皆さんの作った筥迫、嚢物、細工物等をご自由に掲示してください。
画像サイズは自動的に縮小されます
(サムネールをクリックすると拡大表示します)
筥迫工房の型紙以外の作品の掲載も歓迎します。
管理人への質問にもわかる範囲でお答えします(個人的連絡は右下の「管理人へ連絡」へ)。
すてき!と思った作品には、是非コメントを入れてあげてくださいね。

ご自分で決めた「削除キー」を入力することによって、各自で投稿を削除できます。削除キーを設定しない場合は、管理人に削除を依頼してください。

名前
題名
内容
画像


  削除キー Cookie 

RSS

アップロード モバイル

薬入れ

春の念珠入れ、夏の裁縫用具ではお世話になりました。

2つの型を元にピルケースを作ってみました。
8×5.5cmほど、柔らかく仕上げたかったので厚紙を入れず両面接着芯に替えています。
蓋の段口はバンドエイドが入るくらいです。
背面にも救急カードや保険証のコピーが入る位の隠し?段口、
柄に合わせて結びはこま+茗荷にしてみました。

まちがちょっぴり横に出ちゃったけど、広く開くので中身も探しやすくできています。
表と中布の調整はうまくいったので満足です!

EU [232] 08/17/(月) 00:52:45

コメント

すてきな薬入れができましたね。
最近、ご自分の好きな型に改良して作る人が増えて
私も見ていてとても楽しいです。
また色々な素材、型を改良して楽しい作品を紹介してくださいね!

Rom筥 [233] 08/17/(月) 08:32:45

すばらしいアイディア!

横入り申し訳ありません〜
EUさんのピルケースのアイディアに感心してしまって、つい!
私の作った名刺入れより一回り以上小さいサイズですごいです。
被せにポケット・・・思いつかなかった!
飾り結びも格好良くて、いいですね〜
茗荷結びは知ってても、ここで使うとは
EUさん、やるぅ!!!

風来坊 [234] 08/17/(月) 22:26:34

名刺入れ

とんとご無沙汰しております〜
筥迫作りからも足が遠のいておりましたが
どうしても和風の名刺入れが欲しかったので作ってみました。
構造は「念珠入れ」を参考に、名刺やカードが入るサイズにして
自分で適当にアレンジしつつ型紙から起こして制作しました。
ちなみにサイズは7×11cmほどです。
試作品を3つほど作ってみましたが、それぞれ一長一短です。
ピンクのはしっかり蓋が留まるのですが、
刺繍もなにもない小さなサイズだと笹爪だけでは寂しく感じます。
牡丹の柄のものは紐のサイズが長すぎて蓋が浮いてしまうし
しっかり留まらない感じがカバンの中に入れる名刺入れとしては
機能的に問題ありそうで不安。
そこで金魚のしっぽのものはバネホックで留めるようにしました。
そしたらあまりにあっさりでつまらない・・・そこで飾り結びを糊で貼り付けてみました。
実用としてはこれが一番便利かもしれませんね。
ということで自分用はこれを使うことにしました。
 
そして次に人へのプレゼント用に2個制作。
こちらは留め方を「懐中裁縫道具入れ」のようにして
本体上部にループをつけ、カニカンで房が着脱できるようにしてみました。
蓋部分が浮いてしまうのがイヤだったので飾り結びの紐以外に
笹爪を留める糸もつけてあります。
また台紙のグレーが透けてしまうので新モスを1枚挟みましたので
明るく仕上がって一応プレゼントできるレベルにはなったかと。
色々まだ微調整が必要だと感じましたがオリジナルで作るのも
楽しいものですね。
 
でも、涼しくなったらそろそろ筥迫の玉縁に挑戦しなくちゃ!(笑)

風来坊 [228] 08/15/(土) 17:48:29

コメント

風来坊さん、久しぶりのご登場ですね。

とてもいい型ができましたね〜。
すばらしいです!パチパチ(私も欲しい〜)

この掲示板を見てくださっている方々、また私自身も大変刺激になるので、
これからも新しい型をどんどん編み出して、掲示板に投稿してくださいね。
楽しみにしています!

