尾崎紀世彦ワールド談話室

皆様が御存知の事を教えてください。研究室の記事にさせていただくかもしれません。
質問も御投稿ください。プライベイト過ぎる内容等は削除します。

音源交換やビジネス系HPの掲載はご遠慮ください。

研究室へ戻る


御投稿
投稿者
タイトル
内容
重要度


投稿:「THE 夜もヒッパレ」の視聴方法
投稿者: mairach


同じ質問が以前に出ていたらごめんなさい。

さて質問があります。
「THE 夜もヒッパレ」をアーカイブまたはオンディマンドで観たいと思っているのですが、日テレプラス(スカパー経由)でしか見られないのでしょうか?Huluみたいなストリーミングサイトで尾崎さんが出演している回を全部みたいと思いずーと探しているのですが、見つかりません。助言を頂けると凄く嬉しいです:)

よろしくお願いいたします。

記事番号:1892

重要度:☆★☆

2020年10月24日 (土) 17時50分 投稿に対して返信する

返信:「THE 夜もヒッパレ」の視聴方法
投稿者: kumiko


今のところYouTube等で探すしかないようです。
もしくは研究室の「夜もヒッパレ」のカテゴリーページを見てください。
http://blog.livedoor.jp/kumiko2004/archives/cat_10027223.html
以前はファミリー劇場で再放送を少ししていたのですが。

記事番号:1893

重要度:☆

2020年10月24日 (土) 18時33分

返信:
投稿者: mairach


kumikoさま

お返事ありがとうございます。


>今のところYouTube等で探すしかないようです。

そうなんですね。😢。
懲りずに色々探してみます。

記事番号:1895

重要度:☆

2020年10月24日 (土) 20時19分




投稿:筒美京平さん
投稿者: kumiko


本日23日夜9時からのNHKニュースウオッチに
「作詞家・松本隆さんがしのぶ筒美京平さん」というコーナーがあります。

記事番号:1887

重要度:☆

2020年10月23日 (金) 20時50分 投稿に対して返信する

返信:松本隆さんに感謝です
投稿者: hitomi


ニュースウォッチ、観ました!
キヨさん登場しましたね (^^)
ヒット曲を作ることにこだわった筒美さんと、ご自分の音楽性を貫いた松本さんは正反対のお二人だったんですね。
天才ヒットメーカーの筒美さんでも一度だけ「やめようかな」とおっしゃったというお話しに驚きましたが、それを救ってくれたのが松本隆さんだったということに感動しました。
筒美さんが曲作りをやめてしまっていたら、名曲の数々にめぐり会えなかったので、松本隆さんに感謝します。

記事番号:1888

重要度:☆

2020年10月23日 (金) 22時07分

返信:松本隆さんに感謝です
投稿者: kumiko


本当に松本隆さんに感謝します。
「(ヒットさせることに)そんなに責任を負わなくていいんじゃないの」というのは、筒美さんにとっては救いの言葉だったかもしれません。
おふたりは正反対だからこそ、お互いに得るものも多かったかもしれませんし、いいバランスがとれたのかもしれません。
YouTubeにアップされましたので研究室の記事にしました。

記事番号:1890

重要度:☆

2020年10月24日 (土) 15時59分

返信:
投稿者: kamome


10/31(土)21時〜の「NHKスペシャル」でも筒美さんの名曲の数々はいかにして生まれたのか…という特集『“時代の色”を感じたい 作曲家・筒美京平」』がオンエアされますね。
松本隆さんはじめ関係者の独占取材で構成されるようです。
https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/QLVZWJJLY4/

記事番号:1894

重要度:☆

2020年10月24日 (土) 18時44分

返信:
投稿者: kumiko


kamome様
放送情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。

記事番号:1896

重要度:☆

2020年10月24日 (土) 23時17分




投稿:YouTube「夜のヒットスタジオ」
投稿者: kumiko


既出ですが「夜のヒットスタジオ」がYouTubeにアップされました。
https://www.youtube.com/watch?v=YZEh8D5YxUk
7分37秒頃からです。

記事番号:1886

重要度:☆

2020年10月22日 (木) 11時57分 投稿に対して返信する




投稿:AERAの記事
投稿者: kumiko


AERAに「追悼・筒美京平 昭和を代表する作曲家の仕事に洋楽文化の“翻訳”という役割を考える」
という記事がありましたが、「また逢う日まで」についても以下のように書いてありました。

「『また逢う日まで』は尾崎紀世彦の素晴らしい歌唱力によるサビが特徴的な曲だが、よく聴くとドゥーワップのようなコーラスが多く採り入れられていて、ブラック・ミュージック・テイストがアレンジのテーマになっていることに気づく。」

そして記事タイトルにもある”翻訳”について、以下の記述がありました。

「作曲家として頭角を現す前、筒美がレコード会社の日本グラモフォン(当時)で洋楽ディレクターだったことは有名だ。青山学院大学時代、軽音楽部でジャズに傾倒していたこともあり、筒美の感覚と耳は海外ポピュラー音楽に慣れてしまっていた。現在は歌謡曲のコンポーザーとして認識されている筒美だが、彼自身は当時としては筋金入りの洋楽リスナーだったのだ。日本の流行歌を作曲するにあたり、それまで親しんできたジャズなどの洋楽や、英米のヒット・ポップスをどう“翻訳”するのか。もしかすると、キャリア序盤から中盤あたりは、それが彼のミッションだったのかもしれない。その意味では、舶来文化を日本に伝播させる紹介者的な側面……いや、海外文化に対する評論家的な側面も持った作曲家だと言える。」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5793ff227841fab92e44563495232dbc14d4f588?page=2

記事番号:1884

重要度:☆

2020年10月20日 (火) 23時00分 投稿に対して返信する




投稿:カラオケ映像
投稿者: kumiko


赤いセーターのカラオケ映像です。既に見た方は多いと思いますが。
https://www.youtube.com/watch?v=dSE_UqDpCZU

キヨさんの歌声ではないので無音にしましたm(__)m
キヨさんの声でしたら永久保存版ですね。

記事番号:1883

重要度:☆

2020年10月20日 (火) 12時19分 投稿に対して返信する




投稿:週刊女性
投稿者: kumiko


週刊女性の記事がネットにありました。
筒美京平さんはプライベイトでは趣味が多彩(テニス、ワイン、ジム、旅行等)でアクティブで、知れば知るほど魅力的な方です。
「何をやってもプロ級」というところがキヨさんと同じでした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b971f58fd239d37f50b5aaad1d49bfcd0971fee?page=1

記事番号:1882

重要度:☆

2020年10月20日 (火) 12時05分 投稿に対して返信する

返信:キヨさんと共通点
投稿者: hitomi


読ませてもらいました!
ホントですね!キヨさんと共通点を感じます♪
「まったく嫌味がないし人の悪口を言っているのを聞いたこともない。インテリでカッコいいし奥ゆかしい。そんな男になりたいと憧れました」と日音の元会長の恒川さんの言葉がありましたね。
男の人に憧れるところも、キヨさんと共通点ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

記事番号:1889

重要度:☆

2020年10月23日 (金) 22時43分

返信:キヨさんと共通点
投稿者: kumiko


筒美さんとキヨさんの共通点が不思議なほど見つかりますね。
とても魅力的なおふたりです。

記事番号:1891

重要度:☆

2020年10月24日 (土) 16時02分




投稿:ランキング
投稿者: ロビン


声楽家でボイストレーナーの方が選んだ歌が上手い男性歌手TOP5のYoutubeです。キヨさんは3位でそれはまあという所ですが、声の出し方とかを解説されていて、クラシック、オペラ歌手としても成功されたのではないかと仰っています。尾崎紀世彦という方を存じ上げなかったと言われているのは一寸不満ですが・・

https://www.youtube.com/watch?v=wG0-u_ztLMo

記事番号:1881

重要度:☆

2020年10月20日 (火) 11時28分 投稿に対して返信する




投稿:ひるのいこい
投稿者: アクエリアス


私が昼休みに毎日ニュースの後に聴いている
NHKラジオ「ひるのいこい」12時20分〜30分
今週は筒美京平さんの楽曲が一曲かかります。

今日はなんといきなりあのイントロが流れたのですが少し違和感があり。
なんと紹介されたのはズー・ニー・ヴーの「ひとりの悲しみ」でした。
なんで?と思いましたが「また逢う日まで」の前に発表された曲なので当然かなとすぐに納得。
明日からのNHKの選曲が楽しみです。

