無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

忘れ得ぬ風景掲示板

皆さま個々の忘れ得ぬ風景に感謝します

忘れ得ぬ風景へ戻る

滝の詩






[5] 題名:後世に読み継がれる作品ですね。 名前:京都乃鬼 投稿日:2008年07月12日 (土) 09時32分

愚壮さま江

師匠在世時の庶民列伝とでもいいましょか、
肩を震わせながら読ませていただきました。

貴重な体験を読ませていただき、感謝の気持ちで一杯です。

私も実は、高知の郷士の血が半分流れてます。

中卒で仕事にあぶれていたときに
「いごっそう」のオヤジが神崎新地で入信したおかげで、今、学会家族の中にいれてもらっております。

私も、いつかは、愚壮さんのような「風景」を
書きたいと思っております。

おにゆりさま、

このような素晴らしい作品をアップしていただいたおかげで、はじめて愚壮さんの過去の作品に目を通すことができました。
ありがとうございます。

これからも、愚壮さんの作品を楽しみにしております。

[8] 題名: 名前:おにゆり 投稿日:2008年07月12日 (土) 14時14分

京都乃鬼さまへ

共々に個々の忘れ得ぬ風景を描いてまいりませぅ♪

>私も、いつかは、愚壮さんのような「風景」を
>書きたいと思っております。

その時にまだ私の頭脳も指もマシンもクリアであれば
鬼さまの「風景」もなぞらせて戴きたく存じます。

皆さまに出逢えたことを 深く感謝いたします。
コツコツがんばんべ〜♪

[15] 題名: 名前:愚壮 投稿日:2008年07月14日 (月) 18時06分

京都乃鬼様
御発信を戴き乍ら 御返信が遅れました事をお許しください。

「土佐の郷士」との由 「竜馬」に会った心地です。
(マグマグ殿御覧かよ)
さしずめ 呑むほどに愉快な酒と察します。
前言はこの際引っ込めて「よせちゃるきに」とお願いします。

「神崎新地」!
なんと この私も「産湯」は「飛田新地」ぜよ。
福原・九条・今里・生駒… そして実の祖母が「新町」

言い方は良くないですが『愚壮の人生』は「底者」です。
こんな私ですが。 宜しくお願い致します。

[16] 題名: 名前:おにゆり 投稿日:2008年07月15日 (火) 00時28分

お宝は海の底にあったりします♪
過去ログの海の底で見つけました。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

2004/05/22(土) 07:34

 昨日25年ぶりに同中にいきました。
 故郷に戻ったようで涙が出て、ハンカチを持っていなかったのであせりました。
 創価学会は素晴らしいところです。
 やめなくてよかった!と、思います。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

故郷を忘れていないだろう同志に・・・「今再び」と祈りつつ・・・Zzz

[749] 題名: 名前:愚壮 投稿日:2012年08月10日 (金) 10時22分

京都乃鬼様

死んだ親父が、よく言っておりました。
「鯔(ボラ)の下層に、必ず「チヌ(黒鯛)がおる…」と。

底者と揶揄されるから、『法・師匠』への確信が満ちます。
「UD氏」 何回も私を救ってくれております。



名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可) クッキーの保存

ファイル:
Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板