皆さんの作った筥迫、嚢物、細工物等をご自由に掲示してください。
画像サイズは自動的に縮小されます
(サムネールをクリックすると拡大表示します)
筥迫工房の型紙以外の作品の掲載も歓迎します。
管理人への質問にもわかる範囲でお答えします(個人的連絡は右下の「管理人へ連絡」へ)。
すてき!と思った作品には、是非コメントを入れてあげてくださいね。

ご自分で決めた「削除キー」を入力することによって、各自で投稿を削除できます。削除キーを設定しない場合は、管理人に削除を依頼してください。

名前
題名
内容
画像


  削除キー Cookie 

RSS

アップロード モバイル

「名刺入れ付覚書帳」ぱれえど

講習会に参加して来ました。作り方を忘れないうちにと、自宅で早速復習しました。筥迫より簡単(多分?)、少ない布で作れる、小さいけれど思いのほかこだわりポイントもある、などの理由からワクワクしながら、いろいろ試してみました。表布と内布の両方を木綿にしてみましたが、どちらも薄地を使ったら、上手くなじんで形になってくれました。中には、少し寸足らずの布を接ぎ合わせて作ったものもあります。小さくて出番のなかった少し寸足らずの布たち活躍できる場ができて、うれしかったです。

筥迫ぴょん [436] 04/28/(金) 07:44:35

コメント

すごい!あっという間に8個も作られたのですね。
この「名刺入付覚書帳」は、嚢物というよりも細工物として楽しい型ですね。
小さい端切れでできるので(外題はさらに小さいし)、
益々布が捨てられなくなるのが難。
筥迫よりも手軽にできるので、お友達にプレゼントしやすいところが、
筥迫ぴょんさんにはちょうどよいかもしれませんね。

rom筥 [438] 04/28/(金) 17:45:49

懐紙入れとサイズ変更品

懐紙入れを作ってみました。
この生地を気に入ってくれている知人がお茶を習っているので、プレゼント出来ます。
しかし、作っている最中に唖然とするトラブルが起きました。
なんと、赤鉛筆が折れた。どれだけ怪力なのでしょうか。
サイズ変更は、ちょこっと失敗しました。
内布の長さが足りていなかった。
どこで計算間違いをしたのやら。
なので、こっそりでもなく上口の部分に生地足しちゃいました。
そして、ターポリンの代わりに使えないかと、スキバルテックスを使用してみました。
滑りはいいので、使ってみてどうかですね。

郁駒屋 [434] 04/25/(火) 16:44:44

コメント

懐紙入れいいですね。
持出し口が反対になっちゃいますが、なんとなくこの厚みが好きでそのままにしていますが。

黒の内布がステキ♡
このような単純な型というのは、大柄な内布が似合いますね。

上口は何だっていいんですよ。
茶道では汚れたものを入れるのでしょうが、
一般人が使うなら、口が深いから滑りがいい素材がいいってだけで。
千代紙とかを使う場合もあります。
色々試して掲示板に紹介してくださいな。

それから、赤鉛筆は頻度が多くなると表面のニスが削れてきてしまうので、布を汚すことになります。
私はこれでいくつもダメにしました。

ただの丸棒も色々と種類を買って試しましたが、この丸鉛筆の微妙な太さのものがないので、最近白木軸の鉛筆を入手しました。
これなかなか売っていない。

ということで、講習会に参加する人にはもれなく差し上げることにします♡

rom筥 [435] 04/25/(火) 17:13:14

筥迫完成のご報告です。(4作目)

「挟み玉縁平面仕立て」をネクタイで作りました。
 表布:ネクタイ 絹100%
 内布・玉縁:正絹 羽織裏地はぎれ(約37.5×80cm 300円)

 織柄の中の青が合いそうだったので憧れていた浅葱色で房を作りました。簪挿し口になる「う4」部品はネクタイの裏側を使って色調をなじませました。
 ビジネススーツっぽいので、ちょぴりマスキュリンな感じでチャームの揺れるびら簪バージョンも作ってみました。
でもチャームの鎖はすぐに絡むのでまったくの観賞用です。
薄手の織地とはいえ、扱いが難しかったです。角落しするたびに繊維が立ってしまい、教本で見た焼き糊を小さくしたりして折りました。たいへん時間がかかりましたがなんとか収まって良かったです。

