U.N.C.L.E.Style BBS

ホームページへ戻る

117868

名前
メールアドレス
タイトル
コメント
URL
写真
編集パスワード   Cookie:  
文字色
RSS
虹のヲルゴオル 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月24日 (火) 16時22分  No.2264
 
先日話題になった橋本治さんですが他にどんな本を出してるのか調べたらこの本の表紙と題名が気に入って中古本を買いました。

13人の女優を独自の視点で分析し、たとえばオードリー・ヘプバーンは初めての舞踏会の似合う少女、マリリン・モンローはエロチックな表紙を付けられた若草物語、ジャンヌ・モローは不愛想な「への字」の知性 と言い放つ。
バーブラ・ストライサンドの章では美人がブスを演じれば「愛嬌」、美人じゃない女が美人じゃない女を演じれば「リアリティー」とは上手いこと言うもんです。
彼女は美人じゃないけれどユニークな顔立ちのとにかく歌の上手い人だと私は思っています。
"The Way We Were"が何とも切ない、1973「追憶」は大好きな作品です。

この本(文庫本ですが)は1991年発行でようやくインターネットが普及し始める頃、DVDはまだなくビデオの時代に「映画の友」をこよなく愛した映画少年だった氏がおそらく記憶と文献だけで面白おかしく綴っていてスゴイと思います。
この本ではほとんどが50年代の美女だけでしたがもっと最近の女優論も見てみたいものです。

なつかしい女優さん  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月25日 (水) 12時25分  No.2266
たちですね。この方はジャンヌ・モローのことはかなりお好きだったんじゃないかと。

私もこの方の本で黒沢明の用心棒を見たら、イーストウッドの荒野の用心棒は全部パクリだったことを知って、びーっくりしました
アリシアさんの新作 投稿者:こば     投稿日:2017年01月24日 (火) 12時56分  No.2262
 
「光をくれた人」原題 The light between oceanが、2017年春公開になります。リリーのすべては上映する映画館が遠すぎて行けなかったので、今度は近くで上映してほしいな。

邦題決まってたのですね  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月24日 (火) 15時37分  No.2263
こばさん、ありがとうございます。

公式サイトで上映劇場を見たら全国で6館しかありません、1/20現在ですが・・。
この感動作はどうしても観たいですね。

もう前売り販売開始?  投稿者:れんか    投稿日:2017年01月24日 (火) 21時55分  No.2265
春公開・・・の春っていつ頃を指すのでしょうか?3月?4月?

前売りの販売は早くからあるのですね
PRISM 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月11日 (水) 21時17分  No.2253
 
というステファニー・パワーズさん出演の新作が現在製作準備中とか・・。

共演がロバート・ワグナーですが80年代のTVドラマ「探偵ハート&ハート」でも二人は共演してましたよね。
お二人ともお元気で何よりです。
NCISではダッキーのお父さん役だったし「タワーリング・インフェルノ」ではヴォーンさんと共演してたし、彼も準アンクルファミリーに加えましょうか。

更にこのPRISMの監督がトニー・タランティーノというタラちゃんの実のお父さんだそうで、公開されたら是非観なくては。

私も新年早々風邪ひいてしまいましたがvadimさん、皆さんもどうぞご自愛されて下さい。

ロバート・ワグナー、ダッキーの  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月11日 (水) 22時10分  No.2254
パパ?知らなかった・・・

タラちゃんの実のお父さんが監督?

知らない事ばっかりだ・・・!!!

RE:  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月11日 (水) 22時34分  No.2255
スミマセン、間違えました。

ダッキーじゃなくてディノッゾのお父さんでした。

なんかご無沙汰しちゃってましたが・・・  投稿者:れんか    投稿日:2017年01月15日 (日) 21時13分  No.2257
今年もよろしくお願いいたします。
今日も寒いですね〜。皆さんお加減はいかがですか?

