新QRP Plaza
QRP無線機自作・運用を楽しむ掲示板です。どなたでも歓迎です。 投稿はコールサインをご記入ください。
[TTT blog] [測定器掲示板] [自作プラーザ過去ログ] [★CRkits共同購入] [NTS-620] [DL-20K]

[3384] :Re:昔のICを探しています 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2019年02月13日 (水) 22時39分
> NE602ですが NE602N又はNE612Nでもいいと思います 良品であれば取り外し品でも結構です
NE602はまだeBayでは見つかりますが、
NE612Nでいいなら、サトー電気さんとか、同等品のSA612ANなら、マルツさん、とかで見つかりませんか?
[3367] :多機能ディップ・メータの製作 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2019年02月06日 (水) 19時11分
2月12日発売のRFワールド No.45に、漆谷 正義 さんによるディップメータの製作記事を見つけました。
多機能ディップ・メータの製作

富井里一 さんによるVNAの記事もあり、面白そうですよ。
[3347] :アマ無線、不確実な面白さ魅力 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2019年01月16日 (水) 20時59分

どうしてか、朝日新聞のホームページで、アマ無線 の記事を見つけました。有料記事なので途中までですが、興味深く読みました。

nullアマ無線
[3343] :Re:Re:Re:Re:L/C Meter IIBの代替品? 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2019年01月12日 (土) 16時06分
> 種々情報ありがとうございました。
> 使用目的は「手巻きコイルのL確認」、「表示不鮮明〈読み取り困難〉のLCRの
> 値確認」と言ったところです。
RやCは結構どれでも測れるでしょうか。小容量のCはL/C Meter IIBが使い易いです。
Lは空芯ならあまり問題ないないかもしれませんが、コア入りLのインダクタンスは周波数依存性が大きいので注意して下さい。同調させたい周波数で測定するのが一番なので、目盛付きバリコン+ディップメータで共振周波数を測定するのが手軽でも精確でいいのですが、今では難しいのかも。といって、VNAでは少し大げさかな・・・?。
[3334] :Re:L/C Meter IIBの代替品? 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2019年01月09日 (水) 19時02分
JR7HANさん、こんにちは。

汎用のLCRメータでしたら、DE-5000がいいかと思いますが、
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06264/
AADEのL/C Meterの代替として、少容量のCapを測定するなら
ポケットL/Cメーターキット Ver.2がいいのではないでしょうか。
http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=40002

> 自作活動から久しく遠退いているJR7HAN花野です。
>
> 皆さんは最近はLCの測定(値確認)にはどんなツールを使っておられるでしょうか?
> 適当な代替品をご存じでしたらご紹介頂ければ・・・
[3287] :Re:1球式 再生受信機キット RR-49 名前:星野  投稿日:2018年12月08日 (土) 21時24分
JA5GHK/ex さん、コンバンワ

部品画像を見ると2連バリコンとポリバリが入っています。
7メガ用はトロイダルコアに巻くようですが、画像には無いようです。
2連バリコンが有ればRF増幅回路も作れそうです。
再生ADJ.用のVRが無いのでポリバリで再生を調整するのか?等々考えていると楽しいです。
[3286] :1球式 再生受信機キット RR-49 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年12月07日 (金) 19時20分
CQ出版からのクリスマスのお祝い、かな。1球ラジオのキットが発売されるようです。
> 付属の7MHzコイルキットで7MHz受信機へ
> ※ 微弱ですが再生検波の発振信号がアンテナに出力されます.思わぬ妨害に注意が必要です.