 このネクタイは亡父の物で母が贈ったのだそうです。
もったいないからとずっとクローゼットにあったのですが、ネクタイから筥迫に姿をかえたことで、手元で眺めていても楽しい品になったと思います。
教本に出会い、お蔭様でお彼岸の連休に静かな良いひとときを過ごせました。ありがとうございました。

ちゅん [431] 03/23/(木) 18:07:30

コメント

ちゅんさん>
コメント入れたつもりで入っていませんでした、、、ごめんなさい。

お父様の形見のネクタイで作る筥迫、、、すごい。
でも使い方としては大変筥迫らしいと思います。
使う、使わない、というよりも、
記念の品として筥迫にして残すというコンセプトが大事だと私は思っています。

そしてまた凝ったびら簪、、、。

また面白い作品を作って掲示板で紹介してくださいね。

rom筥 [433] 04/07/(金) 19:22:06

ネクタイで筥迫

ちゅんさん、お父さまのネクタイで筥迫を作ったのは、素晴らしいアイデアですね。わたしもぜひ作ってみたくなりました。父の遺品整理をした時 に何本か ネクタイを持ち帰ったのです。妹は着物を着ないので、名刺入付覚書帳にすれば、妹も持ってくれるように思います。

筥ぴょん [437] 04/28/(金) 08:46:40

玉縁について。

【玉縁考】玄人仕立て
 おぉ!先のコメントにあらわれた謎めいたアドバイス…。

「玉縁の角は芯のギリギリに切り込みを入れます。
私は1mmだけ重ねて90度に切り欠いています。 rom筥 [427] 」

こ、これは…!!教本にない示唆をありがとうございます。
想像しても頭にイメージが浮かばなかったため、勝手にこれを玉縁玄人仕立てと名付け、初心者ながら試させていただくことにしました。
角々で90度に切り欠くと、確かに1mmほど布が重なり、厚みが出てしまう。そのかわり、切り欠きの端っこ同士が強固に手をつないで角をキープしてくれるのだという印象を受けました。

 今回は極薄のシルク生地を使ったのが幸いし、無事にコーナーを回ってゴールにたどり着くことが出来ました。いやはや、手に汗握る卓上のミクロな世界?!ですね。
しかしながらちょっと厚みのある生地ではどうなるか恐ろしくて次回は試さないかもしれません。

ゴールの継ぎ目について。
 ついでに最後の芯継ぎ手術?を撮影しましたので画像をあげます。
のりで固まっている玉縁のしっぽをカッターの先で引きはがして、バナナのように布をむいて、最初の玉縁端にぴったりそろえた長さで芯を切落とし、最初の玉縁端もちょっとはがして、しっぽに残った玉縁布で芯同士を巻き込んで骨接ぎしました。
段差なくつながったと思います。(革鞄の玉縁処理というものを読んで参考にしました)

ちゅん [428] 03/22/(水) 15:36:56

コメント

最終的に美しい仕立てになればいいだけのことで、
方法はそれぞれのやり方でいいと思います。

私のやり方も絶対正しいやり方というわけでもないですし、
1年後には変わっているかもしれませんし。

それから玉縁用の細布の幅は1.5cmより広くしない方がいいです(これを半分に使う)。
見えない部分ですが、のりしろの幅が広いと
全体の雰囲気がもっさりとなります。

教本で使う型紙は、慣れない人が安心するように
あれでも広めにとっています。
うまく仕立てられるようになったら、
のりしろは極力少ない方が仕立てがきれいです。

rom筥 [429] 03/22/(水) 17:56:20

わぁ♪細かくみてくださりありがとうございます。玉縁の細布の残りを測ると、たしかに折った状態で幅9mmもありました…。のりしろも言われてみれば確かに安心を感じる幅です。これより狭くはまだまだ先の挑戦になりそうです。
rom筥さまはいろんな角度から泉のように知見が涌き出る方なのですね。ひとめでお分かりになるところがすごいです。

ちゅん [430] 03/23/(木) 18:00:38

筥迫完成のご報告です。(3作目)

「挟み玉縁平面仕立て」で「切り付け」有です。
 表布:合繊金彩友禅 四季草花(クリーム)、ポリエステル100%
 内布:コットン生地 和風かのこ紫 
 玉縁:合繊無地りんず葵地模様(クリーム)、レーヨン約0.3mm厚

