光明掲示板・第二

本流宣言掲示板」「光明掲示板・第一光明掲示板・第三」「光明掲示板・伝統・第一」「光明掲示板・伝統・第二」「谷口雅春先生に帰りましょう・第一」「谷口雅春先生に帰りましょう・第二

ご投稿は「谷口雅春先生に帰りましょう・第二」へ  

「光明掲示板・第二」の目的

「光明掲示板・第二」のルール

「光明掲示板・第二」の利用法

必ずお読みくださるようお願いします

重要リンク

Página de topo/Top page トップページ

 

 

 
胎内記憶W (11485)
日時:2014年08月25日 (月) 04時45分
名前:伝統

(スレッド「胎内記憶V」が行方不明になっていましたので、
 あらたにスレッド「胎内記憶W」を立てて、紹介して参ります)

動画

映画『かみさまとのやくそく 〜胎内記憶を語る子どもたち〜』

  → https://www.youtube.com/watch?v=8p2BWC1aisk


※地域別上映会情報はこちらから
(全国で、自主上映中です)


●8月25日(月)北海道・小樽市/小樽市生涯学習プラザ「レピオ」

●8月27日(水)愛知県/名東区在宅サービスセンター(名東区)/東生涯学習センター(東区)

●8月27日(水)千葉県・印西市/印西市立そうふけ公民館多目的

●8月30日(土)鹿児島県・姶良市/姶良市姶良公民館

●8月30日(土)兵庫県・尼崎市/尼崎市立すこやかプラザ ☆満席御礼☆

●8月30日(土)沖縄県・北中城村/あやかりの杜 2F和室

●8月30日(土)名古屋市・中村区/ウインクあいち 5F 小ホール2☆池川先生講演会☆

●8月30日(土)岐阜県・恵那市/日天月天

●8月30日(土)神奈川県・藤沢市/ココテラス湘南Cocoo Station

●8月30日(土)京都府?京都市/女性起業家支援シェアオフィスKLaSO

●8月31日(日)愛媛県・西予市/西予市宇和文化会館

●8月31日(日)福井県・越前市/サンドーム福井 小ホール☆池川先生講演会☆

●8月31日(日)群馬県・高崎市/高崎市総合福祉センター たまごホール

●8月31日(日)広島県・三次市/プレム工房

●8月31日(日)神奈川県・川崎市/麻生市民館☆満席御礼☆

●8月31日(日)宮崎県・宮崎市/宮崎市民文化ホール イベントホール

●8月31日(日)兵庫県・相生市/岩盤美浴 貴宝石

●8月31日(日)兵庫県・神戸市/神戸西区民センター

●8月31日(日)静岡県・裾野市/裾野市文化センター ☆荻久保監督講演会☆


(詳細は、映画「かみさまとのやくそく」公式サイト http://norio-ogikubo.info/ にて)

・・・

*関連Web

(1)「生長の家“本流宣言”掲示板」内スレッド「胎内記憶 (6068)」
    → http://bbs2.sekkaku.net/bbs/?id=sengen&mode=res&log=1361  
                         

(2)「生長の家光明掲示板・第一」内スレッド「胎内記憶U (770)」
    → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou&mode=res&log=198  
                         

(3)「生長の家光明掲示板・第一」内スレッド「胎内記憶に心耳を澄ます」
    → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou&mode=res&log=1423

・・・・・

胎内記憶を知ると子育てが楽になる。

      *「生まれる前からの子育て」(池上明・著)<P48〜52>より

私が子どもたちには胎内記憶があることを広く知ってほしいと思うようになったのは、
妊娠中のお母さんやお父さんにこうした話を伝えると、おなかの赤ちゃんをいっそう大切に
思い、お産の前から子どもとの絆を深めてくれることに気づいたからでした。

(中略)

妊婦さんには、嬉しそうな表情で診察室に入ってくる人と、
うつむき加減に沈み込んでいる人と、極端に分かれます。

心理状態はお産に大きな影響を与えるので、なるべく早いうちに調えてもらいたいのですが、
落ち込んでいる方はなかなか悩みを打ち明けてくださいません。

そこで、私は話のきっかけがあると、

「不思議な話なんですが、生まれる前のことを覚えているという子どもたちがいるんです。
そしてその子たちの話を聞くと、どうやら赤ちゃんは、生まれてくる前にお母さんを
選んでくるみたいなんですよ。あなたも、赤ちゃんに選ばれたんですね」