ところでこのタラちゃんパパの話、私もまぁ〜ったく知りませんでした。

でも疎遠になっていたパパのようで、タラちゃんとは仲悪そうです。

メディタレニアン・ブルーというパパ出演作?はツタヤディスカスにありましたよ。

これは日本公開ありなのかな? パパは2016年中の米公開を目指していたそうですが・・・どうなったんだろう?
タラちゃんパパは青目なのですね。

タラちゃんパパ情報です。  投稿者:れんか    投稿日:2017年01月15日 (日) 22時35分  No.2258

記事書いちゃった!

http://lenechen-lenechen.blogspot.jp/2017/01/blog-post_15.html

読ませていただきました  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月15日 (日) 23時37分  No.2259
ほんとに、有名になった息子に乗っかってる感じ?!

そういう親、ほかにもいっぱいいますよね・・・

タラちゃんの本を持ってますが(もちろん邦訳)、子供時代は映画オタクの息子を、ママが一生懸命働いて養っていたみたいでしたよ。映画制作で才能を発揮して、ママ、とてもほっとして自慢の息子になったみたいでした・・・

私もこんなお父さんの作品は、見る気がちょっとなえるのですが、ステファニー・パワーズとロバート・ワグナーが出演、とはねえ・・・どうなっているのでしょうか?どんなものでも出なきゃならないお二人ではないでしょうに、現場ではそれなりのおぜん立てがなされている作品だってことなんでしょうかね?

ちなみにハート&ハートは、今は亡きシドニー・シェルダン、プロデュースです。(かわいい魔女ジニーの生みの親)

ところで、タラちゃんは映画監督は10本撮ったら、終わるって宣言してるんですよね。監督作品、もうそろそろ10本に近づくかしらん・・・さびしいな

私も読ませて頂きました  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月16日 (月) 13時26分  No.2260
息子が有名になって誇らしい反面 妬みもあるのか、ちょっと大人げない気がしますね。
ナポソロ大好き人間のタラちゃんに私ももちろん味方します。
いつも詳しく解説してくれる れんかさんには感謝です!

タラちゃんはマカロニウエスタン音楽の巨匠エンニオ・モリコーネとも親交が深く「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のパンフルートの曲をキルビルでも使ってましたね。
一時はあまりに過激な暴力描写にモリコーネはもう作らないと険悪な関係になったようですが「ヘイトフル・エイト」でまた作曲し和解したようで良かった良かった、御年88歳お達者で・・。

そういえば「キル・ビル3」も噂がありましたがどうなったんでしょうね。

ヘイトフルエイトで  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月16日 (月) 15時34分  No.2261
モリコーネ氏、アカデミー作曲賞を初受賞したんですよね!よかった!!!
タラちゃんは、マカロニウェスタンのころからモリコーネ音楽のファンですし
エジプシャン・シアター 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月14日 (土) 07時34分  No.2256
 
というハリウッドの劇場で昨日今日と「ブリット」「荒野の七人」が35mmで上映されるようです。
http://losangeles.carpediem.cd/events/2084143-bullit-the-magnificent-seven-35mm-at-egyptian-theatre/

ヴォーンさんへのオマージュで企画されたと思いますが、粋ですね。
ハリウッド in ウィーン 投稿者:vadim    投稿日:2017年01月11日 (水) 17時02分  No.2252
 
って、素敵ですね・・・

年末、お正月と、あれこれ頑張っていたら体調を崩してしまいました・・・回復したら、うちでもどんなものが聞けるかチェックしてみます。

情報ありがとうございました
どうでもいい人にはどうでもいい話ですが。 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月09日 (月) 19時00分  No.2249
 
毎年元日は「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」を観ており今年の指揮者はベネズエラ出身のグスターボ・ドゥダメルという何度聞いても覚えられない名前の人でした。
演奏は素晴らしかったのですがひとつどうしても気になることがあって・・。

カメラが一人の観客、緑のドレスのひときわ目立つ綺麗な女性を何度も映すのです。
映画女優か向こうの有名人かな?と気にはなってましたが今日録画したのを再見したらやはり気になり誰だろうと一所懸命検索したら他にも気になった人がいたみたいでちゃんと答えを出してくれていました。
彼女は指揮者の現在のパートナーでマリア・バルベルデというスペインの映画女優とのこと。
彼女がエヴァ・グリーンと共演した2009「汚れなき情事」を今度ぽすれんでレンタルしようかな・・。

今の時代、知りたいことは検索すればたいていのことは分かるんですね。

調べたら  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月09日 (月) 20時56分  No.2250
けっこうエロチシズム映画・・・に出てるんですね。
きれいな女優さんですね。

私も年始は録画したクラシック番組を見て、心洗われてしまいました!