聴き逃しサービスあり
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0456_01


記事番号:1880

重要度:☆

2020年10月19日 (月) 22時57分 投稿に対して返信する




投稿:日経新聞 & 『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』
投稿者: kumiko


本日10月19(月)の日経新聞36面に酒井政利プロデューサーの寄稿「時代作った孤高の作曲家」がありました。興味深いエピソードが色々書いてあります。
「また逢う日まで」についての記述はありませんが、文章の最後が『京平さん、良い曲をありがとう。また逢う日まで。』でした。


そして別件ですが、『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』に酒井政利さんがゲスト出演しています。
↓radiko(10月20日 18:10まで)
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20201017050000
筒美さんについては1時間28分40秒頃からで、
酒井さんのトークは1時間44分頃からです。興味のある方はどうぞ。

記事番号:1879

重要度:☆

2020年10月19日 (月) 17時58分 投稿に対して返信する




投稿:日刊スポーツのサイト
投稿者: harumi


日刊スポーツ
天才ヒットメーカー・筒美京平さんの足跡/写真特集
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202010120000580.html

キヨさんは2枚掲載されています。
71年8月、71年7月朝丘雪路さんと。

記事番号:1876

重要度:☆

2020年10月19日 (月) 08時59分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


harumi様
情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。
すばらしい写真ですね!

記事番号:1878

重要度:☆

2020年10月19日 (月) 11時33分




投稿:bayfm78
投稿者: bojobojo


9の音枠 クリス松村さん
尾崎紀世彦 LOVERS & FOOLS
2020年10月15日(木) 22:48から

http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20201015213950

記事番号:1875

重要度:☆

2020年10月19日 (月) 08時54分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


bojobojo様
情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。

記事番号:1877

重要度:☆

2020年10月19日 (月) 11時32分




投稿:村下孝蔵さん
投稿者: kumiko


「レコード大賞 〜 筒美京平コレクションA」に
以下の記述がありました。

『村下孝蔵の追悼コンサートに渡辺真知子が出演したときに語ってくれたエピソード。

 渡辺真知子のラジオ番組にゲストで出演した村下孝蔵を誘い、評判のラーメン屋に出かけると、そこには先客で尾崎紀世彦がいた。

 村下孝蔵は尾崎の熱烈なファンで、やがて意気投合した二人は、村下のギターで「また逢う日まで」を熱唱(もちろん渡辺真知子も加わった...)。』
https://ameblo.jp/utrillo-714/entry-12632140607.html
(レコ大歌唱と受賞シーンの動画もアップしてあります)

村下孝蔵さんがキヨさんの熱烈ファンだったとは知りませんでした。「初恋」や「踊り子」など大好きです。その時の「また逢う日まで」のギターを聴きたかったです。ちなみに私の叔母のお墓(茨城)のすぐ近くに村下孝蔵さんのお墓があって、墓石の横にギターを弾いているお地蔵さまがいました。

記事番号:1874

重要度:☆

2020年10月18日 (日) 14時09分 投稿に対して返信する




投稿:朝日新聞 
投稿者: akiko k


10月18日「筒美京平さんを偲ぶ」文化欄に大きく掲載されていました。作曲家・都倉俊一さんの寄稿です。
「こうきたか!」「やられた」京平さんと同じ時代にいて競い合うとき、そういうことがしょっちゅうありました。
という書き出しで、
『尾崎紀世彦の「また逢う日まで」に至っては、声量があればあるほど生きるようなメロディーに仕立てて、彼の歌唱力を100%使い切るような歌にした。』
と尾崎さんの歌唱について書かれていました。

記事番号:1871

重要度:☆

2020年10月18日 (日) 08時15分 投稿に対して返信する

返信:朝日新聞
投稿者: kumiko


akiko k様

情報をいただきありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。

記事番号:1873

重要度:☆

2020年10月18日 (日) 12時23分




投稿:アオガクプラス
投稿者: harumi


筒美京平さんが卒業した青学のサイト、アオガクプラスに筒美京平さんの追悼記事として2009年の特別インタビューが掲載されています。

好きな作品とそれらは詩と曲のどちらが先かと問われ、『また逢う日まで』と『さらば恋人』(曲が先)、『木綿のハンカチーフ」(詩が先)と答えています。

https://aogakuplus.jp/story/20201013_01/

『また逢う日まで』はキヨさんのために書かれた作品ではないですが、筒美京平さんが好きな曲が、キヨさんの声と阿久悠さんの詩に出会ったことで、名曲と言われる作品になったと考えると、このめぐり合わせに感謝しかありません。

記事番号:1869

重要度:☆

2020年10月17日 (土) 23時32分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


harumi様

情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。

記事番号:1870

重要度:☆

2020年10月18日 (日) 00時04分




投稿:テレビ朝日「中居正広ニュースな会」
投稿者: tammy


お昼直前に気がついて急いで録画予約。
現在放送中です。

録画中なのでまだ頭から再生できないのですが「また逢う日まで」についての解説とキヨさんの歌っている動画も出ました。

テレビ朝日 12:00〜13:30

記事番号:1868

重要度:☆

2020年10月17日 (土) 12時42分 投稿に対して返信する




投稿:筒美京平作品 イントロ
投稿者: etsuko


10月16日(金)TBSラジオ 6:30〜8:30
「森本毅郎 スタンバイ!」
  <現場にアタック・金曜日恒例サラリーマンの声>
  (筒美京平さんの曲で)
  「イントロがパッと浮かぶ曲はありますか?」

予想通り「また逢う日まで」の声が一番多く、
コーナーの最後に、イントロ部分だけではなく、
ほぼ曲の終わりまでかかりました。
この番組で音楽が流れるのは、大変珍しいと思います。

昨日の「荻上チキ・Session」に引き続き、イントロの話題でしたが、まさに「イントロ ザ ジャイアント オブ ジャイアント」です♪

記事番号:1866

重要度:☆

2020年10月16日 (金) 21時55分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


etsuko様

情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。

記事番号:1867

重要度:☆

2020年10月16日 (金) 23時23分




投稿:筒美京平さんの追悼記事より
投稿者: kumiko


mixiのページに以下の記述がありました。

「『また逢う日まで』や『魅せられて』のように、歌手にはまるでオペラ歌手のように朗々と歌わせておいて、伴奏はたくさんの音で心の中身を演奏させます。『また逢う日まで』の尾崎紀世彦の歌唱は、まるでイタリアのオペラ作曲家ヴェルディのバリトンソロのようですが、伴奏は反対に16ビートの目まぐるしい音楽です。通常ならば、聴き手は混乱するばかりのはずですが、ここに筒美さんのものすごい才能があって、ギリギリのところで留める絶妙のさじ加減により、聴き手の集中を離れなくさせています。こんな部分も、イタリアの作曲家ヴェルディの、特に後半生の大傑作と同じです。」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?id=6269712&media_id=175

記事番号:1865

重要度:☆

2020年10月16日 (金) 14時21分 投稿に対して返信する




投稿:「The Covers『筒美京平ナイト!アンコール』」
投稿者: kumiko


NHK BSプレミアム「The Covers『筒美京平ナイト!アンコール』」(2018年の再放送)

10月17日(土)23:30〜24:29
「また逢う日まで」をクレイジーケンバンドが歌います。https://natalie.mu/music/news/400874

記事番号:1864

重要度:☆

2020年10月16日 (金) 11時50分 投稿に対して返信する




投稿:追悼番組
投稿者: アクエリアス


「HIT SONG MAKERS〜栄光のJ−POP伝説〜」

10月24日(土)正午からBSフジで放送です。

https://www.sanspo.com/geino/news/20201015/geo20101516150023-n1.html

初回放送は2005年1月
 
2013年1月の再放送を録画しましたが筒美先生の笑顔がとても素敵です。

録画予約必須です。

記事番号:1858

重要度:☆★☆★☆

2020年10月15日 (木) 18時47分 投稿に対して返信する

返信:YouTubeの番組です〜(*⁰▿⁰*)
投稿者: hitomi


アクエリアス 様

こんばんは。
これです、これです〜、昨日kumikoさんがブログの記事にしてくださった、筒美さんが「また逢う日まで」のイントロが気に入っているとおっしゃっていた番組です♪
テレビにめったに出られない筒美さんの貴重なロングインタビューです。
今度はちゃんと観られますね。
録画します!!

