無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする
好きな時に好きなだけ働ける
レンタカーの回送ドライバーってこんなお仕事です

Voting Mock Draft 2014/チーム別分析ボード

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
URL
削除キー 項目の保存


こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[20] San Francisco 49ers 分析
エト - 2014年03月20日 (木) 06時43分

以下1巡ピックにフォーカスしてお送りします。
@ニーズポジション
 WR:Crabtree、Boldinと軸になる面子は足りているので、欲しいタイプはピンポイントでディープスレットになります。
 CB:BrownがFA、Rodgersがキャップ問題で解雇と、純粋に数が足りません。Wright、Cookとベテランを押さえましたが、
    共に1年の契約内容からドラフト上位で取っての競争は必須です。

 BPAでDEというのもなくはないです。先発2名(特にSmith)がいるといないとでのプレッシャーに差が大きいこと、またSmithの年齢
 から世代交代目的での指名は考えられますが、昨年全休覚悟で取ったからにはCarradineとDialに対する期待は大きいはずなので
 1巡でニーズとしては、上記2ヶ所との間の差は大きいと考えます。
 大穴でCという線も考えましたが、Kilgoreで荷が重すぎるとなってもさすがに2日目だろうと思いとどまり、今回は除外しています。

A指名予想
 以下、ありそうな順に挙げていきます。
 WR
 Brandin Cooks:ニーズに従順な場合の選択肢。現在のWR陣に加わって、とにかくストレッチしてくれることを期待。
 Kelvin Benjamin:素材買いの選択肢。今年についてはFAもしくはPattonに期待するとして、数年で立派な怪物に育つことを期待。
 Allen Robinson:ニーズ+Boldin後まで見据えた場合の選択肢その1。現時点ではリーチだが、来年Boldinのリプレースを期待。
 Mike Evans:ニーズ+Boldin後(ryその2。WR目当てでのトレードアップは無いと思うが、やるなら一気に上げてEvansに来るのでは?
 CB
 Justin Gilbert:Dennard超えも見かける程のストック急上昇。万が一1-17辺りまで残ったらトレードアップに動く可能性が高まる。
 Kyle Fuller:1-30でそのままCBを指名する場合その1……のつもりが、ここでは取れない可能性も。
 Jason Verrett:1-30でそのままCBを指名する場合その2。不安はこのサイズをチームがどう判断するか。

Bドラフト展望
 前提として2巡が2つあることもあり、1巡中位程度へのトレードアップは有力な選択肢として考えていると思います。
 その上で、直近の1巡WR指名での酸っぱい思い出はあっても、Boldinの契約期間中(むしろ来年中?)Crabtreeに次ぐレシーバーを
 育てなければならない以上、それなりに即戦力のWRに行く可能性は、他ポジションよりも高いと思われます。
 しかし、同地区で来季復活、または確実に頭角を現してくるであろうPercy HarvinやTavon Austinの存在を考えると、スピードに長けた
 CBに食指を伸ばすことも十分考えられます。Pattonへの期待値次第では、WRとCBの(1巡での)ニーズ強度は入れ替わるでしょう。
 なおCBについては、もともと大型志向が強かったチームですが、このところとみに拍車が掛かっているようです。VerrettよりRobyか?

[46] San Francisco 49ers 分析【直前補足情報 他】
エト - 2014年04月14日 (月) 12時37分

まさかのVerrett以外の候補全滅シナリオ進行を踏まえつつ、直前情報の追加です。
ニーズの大枠には変更ありません。
候補者アップデート版は、あくまでも今回のVMDに沿った次善案ですので、御参考まで。

<補足情報>
今季の先発CBを予定していたChris Culliverが「ひき逃げの際に目撃者もひき逃げをしようとして捕まる」
という荒業を先日披露してしまい、今後がなりゆきは不透明ながらもニーズ的にはCB≧WRという空気に
なりつつある。
ちなみに、つい先ほどAldon Smithが逮捕されたようだが、1巡には影響しないものと思われる。

<候補者アップデート>
CB
上記より、素直に取るならVerrett1択。また未だこの悲惨シナリオに毒されていない現実世界においてもVerrettは
1-30に最適、という論調は実際に散見される。Verrettを外すならサイズ重視の観点以外になく、その場合当然
Joynerという選択肢も併せて消える。そしてMcGillやJean-Baptiste、Desirに行くなら、例えこのシナリオ上で
あっても2枚ある2巡で足りるはず。ということでCBの候補者追加はなし。
 Jason Verrett CB TCU

WR
このシナリオでもどうしてもWRを、という場合の候補はBeckham Jr.1択と考えていたが、フロントの接触先は
大型WRに偏っており、その場合の選択肢も一応追加する。ここで、1-30でKelvin Benjaminを推す記事にある
「現フロントは腕が長い選手がお好み」という説に従うならば、Martavis BryantやDonte Moncriefよりも
Jordan Matthewsが候補として上回る。
 Odell Beckham Jr. WR LSU
 Jordan Matthews WR Vanderbilt

DT
前回記事の通りで、DTの目は上記2ポジションに比して格段に低い。
だがDTがほぼ全て落ちてきたのこのシナリオならば、BPAの誘惑はかなり大きい




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板