無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

文語で携帯メール

ホームページへ戻る

返信フォーム
名前:
メールアドレス:
本文:
ホームページ:
削除キー:

cookie:

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

タイトル:文語の品格 投稿者:冬将軍
下記ブログより引用させていただきます。
http://blog.livedoor.jp/k60422/archives/51364496.html


「風と共に去りぬ」は古い言葉遣いだからこそ品があるのであって、「風と共に去ってしまった」ではどこか響きが間抜けである。

「ツァラトゥストラはかく語りき」は「ツァラトゥストラはこう言った」では題なのかどうかすらわからない(もっとも、岩波文庫版は「ツァラトゥストラはこう言った」である)。

文語体は大体語数が短くなることが多い。凝縮して意味を伝えられるからこそ、文語は素晴らしいのである。
[32]2011年02月25日 (金) 14時36分
Pass
  投稿者:常陸山
「風と共に去りぬ」の翻訳者


『大久保 康雄(おおくぼ やすお、1905年5月1日 - 1987年1月12日)は、日本の翻訳家。
 日本における専門翻訳家の草分けである。

茨城県生まれ。本名・保雄。慶應義塾大学英文科中退。

大宅壮一のジャーナリスト集団に属して翻訳を修業、1937年にはヒトラーの『わが闘争』を訳したが、日本の悪口を書いてある部分は削除している。38年、『風と共に去りぬ』の完訳を、友人・竹内道之助の三笠書房から刊行、また41年頃には、竹内、宮西豊逸、小出節子らと霜月会を結成して同人雑誌に小説を書いていた。』

以上の情報は、下記サイトより貼り付けました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1332947493
[34]2011年03月02日 (水) 17時37分
Pass
  投稿者:冬将軍
トリノ・オリンピック金メダリスト荒川静香のイナバウアーにて一躍有名になりしプッチーニの歌劇「トゥーランドット」のカラフの詠唱のタイトルは、「誰も寝てはならぬ」。

いと格調高き表現にて御座候。
[40]2011年03月09日 (水) 11時24分
Pass


Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板