記事番号:1861

重要度:☆

2020年10月15日 (木) 22時12分

返信:
投稿者: kumiko


アクエリアス 様

放送情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。
とてもいい番組なので再放送がうれしいです。

記事番号:1863

重要度:☆

2020年10月15日 (木) 22時53分




投稿:編曲家 筒美京平特集
投稿者: akiko k


アレンジャーとしての筒美京平さんについて語ったラジオ番組がありました。
https://youtu.be/G6EA4UhjGL0?t=76
林哲司さんと半田健人さんが対談しています。
アレンジャーとしての筒美京平さんについてのマニアックなトークでした。
15:12頃から「また逢う日まで」のイントロについてのトークと歌が聴けました。

記事番号:1857

重要度:☆

2020年10月15日 (木) 18時31分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


akiko k様

半田さん懐かしいです。
このラジオ番組「昭和音楽堂」は研究室の記事にしてあります。
http://blog.livedoor.jp/kumiko2004/archives/54678966.html

記事番号:1862

重要度:☆

2020年10月15日 (木) 22時49分




投稿:筒美京平さんの追悼記事
投稿者: kumiko


筒美京平さんの追悼記事情報を下記の上段に追加していきます。

アオガクプラス(2009年の特別インタビュー)
https://aogakuplus.jp/story/20201013_01/

小林麻美が語る「いつもピアノを弾いて曲を教えてくれた」
https://dot.asahi.com/wa/2020101700021.html?page=1

歌謡界偉人名言集
https://www.kayou-center.jp/24152
(注文が来れば来るほど、いい仕事ができる)

〜巨星堕つ〜膨大な輸入盤を買い洋楽を研究
https://note.com/ebs/n/n907436a5ea7e

「昭和40年男」
https://www.s40otoko.com/archives/76813

「ふたりは若かった」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7cdc711693b7e8ee0a8a8b1c7fca298426e0b1ef?page=2

「また逢う日まで」
http://www.tapthepop.net/day/90261

記事番号:1856

重要度:☆

2020年10月14日 (水) 19時03分 投稿に対して返信する




投稿:「Tap the Top」筒美さん追悼記事
投稿者: kamome


尾崎さんファン新参者です。よろしくお願いします。

筒美さんが亡くなってネットの音楽サイトでも色々追悼記事が掲載されてますが、
「Tap the Top」というサイトでも【追悼・筒美京平】としてのコラムが出ていて、
そのひとつに『尾崎紀世彦の大ヒット曲「また逢う日まで」が発売された日』がありました。
内容はファンの方なら知ってるエピソードばかりかもしれませんが(端折ってる部分もありますが)、
まだ見てない方もいるかもしれないので、こちらにご紹介しておきます。
http://www.tapthepop.net/day/90261

私はFacebookで知ったコラムですけど、FBでの「Tap the Top」の登録数は2万3千人以上いますので、
尾崎さんの記事を目にした方は多いはずです。
筒美さんへの追悼込めてのコラムですが、沢山の音楽ファンが尾崎さんの歌を再評価してくれると良いですね。

記事番号:1853

重要度:☆

2020年10月14日 (水) 17時34分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


kamome様

情報をいただきありがとうございます。
「Tap the Top」は知りませんでした。早速記事を読んできました。登録数は2万3千人以上とはすごいです。

キヨさんの事がたくさん書いてありましたが、筒美さんに関しては「また逢う日まで」を作曲したことだけだったのが残念でした。

記事番号:1855

重要度:☆

2020年10月14日 (水) 18時44分




投稿:BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた 作曲家・筒美京平」再放送
投稿者: hitomi


BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた 作曲家・筒美京平」特集が、10月16日(金)夜8時から再放送されます。

2015年11月25日放送分の再放送のようです。
もちろん、キヨさんのお名前もありました。
録画します!

https://www.tv-tokyo.co.jp/information/smp/2020/10/14/222311.html

記事番号:1851

重要度:☆

2020年10月14日 (水) 17時04分 投稿に対して返信する

返信:BSテレ東「武田鉄矢の昭和は輝いていた 作曲家・筒美京平」再放送
投稿者: kumiko


hitomi様

放送情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。

記事番号:1854

重要度:☆

2020年10月14日 (水) 18時12分




投稿:YouTube 筒美京平さんのピアノ伴奏
投稿者: kumiko


再アップですが、筒美京平さん(30歳)のピアノ伴奏で歌う大変貴重な映像です。
動画の最後には筒美さんのすぐ横に行って歌っている映像があります。「コンポーザーフェスティバル」
https://www.youtube.com/watch?v=JN_Iw1oxAnU

記事番号:1850

重要度:☆

2020年10月14日 (水) 09時21分 投稿に対して返信する




投稿:筒美京平さん 追悼ワイドショー
投稿者: kumiko


映像が見つかったら、下記の上段に追加していきます。

羽島慎一モーニングショー (21:52〜 レコードジャケットと1996年53歳のステージ映像)
https://www.youtube.com/watch?v=PGcW7DGjzrw

ZIP (1時間5分〜 41歳の写真でワンフレーズのみ)
https://www.youtube.com/watch?v=R1sNklGVuGE

バイキング (「夜のヒットスタジオ」1979年11月26日 −1:25〜)
https://www.youtube.com/watch?v=joMDWFkaX7s

めざましテレビ(「夜のヒットスタジオ」1979年11月26日 19分〜)
https://www.youtube.com/watch?v=DwL3EpJD6bM

グッとラック秘蔵映像で振り返る(2:14〜レコ大映像)
https://www.youtube.com/watch?v=Ad8Mt_Ts5Vc

NHKニュース 10/12(「また逢う日まで」を、昭和の歌謡界を代表する名曲と紹介 0:30〜)
https://www.youtube.com/watch?v=uDzWjH6aqdE

記事番号:1849

重要度:☆

2020年10月13日 (火) 16時14分 投稿に対して返信する




投稿:筒美京平さん YouTube追悼映像
投稿者: kumiko


映像が見つかったら、下記の上段に追加していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=QNZ-f2yvNdk

https://www.youtube.com/watch?v=vvowCFG72_E

https://www.youtube.com/watch?v=c_CWru-J1Cg

https://www.youtube.com/watch?v=TRdmrO37w84

記事番号:1848

重要度:☆

2020年10月13日 (火) 14時55分 投稿に対して返信する




投稿:筒美京平さん
投稿者: Motoko


筒美京平さんがお亡くなりになりましたね、、、
色んな記事に「また逢う日まで」の文字があり、何だかとても寂しくなります。

キヨさん、阿久悠さん、筒美さんであちらでもヒット曲を生み出して欲しいな、、、

記事番号:1840

重要度:☆

2020年10月12日 (月) 15時02分 投稿に対して返信する

返信:筒美京平さん
投稿者: kumiko


知りませんでした。悲しいです。寂しいです。
天才でした。喪失感が大きいです。

ご冥福を心からお祈りいたします。

NHKのページに記事がありました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201012/k10012659581000.html

記事番号:1842

重要度:☆

2020年10月12日 (月) 17時12分

返信:返信:筒美京平さん
投稿者: いと


私も先程の日本テレビ夕方のニュースで知りました。
ご自身最大のヒット曲がジュディ・オングさんの
「魅せられて」であるという紹介がされる前に、
キヨさんの「また逢う日まで」の映像が流れました。
キヨさんのファンになったことで、様々な曲や映像を観るようになりましたが、日本の音楽会で活躍され、キヨさんと親しくされてきた方々が、毎年お亡くなりになっていることは、大変残念なことです。
お悔やみとともに心よりご冥福をお祈り申し上げます。

