皆さんの作った筥迫、嚢物、細工物等をご自由に掲示してください。
画像サイズは自動的に縮小されます
(サムネールをクリックすると拡大表示します)
筥迫工房の型紙以外の作品の掲載も歓迎します。
管理人への質問にもわかる範囲でお答えします(個人的連絡は右下の「管理人へ連絡」へ)。
すてき!と思った作品には、是非コメントを入れてあげてくださいね。

ご自分で決めた「削除キー」を入力することによって、各自で投稿を削除できます。削除キーを設定しない場合は、管理人に削除を依頼してください。

名前
題名
内容
画像


  削除キー Cookie 

RSS

アップロード モバイル

(削除)

投稿された方の依頼により、2015年04月06日 (月) 09時58分に記事の削除がおこなわれました。

このメッセージは、設定により削除メッセージに変更されました。このメッセージを完全に削除する事が出来るのは、管理者の方のみとなります。

システムメッセージ [40] 01/01/(木) 09:00:00

コメント

四つ目

四つ目が完成いたしました。
これは友人がくれた着物地を表に、綿縮緬を内に使いました。
表は良かったのですが、この綿縮緬が思ったより分厚くて
糊しろが厚くなってしまい全体にふっくりです。
筥迫作りには布選びがかなり重要であると再確認いたしました。
触ったとき「薄いから良いかも」と思っても
仕立ててみると思いの外、厚さがあることが発覚したりします。
経験値もっと必要だなと思いました。

投稿日:2013年04月04日

風来坊 [37] 04/06/(月) 09:54:58

コメント

どんどん新作が出て来ますね。
うれしいです。

>筥迫作りには布選びがかなり重要であると〜

おわかりいただいてうれしいです。
綿縮緬はそれほどシボがないと思っていても、
実際、内布に使うとかなり厚みが出てしまいます。
筥迫は薄いながらも、何重も布と厚紙を重ねて作るものなので、
一枚の布の厚さだけで考えてしまうと、
思ったような仕上りにならなくて残念、、ということはよくあります。
とてもかわいい内布なんですけどね。
このようなときは、襠に表布を使うのも手です。
三段口扇襠筥迫の場合は、一番厚みが出るのが襠なので、
段口部分だけならば、もう少し厚みを抑えられるかもしれません。

まだまだ四つ目。
数をこなしただけ美しい筥迫が作れるようになると思いますので、
回りのお友達に配りまくれば、喜ばれるし自分の腕も上がるしで一石二鳥です(笑)。
お互いがんばりましょう!

Rom筥 [38] 04/06/(月) 09:55:18

無地の生地なら薄手があるんですが
プリントのかわいらしさには負けるんですよね・・・。
そうか、襠を薄いものに変更するという手がありましたね〜!
表布にしてもいいし、薄手で同系色もよし、反対色でパンチきかせてもよし。
筥迫、配る先はまだまだありますので精進重ねます(笑)

風来坊 [39] 04/06/(月) 09:55:47

2号と3号

実用筥迫のWSではお世話になりました。
さっそく自宅にて二個目三個目を制作いたしました。
二個目はWSで使った綿縮緬を表布に、内布には木綿プリントを使用しましたが、内布が若干厚かったようです。全体的な厚みもでてしまいましたし、被せと本体の左右がずれてしまい残念な結果に。
そこで今度は内布はWSで使った綿モスに、表布はポリ縮緬にトライ。ようやくどうにか人に「ハンドメイドですが」と断った上でプレゼントできそうなレベルになりました。今、今度は装飾筥迫に挑戦するか、やはり実用筥迫を極めるか迷っております。楽しい迷いですが。それより房を先に極めたほうがいいかもしれませんね。

投稿日:2013年03月29日

風来坊 [34] 04/06/(月) 09:43:39

コメント

Rom筥

おお〜すごい〜!
写真で見る限り、とてもきれいにできているようですが。
房もとってもきれいで、私としては満足です。
とても飲み込みの早い、優秀な生徒さんです(笑)。