Rom筥 [230] 08/16/(日) 09:48:09

作品つくりに参加して

7月の「懐中裁縫用具入れ」作りに参加しました。
針山の綿を押さえ込んで糊はりしたり、花結びを作ったりといくつか難しいところはありましたが、先生のお教えのとおり手を動かし、一日で何とか出来上がりました。
表布とと内布は別の布でしたが、同じ感じでこれもまた良しと思います。
布を選ぶのも楽しく、出来上がった作品を見ると、もう愛おしくて、やみつきになってしまいます。
楽しく学ぶことができ、本当にありがとうございました。
次回も楽しみですので、よろしくお願いします。

懐中裁縫用具入れ参加H.N [226] 08/06/(木) 08:43:43

コメント

懐中裁縫用具入れは人気がありますね。
あの手のひらに収まる小さがいいのでしょうか。
どうかこれからも病みつきになって、
このかわいさを周りの人たちにおすそ分けしてあげてください。
物作りの楽しさを知っていただけたことが、私はとてもうれしいです。

Rom筥 [229] 08/16/(日) 09:43:46

筥迫6号

刺繍半衿・挟み玉縁・綿入れ
・房は唐紅・なんちゃって柄合わせ。

う〜ん。

行き詰まってます。
刺繍半衿で玉縁にする場合、縫い玉縁じゃないと駄目ですか?…ですね。
今回も挟み玉縁でやってみたんですが、厚みが出て上手く出来ませんでした。(厚紙は0.5)
とても内側お見せできません(>_<)

本番は日本刺繍の筥迫を作りたいので、それまでに
縫い玉縁が上手くならないと…
大変だぁ(@_@;)

nanoモフ [223] 07/28/(火) 17:21:25

コメント

おお〜美しい。
すてきな筥迫がどんどん仕上がりますね。

刺繍半襟で玉縁にするのは、ある意味限界があります。
縫い玉縁にしてもある程度の厚みは出ますし。

もう、とっとと日本刺繍に行っちゃいましょう(笑)。
自分で刺繍をしてしまえば全てコントロールできるので、
既成の柄のわずらわしさからは解放されます。
(図案の良し悪しはありますが)

ただし、日本刺繍での縫い玉縁は、
縫い玉縁というものに相当慣れていないと難しいです。
その理由はここではちょっと説明しずらいですが、
日本刺繍こそ初めは挟み玉縁の方が安心です。
太い金糸をたくさん使わなければ、
刺繍半襟ほど硬くはなりません。

挟み玉縁+日本刺繍でしっかり慣れて理解してから、
縫い玉縁を考えましょう。

Rom筥 [224] 07/28/(火) 18:26:40

日本刺繍は挟み玉縁かぁヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ♪ よかったぁ♪

…って!日本刺繍初めて2カ月。無理ですっ!!
斜めぬいきりしかやってません。
どう図案をとればいいのですか?何もかもわかりませんo(T^T)o

そんな状況なので、とりあえず挟み玉縁をいっぱい練習しておきます。

先は長いし険しいどぅえーす(笑)




nanoモフ [225] 07/29/(水) 20:10:04

やり直し

お久しぶりです。家の事情でしばらく手遊びから遠ざかっていました。少し落ち着いて以前作ったはこせこを手にしましたが、仕上げが雑な所や気になるところが続出。手直しして、なんとか現時点でのお気に入りに仕上げました。まずは今までのやり直しから。

恭 [221] 07/20/(月) 21:50:48

コメント

恭さん

お久しぶりに恭さんの作品が見られてうれしいです。
なつかしい猫の作品、やっと仕上がったのですね。
被せも、胴も、胴締めも、巾着も、こってり恭さんワールド全開で
宝箱のような出来上がりです。

小さな物に、見えないところに、たくさん驚きと愛情が詰まっていようです。
筥迫装飾の可能性を広げてくれる恭さんに感謝とともに
これからもたくさんの恭さん作品を世に送り出してほしいと思います。