記事番号:1843

重要度:☆

2020年10月12日 (月) 18時40分

返信:筒美京平さん
投稿者: Motchy


びっくりしました。キヨさんのシングル曲で最後の筒美作品は「サングリア−真昼の夢−」でした。また、全シングル曲では10作品が筒美さんの作曲でした。生涯3,000曲を作曲されたそうで、常に第一線で活躍されていた才能は、「凄い」の一言では済まされないです。

それにしても、阿久悠さん、筒美さん、前田憲男さん、山口洋子さん、平尾昌晃さん、井上大輔さんなど、キヨさんの作品に関わった人々があちらの世界にどんどん行かれて、賑やかになっていますね。きっと今頃は先に来ているキヨさんたちが「お疲れ様!」と筒美さんを労っていることでしょう。
ご冥福をお祈りします。

記事番号:1844

重要度:☆

2020年10月12日 (月) 23時56分

返信:筒美京平さん
投稿者: Motchy


「別れの夜明け」、「また逢う日まで」、「愛する人はひとり」、「ふたりは若かった」、「こころの炎燃やしただけで」、「あなたに賭ける」、「しのび逢い」、「かがやける愛の日に」、「最後のくちづけ」、「許しておくれ」、「サングリア−真昼の夢−」キヨさんの筒美作品はこれら11曲でした。今日は通勤中にカーラジオでこれらの曲を流しながら、一緒に歌っていました。

それにしてもカンツォーネ風の「別れの夜明け」からムード歌謡の「しのび逢い」、フラメンコ風の「サングリア−真昼の夢−」と実にいろいろなジャンルの曲調のメロディーを作曲し、さらには編曲もてがけていらっしゃったその才能は、枯れることのない、常に時代の流行をシビアに追っておられた観察力にあると思います。筒美さんの信条に、「いくら高度な曲でも売れなければ失敗作。それが僕の職業。心に染みる歌を書きたいと思ったことはない」というのがあるそうですが、まさに、シンガー・ソングライターではない職業作曲家に徹した人でした。

記事番号:1846

重要度:☆

2020年10月13日 (火) 09時05分

返信:筒美京平さん
投稿者: kumiko


皆様
ご投稿ありがとうございました。
研究室の記事に掲載させていただきました。

記事番号:1847

重要度:☆

2020年10月13日 (火) 14時30分




投稿:
投稿者: kumiko


今NHKで『大林宣彦監督の遺言』という番組を放送しています。(クローズアップ現代)
晩年の大林監督の姿とコメントが流れていました。
遺言を受けた相手として手塚眞監督も出演します。

記事番号:1831

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 22時13分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: アクエリアス


研究室に情報があったのか開いたらリアル投稿が。

私は途中から見てます。
10時7分〜録画開始

NHKは見逃し配信が一週間あるようです。

記事番号:1832

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 22時25分

返信:
投稿者: kumiko


アクエリアスさんも、今見ていらっしゃるのですね!(^^)番組を偶然見つけました。
私も途中から録画を開始しました。見逃し配信もあるのですね。よかったです。

手塚監督の「新・星くず兄弟の伝説」の映像と大林監督からの励ましの手紙が映っていました。
大林監督は「星くず兄弟の伝説」のキヨさんも見ていらしたのですね、きっと。

記事番号:1833

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 22時28分

返信:
投稿者: akiko k


私も5分前に見つけて録画しました!
ハウスは奇想天外でユーモラスで、でも怖くて、尾崎さんはコミカルで、忘れられません。監督も尾崎さんが大好きだったと思います。心優しく音楽を愛する平和を愛するお心が偲ばれます。

記事番号:1834

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 22時56分

返信:
投稿者: アクエリアス


昨日の録画を見ようとしたら
なんと再放送が2時からです。早すぎる
昨日は不完全だったので録画予約しました。

記事番号:1838

重要度:☆

2020年10月10日 (土) 00時50分

返信:
投稿者: kumiko


え〜っ、2時って真夜中のですか?!爆睡してました〜

こちらに番組内容が詳しく書いてあります。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4468/

記事番号:1839

重要度:☆

2020年10月10日 (土) 06時37分




投稿:今年も『さわやかウインドー甲州ワインの香る里』
投稿者: アクエリアス


NHK-BSプレミアム
10/11(日)早朝5時から30分
『さわやかウインド−甲州ワインの香る里』

尾崎さんが2回蔵コンに出演された丸藤ワイナリーが
5分ほど映ります。

おととし偶然見つけた番組です。
いつからかはわかりませんが年に一回放送されているようです。
今年は8/15にも放送されましたが直前に気づいて
季節が違う放送なので驚きました。

記事番号:1826

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 19時23分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


アクエリアス様

いつも情報をありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきました。

記事番号:1829

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 09時23分




投稿:ベトナム語の「また逢う日まで」
投稿者: kumiko


「また逢う日まで」 ベトナム語?の字幕付きです。
https://www.youtube.com/watch?v=NIA6BhGjl-o

記事番号:1824

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 14時52分 投稿に対して返信する




投稿:エデンの東
投稿者: tammy


キヨさん情報ではありませんが,本日TVで放送されます。
NHKBSプレミアム13:00〜15:00

憂いを帯びた澄んだ瞳のキヨさんの魅力をジェームズディーンの眼差しを思い出したとKumikoさんが以前にコメントしていらしたので,紹介です。
吹き替えではなく字幕です。私,個人的には字幕のほうが好きです。映画館で観た好きな役者の声を覚えていることと,発声,滑舌などもすべて演技のうちだと思うので。"Godfather"のマーロン・ブランドは含み綿をして敢えて低い,くぐもった声にしていました。

「きかんしゃトーマス」のキヨさんは巧かったですね。
この役者さんのことを初めて知ったので吹き替えでもOKです。それもキヨさんなので!!!(笑)

J.ディーンの映画は3本しかありませんが,私はこれが一番彼の魅力が溢れていると感じています。


記事番号:1819

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 09時58分 投稿に対して返信する

返信:エデンの東
投稿者: kumiko


tammy様

うわ〜っ、うれしいです。本日ですね!!情報をありがとうございます。急いでタイマー予約をしてきます。
ジェームズディーンはどんな声だったか楽しみです。
今日は我が家が映画館です(^^)

マーロン・ブランドは含み綿だったのですか?!
知りませんでした。そういえば含み綿の声です。お顔にも貫禄が出ました。

tammyさんがお好きな役者さんを今度コッソリ教えてください。
国内でお嫌いな役者さん2人が私と全く同じで驚いたことがあります(^0^)

キヨさんを好きだと好みが似ているのかもしれません。
中学生の頃から女性的な?アイドル歌手や演歌歌手には全く魅力を感じませんでした。

記事番号:1820

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 10時48分

返信:
投稿者: etsuko


tammmy様 皆様


来週は、あの「慕情」でございます!

