U.N.C.L.E.Style BBS

ホームページへ戻る

114647

名前
メールアドレス
タイトル
コメント
URL
写真
編集パスワード   Cookie:  
文字色
RSS
どうでもいい人にはどうでもいい話ですが。 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月09日 (月) 19時00分  No.2249
 
毎年元日は「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」を観ており今年の指揮者はベネズエラ出身のグスターボ・ドゥダメルという何度聞いても覚えられない名前の人でした。
演奏は素晴らしかったのですがひとつどうしても気になることがあって・・。

カメラが一人の観客、緑のドレスのひときわ目立つ綺麗な女性を何度も映すのです。
映画女優か向こうの有名人かな?と気にはなってましたが今日録画したのを再見したらやはり気になり誰だろうと一所懸命検索したら他にも気になった人がいたみたいでちゃんと答えを出してくれていました。
彼女は指揮者の現在のパートナーでマリア・バルベルデというスペインの映画女優とのこと。
彼女がエヴァ・グリーンと共演した2009「汚れなき情事」を今度ぽすれんでレンタルしようかな・・。

今の時代、知りたいことは検索すればたいていのことは分かるんですね。

調べたら  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月09日 (月) 20時56分  No.2250
けっこうエロチシズム映画・・・に出てるんですね。
きれいな女優さんですね。

私も年始は録画したクラシック番組を見て、心洗われてしまいました!

日本の音楽家もすごい、レベル高いなー、と感心しました・・・

クラシックと言えば  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月10日 (火) 20時23分  No.2251
昨年11月にスカパー契約者特典で約20日間全チャンネル無料だったのでクラシカジャパンも観ました。
年1回だけ開催される「ハリウッドinウィーン2011」も運よく再放送を観ることが出来、会場はアカデミー賞並にレッドカーペットまで敷かれ「E.T.」「ハリー・ポッターシリーズ」「風と共に去りぬ」など夢のようなコンサートを楽しませてもらいました。
個人的には「ゴッドファーザー」「ダーティハリー」「燃えよドラゴン」、ラロ・シフリンが自らピアノを弾いた「マニックスのテーマ」などの演目の「ハリウッドinウィーン2012」の方を観たかったのですが・・。
このチャンネルは視聴料3,240円と高くてとても契約はムリなのでまた11月を待ちたいと思います。

映画音楽とクラシックがお好きであれば"CINEMIX"というインターネットラジオがお勧めです。
以前ここで何度も紹介しましたが映画音楽のクラシカルな演奏が無料でしかも高音質、24時間シームレスに放送され耳に優しいのでBGMにも最適です。
今も聴きながら書いてますが、iTunesがあればインターネットラジオから検索し、PCだと"CINEMIX"で検索しホーム画面から、スマホはアプリをインストールして聴いて下さい。
私も結構映画好きですが知ってる曲は3時間に1曲あるかないかの膨大な曲数です。
ただ以前何度かしばらくの間アクセスできなくなったことがあり、USサイトなので日本や他国からのアクセスがあまり多すぎるとまた拒否される可能性はなきにしもあらずですが・・。
ハッピーニューイヤー🎍 投稿者:こば     投稿日:2017年01月07日 (土) 16時26分  No.2246
 
年末にAmazonに注文したコードネームの写真が届きました。A4サイズなのでよくわかる……カヴィルソロさんのスーツの色が何か違うような…色違いの衣装が用意されてたのかな…?ヴィクトリアさんも、この写真で見ると首飾りをしているので、この後ソロさんが擦ったということ…ソロさんのスーツやヴィクトリアさんのドレスやらアクセサリーは、凄い値段だろうな…きっと。

アマゾンで探したら  投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月08日 (日) 08時29分  No.2247
見つけました。
A4だと所有感ありますね。

そういえば先日ファミマに行ったらコードネームの安価なDVDが売られていました。
たしか950円位だったような・・。
なんか寂しい気持ちがします。

ガイリッチーの  投稿者:vadim    投稿日:2017年01月08日 (日) 09時25分  No.2248
ロックンローラのDVDを購入したら、コードネームのポストカードが入っていましたよ...
あのころは、これから出るコードネームのDVDの宣伝の意味もあったのかなー、と思いました。

あけましておめでとうございます 投稿者:ishisan    投稿日:2017年01月01日 (日) 09時22分  No.2245
 
皆様にとりましても佳い年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
こちらは何年振りかで雪のない暖かな元日になりました。

今年一年穏やかな年になりますように・・。
御礼 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月30日 (金) 06時12分  No.2244
 