 表地パーツを組み合わせると、被せ下側(びら簪の揺れる所)に朱色の梅が目立つのが気になったので、紫の梅を生地から切り抜いて上から貼りました。薄糊でよかったかわかりませんが、全面紫に揃ってなんだかささやかな幸せを感じます。うれしい。「切り付け」はブログで読んで興味がありましたが、実際にやってみますと本当に楽しい技ですね。満足度100%ですね♪

 さて、前回はリリヤン代用の頼りない玉縁芯でした。芯材は水引きでとのアドバイスをくださりありがとうございました。さっそく百均で購入しました。なるほど程よい硬さでとってもすっきりしました!
玉縁の角はかなり強く折ったつもりでも、角裏には極小のバリ、というかツノができてしまい、アイロンで押しつぶすと結局あまくなってしまうようでした。これはほつれを恐れずにもっと芯の際まで切り込むべきなのか、練習次第なのでしょうか…。
角立てのニュアンスを掴むのは本当に難しそうです。

【生地購入の反省】
 前作で好き放題に紅い牡丹ばかりを使ったので、今回は慎ましく?残り布から紫の菊を拾い集めました。余り布に仮の型紙?を置いてみると、ぎりぎり作れそうだと分かり、倹約もまた楽しでした。巾35cm×長さ50cmで表生地が2個分も取れてごちそうさま?!です。(10cm280円×5コ=1400円税別でした)でもホットメルト紙のおかげでほつれないとはいえ、ミリ単位でかなり厳しかったので、これからはあいたデザイン生地では初めから2個配置を念頭に、思い切って60、70cm長さで買おうと思いました。

ちゅん [425] 03/15/(水) 18:11:49

コメント

ちゅんさん、どんどんお上手になりますね。
淡い紫のお花の筥迫、とても素敵です。

玉縁もリリヤンに比べると雲泥の出来です。
玉縁の命は角付けなので、これはもう研鑽あるのみです。

玉縁の角は芯のギリギリに切り込みを入れます。
私は1mmだけ重ねて90度に切り欠いています。

中の糊をしっかりアイロンで焼いておけば、
ほつれはあまり気にしなくて大丈夫です。
貼り込みは「糊を焼く」という考え方を踏まえていれば、
あとは経験で、どこまでギリで切っても大丈夫かがわかってきます。

しかし挟み玉縁には厚みが出るという限界があります。
縫い玉縁で作れるようになるとすっきりとした仕上がりにはなるのですが
残念ながら教本では解説していません。

切り込みがわかるとかなり自由度が増しますが、
布を貼り付けただけだと取って付けた感が出てしまいます。

刺繍半襟など盛り上がったものでやると
かなり自然に仕上げることができるのですが、
刺繍半襟は厚みがあるので、挟み玉縁にするときれいに仕上がらないのが難。

生地は初めはチビチビと使ってしまうものなのですよ(笑)。
慣れてくると大胆に使うようになります。

そして余ったハギレで更に小さい物を作りたくなり、
どんどん貼り込みにはまって行くのです(笑)。

rom筥 [427] 03/15/(水) 18:41:25

房についてしまう薄糊。

紫ベース三色房のビーズ入りを作りました。
皆さんが婚礼の赤白金の房をつくっておられるのをみて憧れておりました。金色を装着する場面はあまりないので、榛色を試してみました。いろいろな色彩にもなじみやすい感じを受けました。

 ビーズ:緒締め玉の大穴ビーズ<ピンク>穴径2ミリ
 使った色:紫紺、京紫、榛(はしばみ)色です。

結びは、思ったよりも間隔があいたので「こま結び」を挟むのもまた試してみます。ビーズに打ち紐(人八)を通すときには、細い針金を使って迎えると早くて楽でした。

糊の悩み・・・
 房頭のティッシュを巻いて房を下げ、金糸を巻くとき、どうしてもティッシュにつけた薄糊が、房糸について汚して?しまいます・・・。房の裏側が束になって固まった画像を上げました。これは糊をたっぷり付け過ぎなのでしょうか。表面に響かなければヨシとするところでしょうか。それとも、必死になって房を握りしめ過ぎ!?なのでしょうか。