10月21(水)13:00〜14:43 NHKBSプレミアム

記事番号:1822

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 14時33分

返信:
投稿者: etsuko


tammy様

失礼しました。mが多過ぎました。ごめんなさい。
しかも、来週ではなくて、再来週でした。

記事番号:1823

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 14時45分

返信:
投稿者: kumiko


etsuko様

「慕情」ですね!情報をありがとうございます。楽しみです(*^^*)

皆様
それからNHK・BSプレミアム10月28日(水)午後1時〜2時44分は「カサブランカ」で〜す。 
↓キヨさんも歌った「As Time Goes By」のピアノ演奏シーンです。
https://www.youtube.com/watch?v=7vThuwa5RZU

記事番号:1825

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 15時31分

返信:名画ですね!
投稿者: akiko k


kumikoさま tammyさま etsukoさま

素敵な映画情報ありがとうございます!
エデンの東でのジェームス・ディーンの目を私もキヨさんの目に似ていると思いました。胸がキューンとします…
学生時代に何度も何度もみました!
慕情とカサブランカも大好きでした。AsTimeGoesByをキヨさんが歌ってらしたのですか!ホントに聴きたかったです、舞台で歌われたのでしょうか?
イングリットバーグマンがきれいで魅入ってしまいました。
風と共に去りぬのクラークゲーブルも好きでした。ちょっとはにかんだような悲しみを含んだ笑顔。kumikoさんと同じく女性的なアイドル歌手をいいなと思ったことがありません~~

記事番号:1828

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 08時34分

返信:
投稿者: kumiko


akiko k様

お帰りなさ〜い。
akiko kさんも映画がお好きそうですね(^^)
AsTimeGoesByは2003年のTHE MENコンサートで歌いましたが、
その他の時にはあまり歌っていません。ソフトな歌い方でした。
声がきれいなので、映画で歌ったらまた違うイメージを作れたかもしれません。
イングリットバーグマン美しいですね。でもボギーよりもキヨさんが素敵に思えてしまいます。
知人にクラークゲーブルが大好きな方がいました。「風と共に去りぬ」を何十回も観て、アメリカの方と結婚して、今アトランタに住んでいます。
キヨファンでしたら茅ヶ崎に住む感覚でしょうか(^^;

記事番号:1830

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 11時36分

返信:
投稿者: akiko k


kumikoさま、ご返信ありがとうございます。etsukoさま、カサブランカのピアノシーンをみて、絶対ボギーよりキーヨがカッコイイ!と激しく同意します。キヨさんの歌が流れていたら素晴らしすぎて硬直状態になっちゃってたと思います。

きかんしゃトーマスの吹き替えや歌を坂探し当てることができません。似たものがいっぱい出てきます😣

記事番号:1835

重要度:☆

2020年10月08日 (木) 23時34分

返信:
投稿者: kumiko


akiko k様
トーマスの動画にリンクしていいのか分からないので、念のためやめておきました。YouTubeの検索窓に

きかんしゃトーマス魔法の線路   と入力してください。

それで表示される上から2件まで今確認しましたが、両方ともキヨさんの歌声と吹き替えが聴けます。ついでにボギーについて書いたのは私です(^^) 誰でもいいのですが。

記事番号:1836

重要度:☆

2020年10月09日 (金) 12時08分

返信:
投稿者: akiko k


kumikoさま etsukoさま

すみませ〜ん!
お名前を間違えてしまってお二人には本当に失礼いたしました。
ボギーのことを書いていらしたのはkumikoさまでした。
旅行先でスマホで書いていて混乱していました。
紀州半島、列車から海を眺めながらず〜っとキヨさんの歌を聴いていました。もう最高です!
トーマスの動画絶対観ます。お知らせ感謝です。

記事番号:1837

重要度:☆

2020年10月09日 (金) 12時32分




投稿:昭和ポップス名曲の差
投稿者: akiko k


kumikoさま 皆様
いつも素敵な情報ありがとうございます。
旅先で先程テレビをつけたら、なんとキヨさんが映っていたのです!
上記の番組で、お若い頃の映像ですが、また逢う日までを歌われていました。どなたかご覧になられたでしょうか?
テレビでみることができて、もうびっくりするやら嬉しいやらでしたから、コメントもよく聞けませんでした(泣)

記事番号:1817

重要度:☆

2020年10月06日 (火) 20時43分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


akiko k様

え〜っ、旅先のテレビにキヨさん登場ですか?!!
ビックリですね!!
それは人を驚かすのが大好きなキヨさんのイタズラです(^0^)

調べてみましたが、この番組かもしれません。こんな雰囲気でしたか?
https://www.youtube.com/watch?v=Cjna9FsbOrw
https://www.tbs.co.jp/konosa/archive/202010062/

記事番号:1818

重要度:☆

2020年10月06日 (火) 23時13分

返信:
投稿者: Motoko


akiko k さま

見ました〜!
若い方が、「また逢う日まで」の歌詞を熱く解説なさっていましたね!映像は、レコ大の時の映像でした。

テレビをつけたらキヨさんが映ってるって、それは興奮してしまいますよね!!!!

記事番号:1821

重要度:☆

2020年10月07日 (水) 13時03分




投稿:Youtube
投稿者: ロビン


別れの夜明けなど曲が4曲流れますが、背景が動画ではなく色々な写真です。私には見た事のないものが多く、若いベティさんと並んでいたり、子供達と一緒の写真もあります。お父さんしているのを見ると、何て魅力のある人だろうと思ってしまいました。

https://www.youtube.com/watch?v=B57GyOH39k0&list=RDB57GyOH39k0&start_radio=1

記事番号:1814

重要度:☆

2020年10月06日 (火) 11時39分 投稿に対して返信する

返信:Youtube
投稿者: tammy


ロビンさま,ご紹介をありがとうございます。

私が初めて見たのはお祭りの集合写真と初めての賞を貰った時,左後ろに若い女性が映っているtwo shotの写真です。
私がKumikoさんに提供した写真もあり,その他,研究室に載っていたものもありで,お馴染みの写真でした。
キヨさんが一緒の子供達は,関西を中心にご活躍している,いなばさんの子供達です。とっても仲が良かった様子がありありで微笑ましいですね。以前,いなばさんのブログでキヨさんといなばさん,子供達と電車で移動している時に子供達が車中で「また逢う日まで」を歌い出したエピソードも読んだことがありました。お若いべてぃさんはどの写真か残念ながら分かりませんでした。

記事番号:1815

重要度:☆

2020年10月06日 (火) 16時16分

返信:youtube
投稿者: ロビン


tammy様、教えて頂いて有難うございます。
女の子がラナちゃんに似ている気がして勘違いをしてしまいました。ベティさんももっと背が高かった気がと思ったのですが、この時期なら彼女かと・・
知ったかぶりでお恥ずかしい(^_^!
魅力のある人だというのは間違いないのですが。

記事番号:1816

重要度:☆

2020年10月06日 (火) 18時50分




投稿:
投稿者: kumiko


既出ですが、「All Of Me」(BSジャズ喫茶)再アップです。月曜からうれしいですね(*^^*)
https://www.youtube.com/watch?v=nt0M6qvUw6U

↓こちらも「All Of Me」。別バージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=YV8v4Mg_qa4

記事番号:1813

重要度:☆

2020年10月05日 (月) 12時24分 投稿に対して返信する




投稿:ご挨拶
投稿者: kumiko


9月は研究室の記事を45件も掲載していました。
皆様、たくさんの情報をいただきありがとうございました。
おかげさまでとても充実した1ヶ月でした。

今日から10月ですが、更新やコメントのペースを緩めたいと思います。
皆様、どうぞのんびり気長におつきあいください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

記事番号:1807

重要度:☆

2020年10月01日 (木) 13時37分 投稿に対して返信する




投稿:TOKYO FM 『THE TRAD』
投稿者: hitomi


本日TOKYO FM 『THE TRAD』(15:00〜16:50)のオープニングにキヨさんの「また逢う日まで」がかかったそうです。
私は聴いていないのですが、知り合いから教えてもらいました。

パーソナリティのハマ・オカモトさんから、今日で番組を卒業の橋みなみさんにむけての曲だったそうです。
番組HPと番組Twitterにも書いてありました。

ハマ・オカモトさんはダウンタウンの浜田さんの息子さんで、浜田さんはもみあげを付けてキヨのものまねをされていたので、お父さんの影響かしら〜と思いました。


https://www.tfm.co.jp/trad/index.php?catid=3731&itemid=170440

https://mobile.twitter.com/thetrad_tfm

記事番号:1804

重要度:☆

2020年09月30日 (水) 22時58分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


hitomi様

情報をいただきありがとうございます。
研究室の記事にさせていただきます。
ハマ・オカモトさんが浜田さんの息子さんとは知りませんでした。

記事番号:1806

重要度:☆

2020年10月01日 (木) 11時14分

返信:
投稿者: hitomi


kumiko 様

私もハマ・オカモトさんが浜田さんの息子さんだと最近知りました。お顔も浜田さんをソフトにした感じで似ていらっしゃいますね。
急いで投稿したので、「キヨさんの」と書いたつもりでしたが「キヨのものまね」になっていましたー( ̄▽ ̄;)

