無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする
富士フイルムの年賀状印刷
FUJIFILMネットプリントサービス
2021年の年賀状印刷が安い!

文語で携帯メール

ホームページへ戻る

返信フォーム
名前:
メールアドレス:
本文:
ホームページ:
削除キー:

cookie:

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

タイトル:紅萌ゆる 旧制三高寮歌 投稿者:冬将軍

紅萌ゆる岡の花   三高逍遙の歌



澤村胡夷 作詞   k.y. 作曲





紅萌ゆる岡の花
早緑匂ふ岸の色
都の花に嘯けば
月こそかゝれ吉田山 


緑の夏の芝露に
殘れる星を仰ぐ時
希望は高く溢れつゝ
我等が胸に湧返る


千載秋の水清く
銀漢空にさゆる時
通へる夢は昆崙の
高嶺の此方ゴビの原


ラインの城やアルペンの
谷間の氷雨なだれ雪
夕は辿る北溟の
日の影暗き冬の波


嗚呼故里よ野よ花よ
ここにももゆる六百の
光も胸も春の戸に
嘯き見ずや古都の月


それ京洛の岸に散る
三年の秋の初紅葉
それ京洛の山に咲く
三年の春の花嵐


左手の文にうなづきつ
夕の風に吟ずれば
砕けて飛べる白雲の
空には高し如意ケ嶽


神楽ケ岡の初時雨
老樹の梢傳ふ時
檠燈かゝげ口誦む
先哲至理の教にも


嗚呼又遠き二千年
血潮の史や西の子の
榮枯の跡を思ふにも
胸こそ躍れ若き身に



希望は照れり東海の
み富士の裾の山櫻
歴史を誇る二千載
神武の兒らが立てる今


見よ洛陽の花霞
櫻の下の男の子等が
今逍遙に月白く
静かに照れり吉田山
[55]2011年08月08日 (月) 13時22分
Pass


Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板