AJSCF 島根協会 掲示板

ホームページへ戻る

名前
題名
内容
文字色
画像
  削除キー 項目の保存


RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

  久しぶりの数釣りと、キス料理

投稿者:齋藤

度重なる豪雨で、全国で災害が続きますが、皆様大丈夫でしょうか?
島根でも、江の川が一昨年に続き氾濫し被害が出ています。益田も警戒水位に達し、もう少し雨が降り続けば…ヤバいところでした。
山の保水機能が無くなっている状況なので、引き続きご注意下さい。

さて、私は夏場鮎釣りもするのですが、今年は増水続きで最悪の状況ですので、先週末は本業(?)のキス釣りに、サーフへ出かけました。
完全に「数釣りモード」で臨んだのですが、数も毎回針数近く釣れる上に型も15センチ以上が多く、わずか2間弱で餌切れクーラー満杯で終了。90匹の爆釣でした❗
あまりに釣れるので、途中S元会長にも電話して合流。変わらず楽しそうに釣られていました。私の帰宅後も釣れ続け135匹の釣果だったそうです。

さて先日、ダイエットのための「油を使わないキス料理」について、こちらに書き込みましたが、最近では写真の姿寿司がお気に入りです!
背開きにしたキスを酢で締めて握りにする(手前側は炙り)のですが、塩焼きや刺身では食べづらい「天ぷらサイズ」のキスが丁度良く、あまり魚を食べないオカンにも好評です。

[2845]2020年07月14日 (火) 19時48分

投稿者:川上

姿寿司良いですね。

何処かでアユを姿寿司にしたものを頂いたことがあります

先週末は境水道は風が強く釣り客も少なかったです。

90匹に135匹(◎_◎;)こちらでもそんなに釣れません

[2847]2020年07月14日 (火) 21時03分

齋藤さま

投稿者:西村

お元気ですかぁ〜 ^^

まだ雨が降るかも知れません。お気を付け下さいね。

お寿司はいいですねぇ〜 ♪

油を使いませんので安心です。
でも、食べ過ぎは良くないのでほどほどに...。(笑)

腹ビレのあたりが気になるので、私は三枚おろしの身を使用していますよ。
(”炙り”は良い方法ですね ^^)

[2848]2020年07月16日 (木) 17時30分

投稿者:齋藤

川上さん、西村さん、ご返信ありがとうございます!

この日は時化る直前の荒食いだったのか、とにかくよく釣れました。ピンギスの束釣りは珍しくない当地でも、これだけのペースで釣れることはなかなかなく、ラッキーでした。

やっぱり、三枚に卸して恥ずかしくない握りに出来るサイズを揃えたいですね(笑)


P.S. 江津にお住まいの皆さま、被害は大丈夫だったでしょうか?

[2849]2020年07月16日 (木) 20時24分

今週も行ってきました。

投稿者:齋藤

今週もおなじサーフに行ってきました。
コロナの影響で県外の釣友との釣りもしばらく出来ませんでしたが、久しぶりにピンキーさん、そしておろちの森田氏との釣行でした。

前夜に私の自宅集合で、土用の丑に合わせて高津川の天然ウナギや鮎を焼いて食べ、朝から近所のサーフで釣りをしました。
私はヒドい二日酔いで(車の運転も出来ず森田氏の車に同乗)、朝一の時合いにも1〜2投ごとに休憩を挟む始末。

先週より、平均サイズも釣れるペースも少し落ちましたが、昼前には100匹前後の釣果で納竿でした。

やはり、仲間と楽しく釣るのも良いものです。コロナ収束のためには、まだガマン時かと思いますが、早く大人数での集まりが出来るようになればよいですね。

[2850]2020年07月19日 (日) 19時30分

キス師の夏カレイ!?・・・

投稿者:太田

御無沙汰しております。
いい釣りをされておられますね!。
最近、大キス狙いで、山陰&瀬戸内に釣行しておりますが、腕が伴わず芳しく有りません・・・。
で、もう少し手広く狙うべく、本日、神の島にて大キス五目釣法を行って参りました。
海水温は、私が思う程には上昇していないのか?、この様な感じです。

今年は、日照不足の様なので夏が短めで秋が少し早く訪れる?、と予想しておるのですが・・・。

連盟結成55周年記念大会に向け、走りカレイ用の仕掛け?、を少しづつ準備しております、今日この頃です。

[2851]2020年07月19日 (日) 21時56分

夏カレイ!?