皆様には今年も大変お世話になりありがとうございました。

今年は悲しい年になってしまいましたが来年は明るい話題がたくさんあるといいですね。
どうぞ良い年をお迎え下さい。
荒野の七人が 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月29日 (木) 07時19分  No.2243
 
BS朝日で1/4に放送されます。

追悼放送と思いましたが「マグニフィセントセブン」1/27劇場公開直前の特番でした。
第1作から第4作まで4日間吹替え版の連続放送で4作目はステファニー・パワーズが出ています。

テロップでもいいからご冥福をお祈りします・・と出ればいいですね。
最近は 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月27日 (火) 14時42分  No.2241
 
映画・ドラマからしばらく遠ざかっています。
デス妻はHuluでシーズン7の途中まで観てましたが近所に住む娘に泣く泣く譲り(1アカウントで同時に見れないので)、その代りBS1でバドミントン女子ダブルスやGAORAチャンネルでVプレミアリーグ女子にまったりハマっています。
正月明け早々1/7-8は秋田県立体育館で東レ・日立・JT・トヨタの試合があるのでこぞって応援しに行きます。引退表明した東レの木村沙織と日立のリベロ佐藤あり紗のプレーを間近で見るのが楽しみです。

24 Twenty Fourの新作「24:レガシー」がFOXチャンネルで2/7から放送開始する(米とほぼ同時)情報をキャッチしました。
キーファー・サザーランドは登場せず製作総指揮に回り、ジャック・バウアーに代わる新たな主人公エリック・カーターその他ほとんどが新キャストでどんな出来栄えかこれまた楽しみです。

BBSからもしばらく遠ざかってましたがこんなとこが私の近況です。

4D  投稿者:アンクル・カービン    投稿日:2016年12月27日 (火) 16時23分  No.2242
4Dでバイオハザードファイナル観ました。
3Dだけでなく、座席の振動、足元のザワザワ、風、匂い、水まで飛び出して大変です。普通の映画の倍くらいの値段とはいえ十分に楽しめました。
これまでバイオハザードにはモヤモヤさせられっぱなしでしたが、ファイナルですっきり。満足です。
では、ishisanみなさん良いお年を!
スクリーンを立ち読みしたら 投稿者:こば     投稿日:2016年12月21日 (水) 18時26分  No.2238
 
ヴォーンさんの訃報が小さい記事だったけど載ってました。先月号に載るのかな?と思っていたけど、なかったから忘れられたの…?と思ったけど今月号にあったから、ホッとしたと言うのか、改めてご冥福をお祈りします。このところカヴィルソロさんいいな…と思って、ヴォーンさんの事、わすれがちだったけど、カヴィルソロさんの根っこにあるのはヴォーンさんのソロさん。忘れちゃダメ!(>_<)

映画秘宝にも  投稿者:天田三平    投稿日:2016年12月25日 (日) 19時52分  No.2239
映画秘宝今月号を見て知りました。グリーンホーネットのヴァンウィリアムスも お亡くなりになられたそうで 。因みに映画秘宝では
荒野の七人の特集が組まれてます。ご冥福をお祈りします。

ヴァン・ウィリアムズ  投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月26日 (月) 15時40分  No.2240
名前までは存じ上げてなかったのですがご冥福をお祈り致します。
あの頃の俳優さんが次々と亡くなっていくのは淋しい限りです。
映画秘宝は本屋で立ち読みするくらいですが天田さんはずいぶんマニアックですね。

昨日はワム!のジョージ・マイケルさんが亡くなり、25年前に夢中になったJWP女子プロレスのテーマソングに使われた"Heartbeat"を思い出します。
合掌!
橋本治 著 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月12日 (月) 15時04分  No.2232
 
30年前にこんな本が出てたんですね。
題名のダジャレが何とも可笑しい!

幸運にもヤフオクを今覗いたら両方とも出品されています。
入札しようかな、どうしようかな・・。

  投稿者:こば     投稿日:2016年12月12日 (月) 18時33分  No.2233
本屋さんで見たことがある。著者は、別にナポレオン・ソロが好きなわけじゃない…とか書かれていたけど。デビット100コラムの続きがロバート本で、こんな表紙じゃなかった。

この本の表紙が・・・  投稿者:れんか    投稿日:2016年12月12日 (月) 22時13分  No.2234
等身大スタンドにもなったあの写真の二人なのになんだか爆笑してしまいました。

やっぱ一番よく知れた写真だったのでしょうか?