記事番号:1809

重要度:☆

2020年10月01日 (木) 16時02分

返信:
投稿者: kumiko


hitomi様
キヨですね♡ 全然気が付きませんでした。私も昔のブログ記事を見たら、ずっとキヨと書いていました。なので大丈夫です(^^)
中学生の時から心の中ではずっとキヨと呼んでいました。
キーヨと呼ぶ方も多いですね。
近年のブログ記事ではネット向けにフルネイムにしました。そして家族や友人に話す時も、なぜか照れてフルネイムで言ってしまいます。

記事番号:1810

重要度:☆

2020年10月01日 (木) 18時41分




投稿:日産サニー
投稿者: harumi


既出かな?
ザ・ワンダースが歌った昭和45年の日産サニーのイメージソングがツベに上がっています。

https://youtu.be/FWzlE0_ZoZM

記事番号:1802

重要度:☆

2020年09月30日 (水) 21時57分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


harumi様

昭和45年の日産サニーのイメージソングのレコード(ソノシート?)を以前に購入したのですが、YouTubeと同じくキヨさんの歌声が見つかりませんでした。歌っていませんよね?

キヨさんがザ・ワンダースを脱退したのが前年の昭和44年なので参加しなかったのかもしれません。

記事番号:1803

重要度:☆

2020年09月30日 (水) 22時16分




投稿:湯川れい子さんの言葉
投稿者: akiko k


既出だと思いますが、ネットで見つけました。
https://youtu.be/WQJV4IQo_qs?list=RDWQJV4IQo_qs&t=50

音楽評論家で有名な湯川れい子さんが、キヨさんについて語っていらっしゃいました。
「40年代売上ベスト30」という番組で、「また逢う日まで」は18位、湯川さんは
「すばらしい声の持ち主で、家庭の影とか子どもの影とか一切見せない、それがまた素敵だった。
いつもオートバイでこつ然と現れて、月光仮面のような人でした。」とおっしゃっていました。

これはいつ頃の映像でしょうか?
素敵ですね…

記事番号:1800

重要度:☆

2020年09月30日 (水) 14時50分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: H.O


akiko kさま

私もこの画像好きです。

湯川れい子さんが乙女チックにキヨさんのこと語っているのが可愛らしいです。
「地球に抱かれて」(1991)を湯川さんが作詞していらっしゃいます。

また逢う日まで を歌うキヨさんは、40代頃でしょうか。
フルで聞きたいです。

記事番号:1805

重要度:☆

2020年09月30日 (水) 23時23分

返信:
投稿者: kumiko


akiko k様

湯川さんのコメントがいいですね(^^)
お尋ねの年月ですが、キヨさんが歌っているのは1985年で42歳でした。
湯川さんが話している番組自体は2015年6月21日に放送されました。

こちらで記事にしています。月光仮面の歌も掲載しました(^^)
http://blog.livedoor.jp/kumiko2004/archives/55660660.html

記事番号:1808

重要度:☆

2020年10月01日 (木) 14時05分




投稿:キヨさんの日劇初出演について
投稿者: harumi


コロナ禍で2月半ばから仕事と食料買い出し以外の外出を自粛していて、ネットの検索と通販で遊ぶこの頃です。

そこでずっと気になっていたヒロハワイアンズの日劇初出演も調べてみることにしました。昭和39年(1964年)と思っていましたが、違うのかもしれないと思い至って色々調べたところ、もう1年早い昭和38年(1963年)に出演しているのが分かりました。

細かい経緯は省略しますが、最終的に「ハワイアン・ハイライト」のプログラムを捜索、幸運にも古書店で入手でき、昭和38年(1963年)に「大久保英明とヒロ・ハワイアンズ」でキヨさんが日劇に出演したのを確認しました。角刈りのキヨさんが写ってます。

肝心の内容ですが、
日劇「ハワイアン・ハイライト」(1983.07.02-07)
副題は「タムレでバカンス」
出演者は灰田勝彦、南かおる、ポス宮崎、大橋節夫ほか。
ヒロ・ハワイアンズは、第3景「ミッド・ナイト・イン・ハワイ」で秦マキ子さんと「ビーチ・タイム」(曲名?)、第5景「ハワイアン・ハイライト」でやはり秦マキ子さんと「バリバリの浜辺」で、そしてフィナーレで全員の3回登場したようです。

この年のハワイアン・ハイライトは、ハワイアンだけでなくタムレというタヒチアンも紹介していたようです。

おまけに、ヒロ・ハワイアンズが草笛光子さんのバッグで演奏したという東宝映画「ホノルル・東京・香港」の広告も載っていました。(もちろんクレジットはありませんが)

スキャナが不調なので、スマホで撮った写真なら提供可能でーす。

記事番号:1795

重要度:★☆

2020年09月27日 (日) 19時40分 投稿に対して返信する

返信:続き
投稿者: harumi


「ハワイアン・ハイライト」という演目は昭和35年(1960年)から昭和43年(1968年)に毎年開催されていたようなので、ヒロ・ハワイアンズとしての日劇出演がこの年だけだったのかどうかにつては、今の所、不明です。翌年も出演しているかも?? さらなる捜索が必要かと。。。

記事番号:1796

重要度:☆

2020年09月27日 (日) 19時52分

返信:キヨさんの日劇初出演について
投稿者: kumiko


harumi様

調べていただきありがとうございます。
パンフレットをよく古書店で見つけられましたね!!
1963年に既に出演していたのですね!
(7行目に1983と書いていらっしゃいますが1963ですね)

それから長年見つからなかった草笛光子さんとの映画の広告まで載っていたのですね!!
情報をありがとうございます。

2件とも研究室の記事にさせていただきます。
お手数で申し訳ありませんが、お言葉に甘えてスマホ写真を送っていただいてもよろしいですか?

こちらは1965年日劇公演のパンフレットを研究室で発掘しました。先日は思い出せずすみませんでした。
角刈りのキヨさんの写真もあります。

記事番号:1797

重要度:☆

2020年09月27日 (日) 22時10分

返信:キヨさんの日劇
投稿者: harumi


kumikoさま

タイプミス、1983は1963です。
写真お送りしました。
メルアド正しかったか不安。

記事番号:1798

重要度:☆

2020年09月27日 (日) 22時50分

返信:キヨさんの日劇
投稿者: kumiko


harumi様

大変貴重な資料をお送りいただきありがとうございます。
明日記事にさせていただきます。

記事番号:1799

重要度:☆

2020年09月27日 (日) 23時06分




投稿:キヨさんのTシャツ
投稿者: akiko k


kumikoさま

ご投稿への返信のつもりが間違えました。
old guys rule の意味が分かって、通販サイトも教えていただいて、舞い上がってしまいました。
すみませんでした。

皆様の想い出を伺って、当時のことを想像するだけでも楽しいです。キヨさんは優しい方だったのですね。ファンを大事にされていたなあって伝わってきます。
またいろいろなエピソード教えてください。

記事番号:1791

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 19時27分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


akiko k様
2009年5月24日の『EnerGia 2009 広響 POPS CONCERT』の時は、akiko kさんも同じ会場にいらしたのですね。お会いしたかったです。

キヨさんはオーケストラとの対決を意識してか、「慕情」の時に途中からオケの後ろ側に回り、もの凄い声量を出していましたね。それまでに聴いた「慕情」の中1番凄かった気がしました。
感動のあまり、コンサート後の何日かは本当にぼ〜っと魂が抜けたままでした。

記事番号:1794

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 22時53分




投稿:akiko k
投稿者: キヨさんのTシャツ


kumikoさま
すぐに返信をくださって感激です!
キヨさんの着ていらっしゃったTシャツの情報を読んで、キヨさんのサーフィンなどの趣味世界が目に浮かびました。
ブログには残念ながら写真は載っていませんでした。でも当時のオーケストラ奏者の方がたの絶賛の声を読み返して、アンコールで「また逢う日まで」の前奏が流れた時の怒涛のような会場のどよめきを思い出しました。以下はオーケストラ奏者のご感想です。