日本の音楽家もすごい、レベル高いなー、と感心しました・・・

クラシックと言えば  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月10日 (火) 20時23分  No.2251
昨年11月にスカパー契約者特典で約20日間全チャンネル無料だったのでクラシカジャパンも観ました。
年1回だけ開催される「ハリウッドinウィーン2011」も運よく再放送を観ることが出来、会場はアカデミー賞並にレッドカーペットまで敷かれ「E.T.」「ハリー・ポッターシリーズ」「風と共に去りぬ」など夢のようなコンサートを楽しませてもらいました。
個人的には「ゴッドファーザー」「ダーティハリー」「燃えよドラゴン」、ラロ・シフリンが自らピアノを弾いた「マニックスのテーマ」などの演目の「ハリウッドinウィーン2012」の方を観たかったのですが・・。
このチャンネルは視聴料3,240円と高くてとても契約はムリなのでまた11月を待ちたいと思います。

映画音楽とクラシックがお好きであれば"CINEMIX"というインターネットラジオがお勧めです。
以前ここで何度も紹介しましたが映画音楽のクラシカルな演奏が無料でしかも高音質、24時間シームレスに放送され耳に優しいのでBGMにも最適です。
今も聴きながら書いてますが、iTunesがあればインターネットラジオから検索し、PCだと"CINEMIX"で検索しホーム画面から、スマホはアプリをインストールして聴いて下さい。
私も結構映画好きですが知ってる曲は3時間に1曲あるかないかの膨大な曲数です。
ただ以前何度かしばらくの間アクセスできなくなったことがあり、USサイトなので日本や他国からのアクセスがあまり多すぎるとまた拒否される可能性はなきにしもあらずですが・・。
ハッピーニューイヤー🎍 投稿者:こば     投稿日:2017年01月07日 (土) 16時26分  No.2246
 
年末にAmazonに注文したコードネームの写真が届きました。A4サイズなのでよくわかる……カヴィルソロさんのスーツの色が何か違うような…色違いの衣装が用意されてたのかな…?ヴィクトリアさんも、この写真で見ると首飾りをしているので、この後ソロさんが擦ったということ…ソロさんのスーツやヴィクトリアさんのドレスやらアクセサリーは、凄い値段だろうな…きっと。

アマゾンで探したら  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月08日 (日) 08時29分  No.2247
見つけました。
A4だと所有感ありますね。

そういえば先日ファミマに行ったらコードネームの安価なDVDが売られていました。
たしか950円位だったような・・。
なんか寂しい気持ちがします。

ガイリッチーの  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月08日 (日) 09時25分  No.2248
ロックンローラのDVDを購入したら、コードネームのポストカードが入っていましたよ...
あのころは、これから出るコードネームのDVDの宣伝の意味もあったのかなー、と思いました。

あけましておめでとうございます 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月01日 (日) 09時22分  No.2245
 
皆様にとりましても佳い年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
こちらは何年振りかで雪のない暖かな元日になりました。

今年一年穏やかな年になりますように・・。
御礼 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月30日 (金) 06時12分  No.2244
 
皆様には今年も大変お世話になりありがとうございました。

今年は悲しい年になってしまいましたが来年は明るい話題がたくさんあるといいですね。
どうぞ良い年をお迎え下さい。
荒野の七人が 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月29日 (木) 07時19分  No.2243
 
BS朝日で1/4に放送されます。

追悼放送と思いましたが「マグニフィセントセブン」1/27劇場公開直前の特番でした。
第1作から第4作まで4日間吹替え版の連続放送で4作目はステファニー・パワーズが出ています。

テロップでもいいからご冥福をお祈りします・・と出ればいいですね。


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板