とお話しをするのです。

そのようにお伝えすると、お母さんの顔がぱっと明るくなります。

この話は、たとえ証拠を示すことはできなくてもお母さんの心を揺り動かすようで、
誰もが興味を持って耳を傾けてくれます。そして、おなかの赤ちゃんがもっと愛しくなり、
赤ちゃんが生れたいように産んであげたいと思うようになるのです。

さらに、私は、

「赤ちゃんが自分の意志で生れてくるのは、その子なりの人生の目的があるからのようです」

と続けます。そしてこの話がお母さんの心に残り、赤ちゃんが生れた後も子ども自身の
生きる力を信じて、親の付属物にしないいい子育てをしてくださることを願うのです。


ここで少し、イメージしてみてください。
ふわふわの雲の上に、小さな子どもたちが何人かちょこんと並んで、
楽しそうに下をのぞいています。

一人のこどもが、

「あのお母さん、とてもすてきだね! ぼくはあのお母さんに決めた! 」

ときっぱり言います。
そして、雲の上にいる仲間たちに見送られ、はつらつとして光の道を進んでくるのです。

その勇気ある子ども、あなたを誰よりも深く愛している子どもこそが、
あなたがいま腕に抱いているお子さんです。

人生の冒険には心躍ることもたくさんありますが、ときには試練もあります。
それも承知のうえで、お子さんはあなたに会うためにはるばる雲の上からやってきたのです。


子どもはみんな、お母さんに差し出したいプレゼントをたくさんもって、
この世とあの世をつなぐ扉を開けてやってきます。
そんなプレゼントの一つは、お母さんに対する揺らぐことのない信頼です。

子どもたち、この世へようこそ、そしてありがとう。

あなたはお子さん自らが選びとった、かけがえのない最高のお母さんなのです。

          <感謝合掌 平成26年8月25日 頓首再拝>

NHKのドラマでも (11489)
日時:2014年08月25日 (月) 07時45分
名前:コスモス


 伝統さま

 有難うございます。

 NHKの朝のドラマ「花子とアン」でも、大切な息子を一夜で亡くした花子が、自分を責め続けている時に、

 「僕はお母さんを選んで生まれてきた」と、生前、花子の兄に語っていたと知り、救われる場面がありました。

 このような事が、お母さんたちの常識になれば、色々変わって来ると思いますね。

 良いお話をいつも有難うございます。


元宇治の講師である先生の講演会で。 (11490)
日時:2014年08月25日 (月) 07時53分
名前:エルメスの翼


元宇治の講師で、現在は赤ちゃんを救う団体の理事長をされている先生の講演会で、

「子が母を選んで生まれて来る」という「胎内記憶」を妊娠前あるいは妊娠中に知った妊婦さんは、

安産率がかなり高くなるほか、妊娠期の「精神的安定」と「体調安定」が見られると体験からお話しされていました。


面白いと思いました。生長の家の元講師である先生が、こういう専門性の高い世界で活躍されていることを嬉しく思います。



平成の信徒にはピンときにくいのが実情です。 (11491)
日時:2014年08月25日 (月) 08時04分
名前:生長の家の火



もし、胎内記憶があるのならば、自己の所有物のように「殺す自由(中絶)」を父母が語るなら、むごいことになりますね。

大聖師の「最終講話」でも、谷口雅春先生が触れられているらしいですが、私たち平成の信徒にはピンときにくいのが実情です。

ただ、下記の御文章は衝撃的でした。



世界平和を祈ると共に300万人の胎児を見殺しにできない。谷口雅春先生 (11408)