Rom筥 [222] 07/21/(火) 07:38:47

装飾二号

復習はこせこがやっと完成しました!表布に私がこどもの頃の時代の晴着のはぎれ(化繊)、内布にポリサテンを使いました!作りにくい!特にポリサテン!そして綿入れ胴締め!講習会では作ってもらったので、自分で作ってびっくりです(笑)打ち紐で締めるところボロボロです(笑)これで柄合わせ出来るのだろうか?房は迷って2バージョン作りました!今回は飾り結びにてこづりました、菊結びは、最初に長さを揃えておくのがポイントですね、後で花びらの部分を引っ張っておかしくなっちゃいました!橙は締まって悲しい感じになりましたが作り直すガッツがありませんでした!実は2個目。最初のは長さが足りず飾りが2個になってしまいました。教本より長めが楽でした。この橙、ずっと使って見みたかった念願の色でしたが、かがり糸の色がどうも沈んでしまうような気がして、考えてしまいました。紅は絹糸で、だから上品な艶で発色が沈まないのかな、と。なんか本体といい、はこせこは絹がいいですね!こだわりたいです!橙の絹のかがり糸が、あるといいですなっ!はこせこ、ひらがなしか変換出来ないのが残念です。またよろしくお願いします!

ぴょん [219] 07/12/(日) 18:08:16

コメント

ぴょんさん

がんばって作っていますね。感心、感心。
筥迫も10個も作ればうまくなりますよ(笑)。
作る前に「こういう形になるように作りたい」とイメージするのも大事です。

>はこせこ、ひらがなしか変換出来ないのが残念です。

「筥迫」は一回では変換できませんが、変換できないということはないですよ?
どんなやり方をしているかわかりませんが。
もしできないのなら、このテキストからコピーして
単語登録すれば問題ないと思います。

Rom筥 [220] 07/12/(日) 19:56:09

おもちゃ箱はこせこ、完成!

送って頂いた房糸で房を作り、講習会で一日のみの参加のだった、おもちゃ箱はこせこが完成しました!講習会でなんちゃって柄合わせをしていただいた胴締めは、かぶせの花には金のふちどりがあり、胴締めの花にはなかったので家にあった金のセタカラー(布用水性顔料系絵具)でふちどりしました。さみしいところにも入れました。金糸には負けますが、ゴージャスになったと思います!古布は金銀がハゲているのでオススメかも、です。こんなかわいいのは、使うことはないのですが、飾って、ニマニマしています。房は下手くそですが、先に湯気でのばしてからのが、作りやすかったです。もうちょっと作って金糸も入れてみたいな。お花がかわっていて、かわいいと思っていましたが、もっとビラかんざしもこりたくなりますね!

ぴょん [216] 07/05/(日) 12:29:47

コメント

ぴょんさん、房糸を送るのが遅くなりすみませんでした。
やっとかわいい筥迫を仕上げることができましたね。
とてもすてきです。
金が入った様子が画像ではよくわかりませんが、
色々と手を加えると、更にオリジナリティが感じられ
愛おしい筥迫になると思います。
この調子ですてきな筥迫を作り続けてくださいね。

Rom筥 [217] 07/06/(月) 22:31:40

ありがとうございます!余談ですが、ブログの方にかかれていた表地と裏地の柄の季節の違いですが、読んで、よく着物をみたら、菊以外は全て初春のお花でした。講習会のあのスピードで瞬時に見極めていたとはさすがです!本人百花繚乱と思って、のほほーんとしてました(笑)

ぴょん [218] 07/07/(火) 20:19:16

筥迫1〜5号

2月に教本を手にしてから、やっと5作目まで完成しました。

はじめは娘の成人式に筥迫を買うつもりでいたのに、
Rom筥様のブログに出会い「作りたい」に変わってしまいました(笑)
更に日本刺繍もはじめてしまいました!
成人式に間に合うのか心配です。