また、お着物に装着した写真もアップしてくださいね。
新歌舞伎座へ、是非筥迫付でおでかけください。

またの新作、楽しみにしております。

名無しさん [35] 04/06/(月) 09:44:06

いえいえ、まだまだですよ〜ムムムな部分がけっこうあるのです。
装飾筥迫を作ろうかと以前いただいてる説明書を取り出したものの・・・
うううう、どこをどうしたらこうなるの?と
自分の理解力のなさをまたもや痛感。
こりゃWSに参加すべき?と思うものの、
前回参加出来なかった方もおられることと推察。
その方の枠を私が奪って良いものかと、なんとか自力でトライ予定です。
うっかり白と赤の定番の房糸を購入するのを忘れた私
そのうちまた注文させてくださいませ。

無題 [36] 04/06/(月) 09:44:43

ご報告遅くなりました

材料をお送りくださいましてありがとうございました。丁寧な教本ですのに、完成する自信がなく、昨日まであきらめておりました。先日のワークショップには都合が悪く参加できなかったのですが、皆様の作品に感化されて、頑張って基本形を作りました。

日本刺繍を習っているので、そのうち作品をはこせこにしたいなと思います。アンティークのはこせこを見ながら作りましたが、四隅の糊代の始末と、千鳥掛けが特に難しかったです。

投稿日:2013年02月15日

zizi [32] 04/06/(月) 09:42:10

コメント

これはまた筥迫にちょうどよい生地を見つけられましたね!
すごくきれいです。
房は白かピンクにすると、とても格調高くなりますよ。

日本刺繍の筥迫を是非作ってみてください。
基本形の折り返し平面仕立てで作ってみても、
刺繍のぽってり感で、かなり高級な筥迫ができあがります。

刺繍は線より2mm多めに繍ってください。
↑これ大事です!

いつか皆さんで、筥迫の展覧会したいというのが私の夢です。
お互いがんばりましょう!!

無題 [33] 04/06/(月) 09:42:30

娘の成人式筥迫

娘の成人式に、筥迫をつけたら素敵だろうな〜と考えたら、
どうしても作りたくなってしまい、
第2作目で無謀にも、日本刺繍の筥迫を作りました。
生地は赤! 図案は金波に白梅です。
胴締めに紐を通す所は目打ちで穴をあけるので、
そこに図案がかからないように調整したりと、
図案作りでは大変でしたが、それも楽しい作業でした。

案の定、本体と胴締めの図案は合いませんでしたが、、、。

帰省してきた娘に見せたところ、可愛いからつける!!
と言ってくれてホッとしました。

筥迫には見慣れているはず?の着付けの先生も、
着付けが始まる前から、筥迫を持って右往左往しているので
何か??と思ったら、花嫁仕度っぽく着付けをしたい!!との提案で、
急遽、抱え帯もレンタルすることになりました。
赤の抱え帯もかわいいです。

今年の成人式は、各地で大荒れで(雪で、、、)大変でしたが、
いい思い出になりました。

筥迫工房さんには改めて感謝です!! 
ありがとうございました。
mantaより

投稿日:2013年01月20日

manta [28] 04/06/(月) 09:38:56

コメント

すばらしい日本刺繍の筥迫ができましたね〜。
柄が合っていなくても、あまり不自然には感じません(日本刺繍の威力かな)。
半襟も梅つくしのお揃いだそうで、
日本刺繍のぽってり感がとてもゴージャスです。

お着物もとてもすてきですが、抱え帯の赤があることで
筥迫の赤が調和された感じがしますね。

ところで、通常の着付けでは襟元がもっと深く交差するものですが、
刺繍半襟の場合は襟元を浅く合わせることにより、
筥迫を中央にセットすることができます。
通常、筥迫はもっと左側にくるので、
私としては着付けの人にどう説明しようと思っていましたが、
刺繍の半襟を使うからこそ襟を広く見せられるわけで、
私もいつか刺繍半襟作らなくては、、、ということですね(汗)。

無題 [29] 04/06/(月) 09:39:23

お返事ありがとうございます
刺繍教室のブログの方に先生の作品の写真が載っていますのでよろしかったらURLをご紹介しておきます。
私は今サーモンピンク地に鳳凰柄の絵柄を刺繡中です。
手が遅い上に柄合わせを考えると出来上がるのはいつ?って感じですが。
作品展では筥迫に関心を持って下さる方が多数いらして私も嬉しかったです。