本番では尾崎さんダジャレ炸裂。満員のお客さんと楽団員がその度にドッと沸く。ものすごい声量で歌ってはダジャレ、しっとり歌ってはダジャレ、カッコよく歌ってはダジャレ、素敵でした。カッコよく年取っているなぁという感じです。
素敵なダジャレの一つ「尾崎さんが最近ボケがひどいというので、昨日薬屋へ行き店員に症状を言ったら頭の上に何かのってきた。店員曰く、ボケ防止(呆け帽子)です」

指揮の藤野さんも大変ご機嫌でした。
お客さんもでしょうが、演奏者にとっても素敵な一日でした。

記事番号:1789

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 19時00分 投稿に対して返信する

返信: キヨさんのTシャツ
投稿者: kumiko


akiko k様
こちらこそ、すぐに返信くださってうれしいです。
Tシャツの写真はなかったのですね。どこか別の写真に写っているといいのですが。
お揃いで同じのを買いたいですが、old guys 〜を現在自分で着るのはキツいです(笑)夫に着せるのもちょっと気が引けるし(・・;

オーケストラ奏者の感想を書き出してくださってありがとうございます。当時記事にリンクはしたのですが、消えてしまう可能性に気が付きました。記事のほうに私も書き出しておきます。
ボケ帽子のダジャレを先日、研究室にメモしておいたのですが、実はこの記事からコピペしました(^^;

記事番号:1792

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 22時29分




投稿:各種リスト
投稿者: ユキコ


kumiko様はじめアドバイスを下さった皆様

申し遅れましたが、なかなか見ることが出来なかったリストの事ですが、先日知人がようやく来て下さって、リストを見ることが出来るようになりました。やはり「エッジ」を使うとよかったのですが、私が触ってもどうにもならなかったのです。ちょっと健忘症でアドバイス下さった方のお名前が出てこないのですが、本当に有難うございました。
只今大量のデーターを印刷し、「kumikoさん、よくここまで!」と感嘆しています。感謝、感謝です!

記事番号:1785

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 12時36分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


ユキコ様
喜んでいただけてよかったです。

記事番号:1793

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 22時31分




投稿:杉乃井ホテル
投稿者: ユキコ


tammy様、etsuko様、
あの感動的なお歌のイメージとは反対にとてもお茶目な方だっんだとだんだん分かってきました。
その「杉乃井ホテル」のエピソードも是非おきかせください!
私は偶然その「杉乃井ホテル」に今春泊まったので余計に興味津々なのです。

記事番号:1780

重要度:☆

2020年09月23日 (水) 22時59分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: etsuko


ユキコ様


元はと言えば、「タカクラホテル福岡」のディナー・ショーのチラシから、話は膨らみ、途中、広島でのコンサートをはさみ、杉乃井ホテルへと発展していったのでした。

それとは、別に琵琶湖のホテルでのディナー・ショーのエピソードをtammyさんが談話室に投稿して下さり、私が、広島と杉乃井ホテルのエピソードをごっちゃにして返信してしまったのでした。スミマセン。
ANAごめしは、広島ですよね、別府ではなく。

その肝心の杉乃井ホテルのエピソードは、tammyさんが詳しく、タカクラホテル福岡の記事のコメント15で披露して下さってます。

今年、泊まったんですね、すごい偶然というか、ご縁があるというか。

記事番号:1781

重要度:☆

2020年09月24日 (木) 01時01分

返信:2009年のコンサートで
投稿者: akiko k


kumokoさま、ユキコさま tammyさま、etsukoさま
キヨさんのコンサートでの楽しいエピソードを楽しくまた羨ましく伺っています。
私の数少ないキヨさんコンサート体験では、あの「ボケ帽子」の話がありました。kumikoさんが書き残してくださっていた記録をたどったら、交響楽団の演奏者の方々が、ブログ等でキヨさんを絶賛されていて嬉しかったです〜

「圧倒的な声量、声の艶と伸び、ピッチも絶対狂わないし、そして歌に「魂」がある。
年齢なんて全く感じさせない。
前日のリハーサルも、一発で合わせてくるし・・・完璧。
今時、ライブそのまま録音して放送に対応できる歌手がどれだけいるか?
尾崎さん、達人です!
日本が世界に誇れるエンターテイナー@シンガーだと思います。」
プロから認められるなんて凄いです(感動!)でも他の方は
「歌は超ど迫力、話は超ど爆笑」とか
「ゲネプロで着ていたTシャツの背中にOLD GUYS RULE ってあったけど、老人のルールって何?」ですって。
そんなTシャツ着るところがキヨさんらしくて素敵です。

記事番号:1782

重要度:☆

2020年09月24日 (木) 09時27分

返信:別府杉乃井ホテル
投稿者: Motchy


私がコンサートで聞いた杉乃井ホテルのエピソードは、客席では料理を食べていて、キヨさんはまだ食事をせずにステージをこなしていたが,客性から肉の焼ける臭いがしてきて大変だったという内容でした。
同じく杉乃井ホテルだったかどうか定かではありませんが、ホテルのディナーショーで英語の歌を歌っていたら、酔った客から、「おーい! 何歌ってっかわかんねーよー!」と言われ、それ以来英語の曲を歌うのをやめたという話もしていました。

記事番号:1783

重要度:☆

2020年09月24日 (木) 15時17分

返信:杉乃井ホテル
投稿者: ユキコ


etsuko様、akiko.k様、motchy様
ご返信大変有難うございました。
私は新入りのファンなので、キヨさんの事なら何でも知りたいので感謝、感謝です。
お歌はずば抜けていらっしゃる事は周知の通りなのですが、ユーモアのセンスも抜群だったのですね!
私も「OLD BAR'S RULE」と書いたTシャツを作ろうかと思いましたが、私が着たら本当の「ばあさん」になって面白くもなくなってしまいますね。やはりキヨさんだから冗談になるのだと納得です。

記事番号:1784

重要度:☆

2020年09月25日 (金) 10時30分

返信:きよさんのTシャツ
投稿者: Motoko


"old guys rule" は 「年寄り最高!」みたいな意味になります^_^
"規則、ルール" という意味のrule とはまた別の意味で、スラングなんですよ⭐⭐ どちらにしてもそんなユーモアに富んだシャツをキヨさんが着ていたと思い浮かべるだけで、笑顔になってしまいますね! タキシードの彼ももちろん素敵ですが、シャツにジーンズもかっこいいですよね!

記事番号:1786

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 13時08分

返信:old guys rule
投稿者: akiko k


motokoさま

そうだったのですか!
"old guys rule”ってブログに書いてあった通り、年寄りのルールだとばかり思っていました。
「年寄り最高!」ってご自分をそんなふうに茶化すキヨさんのユーモア、自由な心に改めて魅了されてしまいます。
motokoさん、ありがとうございます♡

記事番号:1787

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 17時54分

返信:きよさんのTシャツ
投稿者: kumiko


Motoko様
"old guys rule”の意味を教えてくださりありがとうございました。スラングとは気が付きませんでした。

akiko k様
キヨさんのTシャツについてのコメントを教えてくださりありがとうございました。
Tシャツを探してみたら、カリフォルニアのアパレルブランド名で、日本の通販で買えることがわかりました。
http://www.oldgr.com/ogr/about.html

キヨさんのコメントのブログに、Tシャツの写真はありましたか?興味津々です(^^)

キヨさんはTシャツにもコダワリがありそうですね。
通販のページに以下の説明がありました。

『いつものビーチで初老のDougが地元の若者サーファーに混じり波に乗る姿を見たDonが「その道のレジェン ド」を尊敬し、敬愛する意味で提案したブランドネーム。

当初このロゴマークはバンパーステッカーとしてレジェンドを自負するロコサーファー(地元民)の間で流行はじめ、後にはTシャツをはじめとするブランドにまで発展しました。』
『若者にも愛されはじめています。』