日時:2014年08月22日 (金) 21時36分
名前:ミラクルミルク

世界平和を祈ると共に300万人の胎児を見殺しにできない。



            谷口 雅春 先生


宗教家が山に籠って坐禅瞑想のみに終始し、

或は教会で祈っているだけで、

何の行動をも起さなかったならば、

毎年300万人前後の胎児が母胎の中で

惨殺されて引きずり出され、コマ切り肉のようにして

棄て去られている悲惨な

出来事を停止させることもできないのである。



われわれが祈っておれば

「誰かが行動を起してくれるであろう」などと、

責任を他に転嫁して自分は何も行動を

起さないのは卑怯なのである。

吾々は卑怯であったり、

偽善であったりしては

ならないのである。


人類救済に誰かが行動を起す必要があるならば、

先ず自身が行動を起すべきである。

地上天国実現に、誰かが行動を

起さなければならないならば、先ず

自身が行動を起すべきである。

  「生長の家」 昭和43年5月号 10p〜11p




既に宇治の練成に出産したお母さんが参加したといいます。 (11492)
日時:2014年08月25日 (月) 08時18分
名前:情報通Z



既に宇治の練成に出産したお母さんが参加したといいます。素晴らしいですね。谷口雅春先生の教えで命が救われているのですね。


帰ってきた歩(あゆむ)ちゃん (11525)
日時:2014年08月26日 (火) 17時13分
名前:元白鳩会員

 今日のNHK朝ドラ「花子とアン」で、花子の妹 ももが女の子を出産しますが、奇しくも誕生日が亡くなった花子の長男 歩と同じだということで、花子はこの女の子が歩の生まれ変わりのように思え、たいそうかわいがり、のちに養女に迎えることになります。

 9月13日、同じ誕生日というのは実話のようです。この養女が村岡みどり。そして、村岡みどりの娘が村岡恵理、「花子とアン」の原案を書いた人です。

 映画「かみさまとのやくそく」は、私も観ました。これからお母さんになる人たちに是非観てもらいたい映画です。

ありがとうございます。 (11561)
日時:2014年08月28日 (木) 04時43分
名前:伝統

”コスモス さま”、
”エルメスの翼 さま”、
”生長の家の火 さま”、
”情報通Z さま”、
”元白鳩会員 さま”

ありがとうございます。

たくさんの情報をお寄せいただき、感謝申し上げます。


その中で、”エルメスの翼 さま”の記事での、元宇治の講師さまの「赤ちゃんを救う」運動は、
”生長の家の火 さま”が紹介の谷口雅春先生の聖意を行動に移され、着実に成果をあげて
おるようです。

この元宇治の講師さまと胎内記憶については、
ご自分のブログで「子供は親を選んで 生まれてくる」として
池川明博士の著書とともに紹介しておられます。

  → http://blogs.yahoo.co.jp/panda41415151/10194544.html

・・・

さらにスレッドを進めさせていただきます。


《幸せとは〜胎内記憶のある子どもたちからのメッセージ(池川明)》

        *「おたんじょう おめでとう」(P28〜29)より

私は、生まれる前の記憶(胎内記憶)をもった子どもたちのことを調査・研究しています。

その子どもたちに話を聞くと、色々面白いことを教えてくれます。

多くの子どもたちは。「生まれる前は光だった」と表現します。
私たちは光り輝く存在だったというのです。

光だった私たちは、お母さんのおなかに宿り、肉体に入るようですが、
次第に光は雲っていき、年をとるにつれて「光の存在」であったことを忘れてしまうようです。

それは、一度魂を曇らせてから磨き上げると、
最初よりももっと輝く光になるから、らしいのです。

将来たくさん光り輝くようになるために、
色々な試練、嫌なこと、自分の思い通りにならないことが次々に起こります。

それはまるでアドベンチャーランドのアトラクションのように冒険心あふれる出来事で、
しかもハードルが高ければ高いほど、乗り越えたときに輝きは増すようです。

ですから、病気になることも障碍をもつことも、すべてワクワクするチャレンジだと言うのです。


「私たちはなぜ生まれてくるのか?」と子どもたちに聞くと、
「人の役に立つため」と明快に答えてくれます。

色々なチャレンジは「人の役に立つ」にあるようです。
チャレンジを乗り越えたとき、同じチャレンジをしている人に
自分の経験を役立てることができるからなのです。


最初に役に立ちたいのはママに対してのようです。
ママの役に立てたかどうかは、ママが笑顔かどうかで判断するそうです。
しかも、おなかの中にいるときから。

ママを笑顔にすることができれば、赤ちゃんの魂も輝きます。

しかし、ママの顔が曇っていて辛そうにしていると、自分はママの役に立てないんだ、
と赤ちゃんは思い込んでしまい、赤ちゃんの顔も曇ってしまいます。


赤ちゃんはおなかの中にいるときからママとつながっていて、
魂の輝きをさらに増すために共同作業を行なっているパートナーなのです。

また、パパもママと魂を磨き合うために一緒になったのです。

パパ、ママ、赤ちゃんがそれぞれお互いを尊重して、
未来の自分たちが歩むべき道をすすむことができたら、
それが「幸せ」なのではないかと思います。

ママのおなかの中で尊重された私たちは、そのぬくもりに幸せだったはずです。
そこに幸せがある、と感じることさえできれば、あなたはすでに「幸せ」なのです。

          <感謝合掌 平成26年8月28日 頓首再拝>



名前
メールアドレス
スレッド名
本文
ファイル
URL
削除キー 項目の保存


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板