは日常系のなかでのアニメ12話で憑依能力がありました。
原作も1〜11話までの過程も知りませんでしたがやはり憑依能力はいいものだと確認しました。
ちょっとエグめのシーンもありますのでギロチンなど苦手な方は心した方がいいかもしれません。   No.985   (12/25/(Thu) 04:33:05)

jacs > はじめまして。jacsと申します。可愛い女の子に憑依してのダークな展開&口径憑依好きの私にとって、kさんの作品は、どれも私のツボにドンピシャな内容の物ばかりで、毎日のようにサイトを訪れては作品を楽しませて頂いております。


いきなりで恐縮ですが、これまでに私が良いと思った憑依作品で、憑依wikiにも挙がっていなかった物がいくつかありましたので、情報提供をさせて頂きたいと思います。


玉置勉強さんのダークファンタジー漫画『東京赤ずきん』の第4巻(最終巻)で、主人公の女性キャラがラスボスに憑依される展開がありました。

敵にジワジワと体を侵食されて主人公が悶え苦しむ描写や、敵が主人公に成り済まして他のキャラを罠にかける(成り済まし中、常に邪悪な表情を浮かべていたのも個人的にはgoodでした)場面など、憑依好きには欠かせない要素がしっかり押さえてあり、また、最も憎むべき宿敵との最終決戦で、主人公が体を乗っ取られる形で敗北してしまうという展開の容赦のなさも、ダーク展開好きの私にとってはなかなかポイントが高く、かなりお気に入り度が高い作品です。


次に、菊池としをさんのオカルトバトル(?)漫画『明王伝レイ』の第3巻で、主人公の仲間の女性キャラが悪霊に憑依されて、主人公を誘惑する場面がありました。

その後、悪霊は主人公に倒され、女性は目を覚ますのですが、その時に、女性は憑依されていた時の自分の痴態を思い出し、そのあまりの恥ずかしさに泣き叫ぶといった場面があり、この憑依から解放された女性が後でさらなる精神的ダメージを受けて打ちのめされるという、斬新かつダークな展開に、当時の私は衝撃を受けたものでした。
ただ、この漫画はかなりグロい(というよりも気持ち悪い)シーンが多いうえ、宗教臭がかなり強いので、読むとした場合、該当シーン以外の所は深く読まない方が無難だと思いますw。


最後に、ホラー映画『REC2』のラストにヒロインが悪霊に口径憑依される場面がありました。

その悪霊はなぜか芋虫みたいになっていて、強引にヒロインの口を開かせて侵入していく様は、さながらヒドゥンのバージョンアップ版という感じでとても興奮しました。また、ボロボロのゾンビみたいな体の女から美人のヒロインに体を乗り換えるというシチュエーションだったのも個人的には良かったです。


機会があれば、これらの作品を他の憑依好きの皆さんに見て頂き、ぜひ感想をお聞かせ頂きたいです。
長文失礼いたしました。   No.984   (12/24/(Wed) 15:13:32)




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板