1作目:いきなり挟み玉縁・綿入れ…おためしですが無謀です。
2作目:刺繍のある端切れで、綿入れ折り返し。
    裏に千鳥がけの縫い目が出ない作りになってます。
3作目:リサイクル着物を解いた生地で玉縁・綿入れ。
    玉縁が太くなってしまう原因は老眼鏡でした( ̄▽ ̄;)!!
    2mm位のつもりで縫っても実際は3mm…学習しました。
4作目:本番用に買った刺繍半衿で挟み玉縁・綿入れ。
    生地と刺繍の厚みで折り返しが大変。
5作目:刺繍半衿。綿入れ折り返し。
    アップリケしてます。

途中いろいろご教授いただきながら作りました。
今1番苦労してるのが素材探しと柄取りです。難しい(-_-)
成人式までに日本刺繍の筥迫をがんばります。
それとは別に三段口も作ってみたいので
Rom筥様、三段口の教本もぜひお願いします!
    

nanoモフ [212] 06/26/(金) 13:02:39

コメント

うわ〜力作揃いが一気に来ましたね!
自分が作った教本を見て、こんなにすばらしい筥迫を作ってくれる人がいるなんて
ホント感無量です。

写真が順番通りでなかったので、間違えずに番号通りで評しますね。

1作目>
すてきな柄取りではないですか。
たぶん、こういう筥迫欲しがる人って多いと思います。
共布の玉縁がまたすてき。

2作目>
裏に千鳥掛けの縫い目が出ない作りとは、外箱玉縁をするときの作り方かしらん?
(でもこれ玉縁じゃないし、、、)
こういう柄のときは、胴締めのない念珠入れのような物の方が合うかもしれません。

3作目>
玉縁が太いというのは、挟み玉縁じゃなくて縫い玉縁だからかしらん?
紐は何を使ってるのでしょうか?色がすてきですね。
房もとてもお上手になってきました。

4作目>
刺繍半襟使った割にとてもお上手に出来ています。
よく大柄を買う方がいらしゃいますが、このぐらいの大きさの柄が一番筥迫にはいいんですよね。
刺繍半襟は厚布を使うのと同じことなので、厚紙は0.5mmを使うと良いと思いますよ。

5作目>
あら、なんてすてきな筥迫。もうすぐにでも売れそう♡
緒締の配色が効いています。
切り付けはちょっとしたコツがあるのです。


いつか研究会でもいらっしゃれる機会がありましたら、色々お教えできるのですが。
これは基本の形ですが、研究会では襠つきの縢り型(大型)も教えています。
日本刺繍をやるようになったら、たぶんこちらの大きさの方が断然映えます。

今、教本の改訂版を必死に作業しているので、もちろん次は三段口も作りたいです。
お互いがんばりましょう!

Rom筥 [213] 06/26/(金) 14:20:17

すみませ〜ん(>▽<;;
画像の順番間違えましたぁ!横いかないで縦に入れてました<m(__)m>
人生初のアップロードなので勘弁して下さいませ。

Rom筥様、さっそくのコメントありがとうございます。
うれしいですO(≧▽≦)O
そしてご指導ありがとうございます!

2号は「外箱玉縁」のやり方です!玉縁ではないですが超シンプルに作りたかったので、
裏にも縫い目を出さない方法で作りました。

3号の紐は筥迫工房さんで購入した「雄黄」です。房は似た色の絹の手縫い糸で作りました。
問題の玉縁…手縫いが面倒だったので無謀にもミシンで…( ̄x ̄;) 。

4号の刺繍半衿は本当に大変でした。
苦手な角の折り返しが半端なく厚くなってしまい、とんかちで
ガンガン叩いて薄くするという荒業で仕上げました。

5号は同じく刺繍半衿ですが、縮緬なのでやわらかく折り返しも楽に出来ました。
緒締気付いてくれてうれしいO(≧∇≦)O一応天然石です。ロードナイトかな?

