無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

Voting Mock Draft 2014/チーム別分析ボード

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
URL
削除キー 項目の保存


こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[17] New England Patriots 分析
なるは - 2014年03月16日 (日) 18時55分

[New England Patriots 分析 1.0]

▼チームニーズ

●DT(ディフェンシブタックル)

IR明けのベテランと無名の若手たちというデプス構成。昨シーズンはランディフェンスで大いに苦しんだ。大黒柱であるウィルフォークの退団の可能性が高い状況も1巡指名を後押しする。

●DE(ディフェンシブエンド)

先発の二人(ジョーンズ/ニンコビッチ)に不安はないが控えの選手層がぺらっぺら。ある程度ローテーション起用できる人材がいないと長いシーズンを乗り切れない。求むパスラッシャー。

●TE(タイトエンド)

昨シーズン途中に大怪我を負ったグロンコウスキー。その復帰時期が不透明なこともあってニーズはかなり高め。2TE隊形を多用するハイパーオフェンス復活を目論むならレシービングTEの獲得は必須だ。

●C/G(センター/ガード)

ブレイディの被サック数が跳ね上がった昨シーズン。中でもRGとCが大苦戦。ウェンデルがFAになり現時点ではCの先発が空席になっている。2006年のマンキンス以来となる1巡インテリアラインマン指名もある。


▼指名予想

●Jace Amaro(ジェイス・アマーロ)TE

多くのモックドラフトで一番人気。ほぼスロットにセットするレシービング専門TE。ブレイディの新たな武器となるか。

●Ra'Shede Hageman(ラシェード・ヘグマン)DT/DE

6-6・310というサイズが最大の魅力のパワフルなディフェンスラインマン。技術は荒削りだが伸びしろは大きい。

●Louis Nix III(ルイス・ニックス)DT(NT) ※トレードアップ前提

チームが「NEXTウィルフォーク」を望むなら彼しかないだろう。純粋なNTとしては頭一つ抜けている印象。

●トレードダウン

パッツのお家芸。史上屈指の層の厚さといわれる今年のドラフト。ベリチックがあれこれ画策してくることは確実。

※Eric EbronやTimmy Jerniganなどは残っていないと予想
 

[45]
なるは - 2014年04月13日 (日) 14時48分

[New England Patriots 分析 3.0]

▼予想動向

・Cウェンデルと再契約したがC/Gがニーズ上位であることは変わらず。

・マンゼールやメッテンバーガーといった上位指名が予想されるQBたちをチーム施設へ招待。まさかの1巡QB指名があるのか!?

・DEやLBのバックアップ獲得までは今のところ手が回っていない。

・各種モックでの予想はかなり割れてきている模様。


▼指名傾向

・基本的に身長・体重などのサイズを重視。

・複数のポジションや役割をこなせる選手を好む。

・コンバインの種目では3コーンドリルを超重視。

・カレッジでの試合経験が乏しい選手、1年だけ活躍したような選手への評価は厳しめ。

・ちなみに過去10年の1巡指名のポジション内訳は以下の通り。

DT・TE → G → RB → S → LB → 指名ナシ → CB → T → DE・LB → 指名ナシ
 

[35] New England Patriots 分析
なるは - 2014年03月31日 (月) 02時35分

[New England Patriots 分析 2.0]

▼予想動向

ウィルフォークとの契約を再構築。DTを1巡指名する可能性が下がったかもしれない。ちなみにコンバインおよびプロ・デイの結果を受けてNTルイス・ニックスの評価が絶賛スリップ中の模様。29位でも残っている可能性が高まっているようだ。

FAでの動きを受けてニーズが上昇しているのがLB。使い勝手のいいフレッチャーまで流出してデプスがかなり手薄になっている。ただ1巡を使うまではどうか。

一番人気だったTEアマーロの評価も低下中のようだ。コンバインでのタイムが期待されたほどではなかったためか。世のモックでも名前をみる機会がずいぶん減った。代わりにDEを予想する声がかなり増えている。
 



Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板