無題 [30] 04/06/(月) 09:40:00

Rom筥

おお〜刺繍筥迫美しい〜!
昔はきれいな筥迫がたくさんありました。
こうやって日本刺繍の筥迫が、色々な人の目に触れるようになると、
私も作ってみたい!という人が増えて来ると思いますので、
是非、たくさんの美しい筥迫を作って、そしてお披露目してください。
また新作楽しみにしております。

Rom筥 [31] 04/06/(月) 09:40:59

作品展に間に合いました

先週は材料を急ぎお手配頂き本当にありがとうございました。
おかげさまでなんとか刺繍教室の作品展に間に合わせる事が出来ました。
房は完成品を使ってしまいましたが切り房も頑張って仕上げるつもりです。
刺繍の筥迫が作りたくて約一年前から刺繍教室に通い始めたのですが、努力不足でさっぱり進歩せず。
六花柄は初心者には難し過ぎました。

私の教えて頂いている先生も今回の作品展に筥迫を数点出展されていますのでこちらの掲示板でもご案内させて下さい。
(リンク先に先生の筥迫写真がございます)
大阪リーガロイヤルギャラリーにて既に始まっていますが
11月20日(火)〜25日(日)10:00〜18:00(最終日のみ17:00終了)

投稿日:2012年11月21日

yuko [26] 04/06/(月) 09:26:56

コメント

おお〜、刺繍筥迫〜〜。パチパチ。
この季節にふさわしいすてきなデザインです。
お着物に合わせやすそうですね。

刺繍筥迫に挑戦してくださるだけで、私としては超感激です!
それも作品展に出品されたとは。
見に行きたかったけど、大阪は遠い、、、。
また新しい作品ができましたら、画像で楽しませてくださいね。

yukoさんの先生の筥迫ですが、掲示板に投稿されていることを気がつかず、
すでにリンク先の画像がありませんでした、、、(残念)。
でも、刺繍筥迫が世の中に広まってくれたら、これほどうれしいことはありません。
きっと、yukoさんや先生の作品を見て、「私も筥迫を作ってみたい!」
と思われる方が増えたことでしょう。
ありがたいです。

Rom筥 [62] 04/06/(月) 15:04:38

お返事ありがとうございます
刺繍教室のブログの方に先生の作品の写真が載っていますのでよろしかったらURLをご紹介しておきます。
私は今サーモンピンク地に鳳凰柄の絵柄を刺繡中です。
手が遅い上に柄合わせを考えると出来上がるのはいつ?って感じですが。
作品展では筥迫に関心を持って下さる方が多数いらして私も嬉しかったです。

yuko [63] 04/06/(月) 15:05:14

おお〜刺繍筥迫美しい〜!
昔はきれいな筥迫がたくさんありました。
こうやって日本刺繍の筥迫が、色々な人の目に触れるようになると、
私も作ってみたい!という人が増えて来ると思いますので、
是非、たくさんの美しい筥迫を作って、そしてお披露目してください。
また新作楽しみにしております。

Rom筥 [64] 04/06/(月) 15:05:43

ちなみに、yukoさんの先生の作品は、no.78(この2つ上の段)の
【Home】をクリックすると、
刺繍教室のブログに移動することができます。

yuko [65] 04/06/(月) 15:06:07

娘の婚礼用筥迫

筥迫の名前は知っていましたが、まさか自分が作るとは。
娘の希望は、地毛で高島田を結い、成人式で着た昔着物を引き振り袖にして花嫁衣装にしたいとの事。
全体のバランスを考えて懐剣や筥迫は昔の帯地、
まるぐけとしごきと伊達襟は昔の振り袖用の長襦袢を使いました。
房の色で悩みましたが、金茶は花嫁の色とサイトで見てこの色に決まりました。
2作目で柄合わせ、綿入れ、玉縁はムチャクチャ高いハードルで特に玉縁のミシン縫いはきつかった所です。

 式 当日は神社で「かわいい!」とみなさんに声をかけられ、
着付けの人には「房が目立ちますね」とほめて頂きました。
びら簪は、私の昔着物大好き友人がレンタルしてくれ
娘も大満足の結婚式となりました。
はこ筥迫工房さんと新たな挑戦をさせてくれた娘に感謝しています。
次回は、七五三の筥迫を作りたいと思っています。

投稿日:2012年12月26日

らんちゅう [25] 04/06/(月) 09:25:48

コメント

アンティークのお着物にぴったりの筥迫が出来上がりましたね。
それに房がとってもお上手!
房のフォルムを作るのは、けっこうセンスが必要なんですよ。
びら簪もアンティークで揃えて正解でした。
この派手さは、アンティークならではです。