ヴォーンさんが白くつ下に木靴と言われ続けているつっかけみたいなのはいたままの。

等身大スタンド(ポスター?)ってご存知でした?  投稿者:れんか    投稿日:2016年12月12日 (月) 22時23分  No.2235
数年前にアンクルエージェンツでめっちゃくちゃ盛り上がっていたのですが、今でもまだ売ってるようです。

リンク張ってるので・・・めちゃ古い記事ですが。
http://lenechen-lenechen.blogspot.jp/2013/04/blog-post.html

買ってみました  投稿者:vadim    投稿日:2016年12月20日 (火) 15時11分  No.2237
作者の橋本氏は、私はほとんど知らなかったのですが桃尻娘を書いた方で、1948年生まれでナぽソロ世代ではあります。でも、このデビッド100コラムとロバート本を書かれたのは1984年くらいです。

そのころまだ日本ではコラムという形式がまだそんなに定着してなくて?橋本氏は旧態然とした日本の文壇や読者の感覚が嫌い?だったので、もうちょっと気の利いたものにしたい・・・?というか、コラムという、著者&読者がある程度の当たり前の情報知識を頭に入れている上で初めて書いて読まれることが成立するコラムというものの本を出版することにした?みたいです。(私の理解、違ってるかもわかりませんが)

その1984年頃に大人として生きている日本人にとって橋本氏から見て当然知ってる名前として、デビッド・マッカラムとロバート・ボーンがあったみたいで・・・
最初単行本は1100円で、それは0011のダジャレだった・・・とか、あるんですが・・・

こばさんのおっしゃるとおり、作者はナぽソロのファンとかじゃないのですが、かなりかなり知的な方で、様々な話題に・・・ああ!なるほど!と思う事もあり(日本では天才!という事ばかり言われるミケランジェロとダヴィンチのホモという視点から見た話、とかほかにもいろいろ)、名前だけ知っていて見ていない映画を、今度これは、レンタルしてみよう、と思ったり、読もうと思って読めてなかった本を、本当に死ぬまでに、ていうか早めに読もう、と改めて思ったり、有名だけど面白く無さそうだ・・・と想像していた本が、本当に私好みじゃなさそうなので、読まなくていいや、と改めて再確認したり・・・と、いろいろ目の開かれる本でした!
ヴォーンさんを追悼して 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月20日 (火) 07時29分  No.2236
 
イラストを描いてくれた日本のファンの方がいます。
勝手に画像を拝借してゴメンナサイ!

カラーの方はスクリーン特集号1冊目の見開きの白黒写真で初めて見てあまりのカッコ良さに痺れ、私もMGCのアレを手にして真似したものです。
イラストでは無地ですがあのチェック柄のグレーのスーツはソロさんの定番でしたよね。
明日であれから1ヵ月 投稿者:ishisan    投稿日:2016年12月10日 (土) 07時36分  No.2229
 
早いですね、と言うより私にとってはとても長く感じられ胸にぽっかり開いた穴をいつまでも埋めることが出来ずにいます。
1ヶ月経つというのに追悼番組はどこでもやってくれなくてとても残念です。

今頃ヴォーンさんは天国で荒野の七人の仲間たちとワイワイ賑やかにビールでも飲んでるのでしょうか。
マックィーンとは映画論について難しい議論を始めたりするのでしょうか。
「おお、ソロ君か!」と課長が近寄ってきたりナタリー・ウッドと再びロマンスの花咲いたりマリリン・モンローに今度こそはと胸ときめかせているかもしれません。

・・そんなことばかり考えています。

残念  投稿者:アンクル・カービン    投稿日:2016年12月11日 (日) 19時40分  No.2230
ナタリー・ウッドとのロマンスありましたねー。詳しい顛末はeigomamaさんのブログで知りました。それにしても追悼番組なくてホントに残念です。スカパーはどこも再放送ばかりですからナポソロの映画一本くらいやってもよさそうですが…
DVDで「ミニコプター作戦」でも観ようかな。

そういえばスターチャンネルも  投稿者:れんか    投稿日:2016年12月11日 (日) 22時21分  No.2231
今年亡くなった方の追悼放映やると言って数点あげてましたが、俳優だったり、監督だったり、アラン・リックマンやアントンイェルチン、なんか統一性もないし、彼らが出てるというだけで主演でもなかった映画だったり、ピント来ない特集なのですが、そこにもヴォーンさんはありませんでした。

拙宅はなぜかヴォーンさんが亡くなった後、NCIS関連記事のアクセスがえらく増えています。

関係はあるのかないのか…わかりませんが。


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板