投稿者:齋藤

太田さん、この時期にカレイですか!
しかも良型です!

カレイの生態に疎いので、ご存じの方は教えて下さい。
一般的にオフシーズンとされる夏場には、カレイはどこにいるのでしょうか?
イシガレイなどは、東京湾では「夏が旬」なのだーと聞いたことがありますが、夏の炎天下でカレイ釣りをするのは聞いたことがありません。(冬にキスが釣れるように、湧き水や河口等水温が低いを狙えば釣れるのでは……?と、カレイ釣り素人の私は思ってみたりするのですが……)

夏がカレイ釣りのオフシーズンの理由は
・夏はカレイが深場に落ちるから投げ釣りで釣りづらい
・岸近くにも居るが餌取りが多く釣りにならない
・岸近くにも居るが、高水温では活性が落ち釣りづらい
・暑い夏は、腰を据えるカレイ釣りに向かない
・夏はキスや鯛、タマミ狙い等に忙しくカレイに目が向かない
のどれなのでしょう?



実は毎年、仕事でヒラメの稚魚の調査をしているのですが、ヒラメの稚魚を採取すると、ヒラメ100匹に対してウシノシタが10、イシガレイの稚魚が1匹くらいの割合で混じります。(地域によってはかなりカレイが混じるようです。)
つまり、当地のカレイはヒラメを釣る100倍難しい……ということで、「幻の魚」になっているのだと痛感しました。

ということで、今度の大会はもちろん「ヒラメ狙い」で行こうと思います(笑)

[2852]2020年07月21日 (火) 21時11分

齋藤さま

投稿者:西村

こんばんは。

齋藤さまの問い合わせに回答が無いので、カレイ釣り素人のわたくしめがご回答致しましょう。(笑)

たぶん、この時期カレイは冬眠ならぬ夏眠しているんでしょうねぇ。^^

ご存知の通り、秋から春にかけては産卵の関係で近場に寄ってきて荒食いするため、カレイは投げ釣りのターゲット魚となっていますよね。

しかしながら、一般的に瀬戸内海では夏場、舟でカレイ釣りをする方はいらっしゃらないようです。
夏場に深場に落ちているのなら、狙ってなくても偶然に釣れても良いとは思うんですけどねぇ...。

だから、夏場は眠っているんです!!。(笑)
(それとも、太平洋の深海まで移動しているのかな...?)

太田さんは、このカレイを深い眠りからゆり起こしたんでしょうね。罪ですねぇ〜。(笑)



あくまでも個人的な意見ですが、私はカレイもシロギスと同じように引き釣りで釣っております。
数は少ないですが、30センチオーバーの実績もありますよ。^^

というか、シロギスを狙っていたら、たまたまカレイが釣れたというのが実態ですが、意外とカレイは積極的にエサに食いついてくるみたいです。

置き竿でじっと待つ釣りは、どうも...苦手です...。(汗)

[2853]2020年07月24日 (金) 20時54分

「鹿を追う者山を・・・・」

投稿者:小池

 置き竿釣りを「じっと待つ」と思うようではまだまだですね。
 古い話ですが、《釣りごろつられごろ》の#1458回を見られる人は観てむださい。
 山口県の笠佐島でのカレイ釣りですが、当時のディレクターや矢野寛樹アナウンサーが「カレイ釣りは待つ釣りかと思っていましたが、小池さんの釣りはフカセ釣りにも負けないくらいの手返しの速さですね!」と。

 「鹿を追うものは山を見ず・・・・」ではありませんが、先入観だけで自分の釣りを語るようではまだまだですね。

 置き竿釣りをする投げ釣り党の意見を代弁して。

[2859]2020年07月25日 (土) 20時59分

夏ガレイ

投稿者:齋藤

「夏眠」ですか!
なるほど、適水温から外れた夏場は活性も極端に落ちて省エネモードに入っているのですかね。

昔、釣り画報で連載されていた、江戸時代の釣り文化を紹介するコーナーで、東京湾干潟でのアオギスの「下駄釣り」についての文献が引用されており、
「下駄を履いて釣り場に移動するための、杖代わりに『やす』を用いて、ポイントに着くまでにコチやカレイを偶然突き刺してゲット出来ることが度々あった。」
という旨のことが書いてあったことを思い出しました。

このことからも、夏でも浅場にもいるが、砂に潜り「夏眠」しているーというのが、正解でしょうかね?

[2861]2020年07月26日 (日) 22時52分



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板