http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/I/I000276.htm
[3218] :Re:Re:HT-1Aの製作について 名前:JG2OXJ 富田  投稿日:2018年10月25日 (木) 17時26分
JA1VUC様、JA5GHK/ex様、JG2VSF/大鐘様
コメント有難うございます。
JA1VUC OMの仰る通りに対応してみました。
不格好になりましたが、上手く稼働しました。
(HT-1Aの画面表示13.1Vで5W強となりました。)
ここまでこれたのも皆様のお陰です。有難うございます。
引続き、この掲示板で色々情報吸収(学ば)させて頂ければと
思います。よろしくお願いします。
[3215] :Re:Re:Re:Re:HT-1Aの製作について 名前:JG2OXJ 富田  投稿日:2018年10月25日 (木) 08時04分
JA5GHK/ex様
いつも有難うございます。早速調べました。添付写真をご参照下さい。これが原因だと思います。半田づけ時の扱いが間違っていた為と思います。テスターでも確認しましたがQ6のベース箇所(Q6とQ5、R14、R15の間)とコレクタ箇所(Q6とR19の間)の導通が有りません。1)Q6のベース部分の基盤上にまだ導通する部分(円形のもの)があるので上手くはんだ付けが出来れば良いのですが・・・・。2)コレクター部分は全く円形の部分でも導通しないので直接繋ぐしかないと思います。抵抗(R19)自体チップでかつ経験も無いのでアドバイス頂ければと思います。よろしくお願いします。
[3212] :Re:Re:Re:HT-1Aの製作について 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年10月24日 (水) 22時54分
JG2OXJ 富田さん、もう少しですね。
> 皆様、アドバイス有難うございます。結果のご報告です。
> 2N4401を取り付けて出力を確認したところ、1.7W程度でした。1)消費電流のチェックは1A(もしくは2A)の電流計を持ち合わせていないこと。分流用の抵抗も持ち合わせが無く、週末以降の対応になると思います。2)因みに、先走っていますが、Q4のソース電圧は2.1V、Q5のエミッタ電圧0.15V、Q6のエミッタ電圧は0Vでした。想定値と大幅に相違していますのでどこかに原因が有るかと思っております。

Q4:1.8v→2.1vなので、誤差範囲でしょうか?
Q5:0.85v→0.15v、
Q6:1.4v?→0v、おかしいですね
Q7:1.7Wの出力値なので、問題はないだろうと思います。
Q6(4401)は本来B級に近い動作ですが、CWですのでバイアス電圧が適切でなくとも出力は出ているのだろうと思います。
おそらく、Q6のエミッタ電位が低い→ベース電位が低い→R15に流れるQ5のベース電流が小さくなってしまい、Q5のエミッタ電圧が低くなっているのでしょう。
Q6のソース付近、R19、R18の周り、Q6のベース(=Q5のコレクタ)の周りを再度確認していただけますか?
[3195] :Re:HT-1Aの製作について 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年10月20日 (土) 17時13分
> 初めて投稿します。JG2OXJ/富田と申します。
JG2OXJ/富田さん、初めまして。HT-1Aの製作されたとのこと、動作しないとヤキモキしますね。

> 音が聞こえ発振しているようです。
DDSまでは問題ないとすると、その後の増幅段のチェックから始めましょう。
1) 送信時の電源電流を確認します。0.8A前後ですか?
2) Q4,T1、Q7、それ以降アンテナ端子までの部品が正しく装着されているか、ハンダ付けに問題ないか確認します。
3) Q4のソース(R16)電圧、Q5のエミッタ(R17)電圧、Q6のエミッタ(R19)電圧、を確認します。HT-1A【回路図内電圧測定図】.pdfによれば、それぞれ、送信時に、1.8v、0.85vです。R19は記載がないですが、1.4v前後と思います。
高周波電圧計があれば、記載されている高周波電圧(mVp-p)を調べます。

それぞれを確認して、その結果をまた掲示板に投稿してください。
[3133] :Re:Re:Re:Re:Re:Re:★HT-1Aオプション、実験セットの頒布開始します。 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年09月19日 (水) 19時55分
HT1A用に頒布している充電器とBMS基板の機能確認をしました。
電池はaitendoで販売しているBRC18650で、容量は2000mAHと表示されています。

充電器:4.5-5時間、12.45-12.5vで充電終了
 別の充電器で確認したところ、92-93%の充電率です。 充電電流は開始時に約0.8A、定電流ではなくて、時間と共に減少してゆくようでした。

BMS基板:111Ωの負荷抵抗で放電(放電終了時間は確認できていません)
 放電終了後の端子電圧は約10.15v。一本だけ約3.0vになったのがありましたが、他は約3.6vでした。充電率は0%と約17%。約3.0vになったのが足を引っ張っていますが、ともかくも、BMSの機能は確認できました。