いつかはWSに行って、切り付けのコツをお聞きしたいです。
それまでは教本とブログを頼りに試行錯誤で頑張りますね。
ブログに付箋はれたらいいのにって思います。(つくづくアナログの人)



nanoモフ [214] 06/26/(金) 16:58:43

3号の房は「雄黄」でしたか、、、。
少しピンクがかって見えたので、違う色かと思いました。
実は私はまだ一度も使ったことがなかったのですが、
人が作っているのを見ると、なかなか素敵な色だな〜と思います。

縫い玉縁の場合は、厚紙は0.5mm以下で使います。
もちろん1mm縫いは必須ですが。

天然石も使い始めると、こだわりの材料になります。

色々な材料を試してみて、また掲示板にアップしてください。
楽しみにしております。

Rom筥 [215] 06/27/(土) 13:06:43

お久しぶりでございます

以前、幾つか筥迫をこちらの教材で作り、刺繍も習ってもっと素敵な筥迫にチャレンジしたいと明日、教室へお電話しようと思っていた所へ、主人の大病がわかり、それどころではなくなり、その後落ち着いた時には人形の着物を習い、今は球体関節人形というのを習っております。何処をどうしたらそうなるのか...。けれど、筥迫は相変わらず好きな小物なので、時々掲示板や筥迫は続くよ...を覗きに行きます。今回は久しぶりなのですが、物凄く進化していてびっくりしました。そして、筥迫を作っている方がこんなに沢山いらっしゃるのですね。私も、また作りたくなりました。ところで、定家文庫というのですね。私もひとつ持っているのですが、何と言うのか名称がわからず、花嫁道具みたいだなぁ〜、とお雛様に飾ったりしていました。可愛いらしい鳳凰の刺繍で、残念ながら鏡はありませんが、紙入れ等、色々と同じ意匠の小物が入っていました。使途や名称がわかって嬉しいです。画像をお送りしますね。ついでに人形も見てやって下さい。まだまだでお恥ずかしいですが、この子にも筥迫を作ってあげたいですね^_^;

noel [210] 06/25/(木) 00:48:24

コメント

noelさま

おひさしぶりです。
大変な生活なのに人形作りまで、、、(汗)。
その根性があれば、筥迫なんてちょちょいでできますよ〜(笑)。
しかし、最近、筥迫と人形に関わりのある方が増えてきました。
どこか共通点でもあるのでしょうかね。

また、所蔵の定家文庫の画像をアップしていただきありがとうございます。
なんてすてきなコレクションでしょう。眼の保養です!
これだけ刺繍の入ったセットなら、さぞかし、、、と思いますが、
なかなか手に入らないものだと思いますので、
是非大事に保管してくださいね。

そして、いつか刺繍筥迫にもチャレンジしてください!

Rom筥 [211] 06/25/(木) 15:49:18

三段口勢揃い

仕掛かりのはこせこ、全て完成しました!いったん、三段口を終了して、6月の綿入れはこせこの準備をしたいと思います♪
自力4号は、私の成人式の時に使った正絹刺繍半襟です(いったい、いつの?)黄ばみがあり使えなかったのですが、良いもので捨てられませんでした!復活してくれてうれしいです!
ブログを拝見して自己流で切り貼りしてみました。思ったより、よく出来ました!また、刺繍がよくでるように胴締めを太くしました。気をつけたことは、ホットメルト紙に写す時、鉛筆ではなく、色鉛筆にしました。黒ずみがなく、正解でした!残念だったのは、かぶせなど白地を貼る厚紙を片面が白い厚紙にしなかったことです。こちらの方が白が綺麗に出たと思われます。家に大量にあったのでちょっと残念でした(笑)
写真は装飾風に遊んでみました!ビラも似合いますし、家にあったかんざしやまぁまちゃん人形ぶらもつけてみました!ビラかんざしにお細工もののぶらをつけてもかわいいですね。
6月は一日しか行けないので、何か持ってきまーす!よろしくお願いします!

ぴょん [208] 05/17/(日) 21:16:37

コメント

ぴょんさん>

なかなかすてきな装飾筥迫に大変身ですね。
刺繍半襟も筥迫に仕立て変わって、きっと喜んでいますよ。
いくつも作るとその都度発見も出てきて、それを自分で解決することで力も付いてきます。
自分なりの工夫も加えて行くことができて、本当のオリジナルの筥迫になっていきます。

次は装飾筥迫に挑戦して、また新たな筥迫作りを目指してくださいね。

ぴょん [209] 05/17/(日) 21:54:21



Number Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板