とにもかくにも、試してみたかった組み合わせが出来あがって嬉しいです。いつも教本の共通編で、どーんとページ見開きでいろいろ飾り房を紹介してくださっているのをうっとり眺めておりました。いざ結ぼうとすると、組み合わせに妄想が膨らんで悩ましいやら楽しいやら・・・ですね♪

ちゅん [423] 03/01/(水) 14:49:50

コメント

三色ふさが出来上がりましたね。
切り房は形を取るのが難しいのですが、なかなかきれいにできていると思います。

色々なやり方をわかりやすく画像にしていただきありがとうございます。
掲示板を見ている人もけっこういますので、皆さんありがたく参考にさせてもらっていると思いますよ。

糊はね、汚れるぐらいなら付けすぎです。
房を下ろしたときに、糊が糸に付そうなぐらい濡れていたら、軽く両手のひらで転がしながら乾かしてください。(あくまでティッシュを潰さないように!)

房作りにせよ貼り込みにせよ、接着剤を使うものは、糊の分量はたくさん作って経験で覚えていくしかないのです。

私など、正直房作りは好きでないので、悩ましいほど妄想が膨らむちゅんさんが羨ましいです。

Rom筥 [424] 03/01/(水) 15:02:53

試行錯誤

手許にあるものを利用して、ようやく玉縁と綿を
使った仕上げに挑戦してみました。
思い通りにいかないながらも、ぼちぼちと続けております。

あきら [421] 02/21/(火) 20:27:51

コメント

貼り込みは正確さが必要。
準備の段階から正確に作ることを心がけていくと、
仕上がりがかなり違ってきますよ。
クサらず、地道に楽しみながら続けていってくださいね。

Rom筥 [422] 02/21/(火) 20:39:44

本番

弟結婚式が無事終わりました
義妹ちゃん、筥迫&懐剣セットを二つとも使ってくれました
数多くの花嫁着付けをしている方に、手作り筥迫初めてですと言われました(笑)

rajoh [419] 02/19/(日) 20:52:29

コメント

弟さん、無事結婚式が終わっておめでとうございました!
毎回こんなすてきな花嫁衣装を見ることができて私も幸せです♡

それにしても立派な筥迫&懐剣セットができましたね。
とても手作りだなんて思えない。

>手作り筥迫初めてですと言われました

そうでしょ、そうでしょ、私もこんなに多くの人が
筥迫を手作りしてくれるようになるなんて思いませんでしたもの。
ホント幸せです。
ありがとうございます。

Rom筥 [420] 02/19/(日) 21:23:08

作ってみました

なかなか思い通りにいかないものの、
それはそれで楽しい時間でした。
特に結びが好きです。
胴締めの柄を合わせるのが次の課題です。

現実には、もっと薄くて着物の懐に入れても胸元が
崩れず、かつ着物と帯の柄の邪魔にならない地味な
紙入れしか使うことはないのですが。

あきら [416] 02/18/(土) 19:19:28

コメント

紫色の個性的な筥迫になりましたね。
初めのうちは思い通りにいかないものですが、
一つ一つ作るうちに少しずつ慣れていくとおもいますので、
諦めずに是非作ってください。

胴締めの柄合わせは、生地の厚みによって違ってきますので、
慣れてきたら胴締めは最後に作って柄を合わせながら貼ってみてください。

縢襠付筥迫は一般的な着物には使わないものですからね。
講習会では色々な懐中物を作っていますので、
いつか機会がありましたらご参加ください。

Rom筥 [418] 02/18/(土) 20:51:48

練習で作りました

娘の前撮り用の前に練習で作りました。古布です。しばらくぶりだったので、細かいミスがありましたが、可愛い筥迫になったと思います。内布も共布を使いました。
もっと上手く作れるようになって、他の手芸とのコラボが出来れば…と思っています。

hiromi [415] 02/17/(金) 13:40:15

コメント

古裂で筥迫を作ると、ほんのりかわいい筥迫になりますよね。
あの柔らかさが、綿入れの筥迫にちょうどよいのです。

これからもどんどん作っていただいて、
いろいろな装飾筥迫を楽しんでください。

Rom筥 [417] 02/18/(土) 20:48:49



Number Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板