そしてまた、このお着物がすばらしい。
やはりアンティークの花嫁衣装の重厚さは
今時の華やかな衣装とは比べ物にならないほどすてきです。
そしてすべてがマッチしています。
ご苦労してお作りになった甲斐がありましたね。
私もこうやって皆さんがお写真を送ってくださることで
本当にやってよかったな〜と心から思います。
そしてほんのちょっとでも、幸せのお手伝いできたことがうれしいです。

ちなみに、らんちゅうさんは「角隠し」まで自作されたそうです。
筥迫を作ろうなんて思う人たちは、ホント何でも作ってしまいますね(笑)。

Rom筥 [66] 04/06/(月) 15:06:28

初めての筥迫・懐剣入れ

こんにちは(^^)

初めて筥迫と懐剣入れを作りました。
おばあちゃんの古い帯をリサイクル!
房を作るのがちょっと大変でした(^^;)

ボランティアで毎年、たくさんの留学生に振袖を着せてあげています。すごく喜んでくれるので、今回は色打ち掛けを着せてあげようと計画中!
しかし、写真を撮る際に何か物足りない・・・。

やっぱり、あの筥迫や懐剣がないと衣装も引き立たないんですもん(笑)

でも、筥迫っていいわぁ〜(^ー^)
はまっちゃいそうです

投稿日:2012年11月16日

nadesu [24] 04/06/(月) 09:24:43

コメント

下の着物がその打ち掛けでしょうか。
こんな立派な着物を着たら、海外の方はそれは感激するでしょうねぇ。
でも筥迫と懐剣を自分で作ったと言っても、それがどんなに珍しい事かまではわからないかも。
日本人なら筥迫をよく知らなくても、「これは私の作った筥迫」
と言えば、とりあえずびっくりはしてくれますけどね(笑)。
写真を撮る時は、末広を手に持つとパーフェクトですよ。

色違いの筥迫セットを沢山作って、選ばせてあげるともっと喜ぶかも。
筥迫作りにはまってくださると、私もうれしいです!

Rom筥 [67] 04/06/(月) 15:06:49

3歳 七五三用できました つづき

せっかくなので、着付けたところも一枚。
でも、暴れる3歳、親ではまともに撮れませ〜ん

写真屋さんでは「はこせこよく撮って!」とリクエストし、
胸に両手をあてているポーズで一枚とってもらいましたけど。

投稿日:2012年11月16日

3chichichi [23] 04/05/(日) 17:18:40

コメント

三歳児に帯を着けさせるだけで、あっぱれ!(笑)。
いい記念になりましたね。

Rom筥 [68] 04/06/(月) 15:07:15

3歳 七五三用できました

昨年のクリスマスにUPして以来、ご無沙汰しております。
やっと3歳用出来上がり、先日、七五三参りもしてきました。
今度はピンクで!と言っておきながら、違うモノが出来上がってしまいました。
内布は子ども古着物。表は手芸用の金襴。
内布がやたら派手ですが、鶴の地紋が入っているので、どうしても使いたくてこのような結果に…
あまり欲張るものではないですね。

さあ、来年は七歳用!

投稿日:2012年11月16日

3chichichi [22] 04/05/(日) 17:17:42

コメント

アップされていることを気がつかず失礼いたしました。

>内布がやたら派手ですが、

そんなことありませんよ!
筥迫は、表と裏が全く違う顔を持っていたとしても、
それがけっこう効果的である場合が多いです。
それに、この組合せはとってもかわいい♡
子ども用筥迫にぴったりです。

私はアンティークの着物が大好きなのですが、
特に昔の子ども用の着物柄は、今では見られないような、はっちゃけたような柄が多く、
すごく元気があって大好きです。
おもちゃのような柄や配色は子ども着物ならではという感じがするので、
大人用にはない元気で明るい筥迫を作れるのも子ども用筥迫だからこそ。
私も子ども筥迫を作る時は遊び心を感じながら作れるので、
いつも楽しいです。

表もきれいに柄合わせができてすてきです。
どんどん欲張って、内布にすてきな布を使ってくださいね。

Rom筥 [69] 04/06/(月) 15:07:37



Number Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板