記事番号:1788

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 18時17分




投稿:菅原洋一さん歌唱『また逢う日まで』
投稿者: KK


既出かもしれませんが。
https://m.youtube.com/watch?v=fvoWVr1Tp3E
キヨさんと菅原さんは何かと縁がありますね。
レコード大賞で対面したり、キヨさんが菅原さんのモノマネをしたり……。
菅原さんにはキヨさんの分も含めてまだまだ長生きしていただきたいものです。

記事番号:1777

重要度:☆

2020年09月23日 (水) 01時17分 投稿に対して返信する




投稿:第41回紅白歌合戦「第1部より」
投稿者: まい2


初めまして、既出だったら、すみません。

1時間程の動画です。
動画の最後は植木等さんの歌で、白組の歌手の皆さんと共に扇子を片手に楽しそうにツイストを踊り、素敵な笑顔がみられます。

 https://youtu.be/mDrchAaiASg

記事番号:1775

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 20時08分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


まい2様 初めまして。
情報をありがとうございます。
1時間もある紅白動画は珍しいです。

記事番号:1776

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 21時38分




投稿:おさかな天国
投稿者: Motchy


「さかな さかな さかなー さかなを食べると〜」でおなじみの「おさかな天国」ですが、この「さかな さかな さかなー」のメロディーラインが「また逢う日まで」の出だしと全く同じであることに気づきました。それらの部分をドレミで書くと、「おさかな天国」は「ドドドドドドドレミ〜」であるのに対し、「また逢う日まで」は「ドドッドド、ドレミー」でした。「また逢う日まで」では、「互いに傷つき」の部分が「ドック・オブ・ザ・ベイ」の「I'm just sittin' on the dock of the bay」とメロディーが似ていると言われているようです。

記事番号:1769

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 16時39分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


「おさかな天国」をYouTubeで探して、一緒に「また逢う日まで〜」と歌ってきました。同じでした〜

記事番号:1771

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 17時52分




投稿:Danny Boyとディナーショウの思い出
投稿者: tammy


etsuko様,

"Danny Boy"も歌われました。 「資料室」にある「年譜」にもKumikoさんが記載してくださっていますが,歌われたすべての曲目があります。

この歌は大体,いつもピアノ・ソロだけで歌われました。
この時ではないのですが,ある地方のホテルで歌われた直後,一瞬,会場がシ〜ンとなりました。これは,余りの素晴らしさに感動して,聴衆が息を呑んでいたのです。
するとキヨさんは,この間(ま)に何を感じられたのか「ダニの男の歌でした」とまたもやダジャレを。拍手と笑いが巻き起こりました。
余りにも感動すると,直後には拍手は起こらず,一瞬の間を置いてから起こるとは芝居などでも良く言われています。
多分,キヨさんは感動の間だと分かっていらしたのでしょうが,照れていたのかもしれません。可愛らしいですよね。そして謙虚です。

私もこの歌は中学生の頃から大好きでした。ハリー・ベラフォンテのを聴いてからです。これも初来日のステージでした。初めて鳥肌が立つ経験でした。

記事番号:1768

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 14時00分 投稿に対して返信する

返信:ダニー・ボーイ&ディナー・ショー
投稿者: etsuko


tammy様

ピアノ・ソロでの「Danny Boy」ですか〜
素敵ですね♡
それに、別のホテルでのエピソード、ここでギャグを言うか、というシャイなキヨさん。ほんと、愛すべきお人柄です。
(先程、杉乃井ホテルのエピソード、読んでしまったので、"ANAごめし"が頭から離れなくて、困ります。感動的なディナー・ショーのお話なのに)

ハリー・ベラフォンテのライブもご覧になったんですね。今、youtubeで聴いてみました。魂の歌唱ですね。聴き入ってしまいました。キヨさんは、どんな風に歌われたのか、想像しています。シ〜ンとなった会場。きっと涙ぐんでしまうかも知れません。
でも、キヨさんは照れ隠しのダジャレ。

お宝もののエピソード、本当にありがとうございました。

記事番号:1774

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 18時25分

返信:Danny Boy
投稿者: akiko k


etsukoさま tammyさま

Danny Boyの想い出をありがとうございます。
生でキヨさんのこの歌を聴かれたなんてもう羨ましすぎます!
私はビル・エバンスのピアノソロでのDanny Boyが大好きで、You Tubeでよく聴きます。目をつぶって聴いているといろいろなことを思って涙ぐんでしまうことも…
もしよかったら聴いてみてくださいませ。

キヨさんの歌で聴きたかった…

記事番号:1790

重要度:☆

2020年09月26日 (土) 19時10分




投稿:落語
投稿者: kumiko


以前にマネージャーさんから教えていただいたのですが、
キヨさんは落語が子守唄で、寝る時にいつも聞いていたそうです。
笑いながら眠りにつくキヨさんは幸せそうと思いました(^^)

古典落語が大好きで、古今亭志ん生さん、桂枝雀さんをよく聞いていて、立川談志さんとは仲がよかったそうです。
NHK「日本の話芸」が好きだったと伺いました。

そういえば以前ネットに、キヨさんがテンガロンハットをかぶって寄席に来ていたと書いてありました。

記事番号:1767

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 12時01分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: H.O


洋物をたくさん歌われるキヨさんが、古典落語が大好きという、そのギャップが、なんだかとてもいい味わいですね。

歌と落語とで何か結びつくものがあったのでしょうか。

歌っているときのキヨさんとお茶目なキヨさんのギャップがありすぎて、宮川泰先生が、「この人二重人格なの」といった場面をyoutubeで見たのを思い出しました。(笑)

記事番号:1770

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 16時43分

返信:
投稿者: kumiko


宮川泰先生のそんなコメントがあったのですか?
歌っている時と、お茶面な時と、どっちもキヨさんなんですね。

「俺は基本的には横山やすしさんみたいな性格」と言っているのをどこかの週刊誌で読みましたが、
ますます謎に包まれるキヨさんでした(^^)

つのだひろさんが「(キヨさんは)会えば冗談ばかり言っていた」と話していましたが、きっと笑いが好きだったんですね。

記事番号:1773

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 18時20分

返信:
投稿者: H.O


kumiko様

すでにご存じのyoutube画像かもしれませんが
ハワイアン特集でご機嫌のキヨさんです。
ハワイアンの話になると真剣になる所も素敵だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=7ty3Gk6boA4&t=601s

特に10:00~のお茶目ぶりがかわいいです。

記事番号:1778

重要度:☆

2020年09月23日 (水) 10時45分

返信:
投稿者: kumiko


H.O様

映像を教えていただきありがとうございます。
この時に宮川先生が二重人格と言っていたのですね。
見たことのある映像でしたが、すっかり忘れていました。
キヨさん可愛いですね〜♡ メロメロです。

ほんとハワイアンの話になると真剣ですね。
かと思うと「僕がご幼少の頃」とか「冗談も休憩休憩にしてください」とか可笑しいですね(^^)

記事番号:1779

重要度:☆

2020年09月23日 (水) 12時58分




投稿:民放紅白歌合戦?
投稿者: Motoko


既出なら申し訳ないのですが、こちらにもキヨ様が^_^

https://youtu.be/xT5hgJGVD1M

最初と、最後に堺正章さんが歌う前のトーク時にも映っています。


記事番号:1765

重要度:☆

2020年09月20日 (日) 16時59分 投稿に対して返信する

返信:
投稿者: kumiko


Motoko様

情報をありがとうございます。見てきました〜
研究室の記事にさせていただきます。
ネット世界でキヨさんのお宝探しをするのは楽しいですね(^^)v

記事番号:1766

重要度:☆

2020年09月22日 (火) 11時53分




投稿:
投稿者: kumiko


YouTubeに「また逢う日まで」のカバーが2件ありました。

西城秀樹
https://www.youtube.com/watch?v=8oRhgIfII4A
秀樹さんはデビュー前のオーディションで「また逢う日まで」を歌っていたと話していましたね。

鶴見辰吾『また逢う日まで』
https://www.youtube.com/watch?v=Uuvnaz5QvbY

記事番号:1764

重要度:☆

2020年09月20日 (日) 11時16分 投稿に対して返信する







SYSTEM BY せっかく掲示板