リチウムイオン電池は過充電過放電で容量低下を招きやすいので、充電器/BMS基板とも使いやすい動作範囲ではないかな、と思います。HT-1Aは電源電圧が表示されるので、10vを下回らないように注意ながら運用して下さい。

PS:
aitendoのには「保護回路内蔵」とあります。1本は過電流?で、充電も放電もできなくなりました。内部抵抗が無限大にみえるので、内蔵ヒューズを飛ばしたような感じです。
[3073] :ダブルバランスドミキサ(DBM)SA612A 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年08月27日 (月) 19時12分
秋月電子の新商品に掲示されました。価格も手ごろ(180)です。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-13622/
表面実装品SOP8ですが、1.27mmピッチなら、どうにかハンダ付けできるかな。HF位なら変換基板に付けるのもアリですね。

[3026] :SSB SDRトランシーバ・キット SDR-3 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年08月08日 (水) 19時18分
少し変わった情報ですが・・・

10日発売のトラ技9月号は、SDRの特集です。
それに併せて、SDR-3というモノバンド?SSBトランシーバの
キットが販売されるようです。
設計は、おじさん工房の小川さんです。

http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/I/I000250.htm

出力電力は20dBm(≒100mW位?)。FPUを内蔵したARM Cortex-M4
マイコンでほとんどの処理をソフトウェアで実行している様です。
表示器やコントローラ基板も含んだキットなので
面白く?遊べるかもしれません ^_^;;
[2907] :Re:μBITXの記事 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年06月07日 (木) 22時18分
> CQ誌に掲載されています。
5月21日に注文したのが、昨夜届きました。
表面実装部品なので完成基板ですが、これだけで4バンドのSSB/CWとトランシーバなのですから、驚きです。しばらくは、あれこれと遊んでみます。
[2754] :Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:FT-818で 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年03月04日 (日) 06時11分
VSF> ネットで読んだ情報ですが、系統図は817とほぼ同じだけど、かなりの半導体が変わっているようです。
ドライバとファイナルは同じ
DBM:SN16913→NJM2594,SA602
PLL:FQ7925→ADF4116BRU
他にディスクリートのBJTなどが変更されていました。
コントローラのマイコンの型番は同じ。
[2750] :Re:Re:Re:Re:Re:FT-818で 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年03月03日 (土) 23時00分
> > ネーミングはJA的にはFT-817を残した方が売れると思いますが、
> FT-817は25万台以上売れたモンスター機種とのことです。
・・・> 須賀川生まれFT-817・818の活躍を労ってあげてください。
> 春はもうすぐです。
ヤエスのページに商品情報が出ています。仕様表、取説(PDF)もありました。
http://www.yaesu.com/jp/amateur_index/product/ft-818nd/index.html
[2744] :Re:Re:Re:FT817ND後継機 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年03月02日 (金) 01時12分
> 発表されるのか疑問だ、と先日書いたのですが、hamlife jpのホームページに3月中旬に発売と書かれてますね。
某店舗では「展示品入れ替えの為特価で販売します。」とあったのを見ました。今回は本当なのでしょうか?。
[2695] :ダブルバランスドミキサ μPC1037HA 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2018年02月10日 (土) 16時58分
秋月の新製品欄に、表記製品を見つけました。
今日秋葉原店で購入してきましたが、入口正面外側にある台車にありました。
NECのデッドストック品だそうです。ダブルバランスドミキサ μPC1037HA
[2639] :Re:NorCal40-clone 名前:ja1vuc  投稿日:2018年01月04日 (木) 18時42分
JA5GHK/ex 、皆様へ

NorCal40のガーバーファイルを取り込んで見ました。
シルクと半田面パターンを表示しています。
ファイナルTrはキャンタイプとTO220が使えるようになっています。

>> 唯一心配なのはファイナルで2SC799入手できるのでしょうか。
> さすがに店頭には無いようですね。類似品を探してみました。
> 2sc1169 PO2.5W/175MHz
> 2sc2078 Po4.0W/27MHzもありましたがTO-220でした。
 


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板