無料で掲示板を作ろう  紀伊國屋書店-映画公開、コラボキャンペーン開催中

プラント技術者の会 掲示板

お気軽にご意見を書き込み下さい。

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[20] 題名:明日 名前:佐藤和宏 MAIL 投稿日:2017年06月03日 (土) 16時52分

明日の会合.出席を予定していましたが所用により欠席いたします。久しぶりに皆さんのお話しが聞けたのに残念です。次回を楽しみにしております。


[19] 題名:宜しくお願い致します 名前:川井康郎 MAIL 投稿日:2016年04月28日 (木) 09時13分

野本さま、当会の川井と申します。返信が遅れて申し訳ありません。当HPへの訪問ならびに心強い書き込みを有難うございます。当会では、メーリングリストでの情報交換と議論、定例会(次回は5月29日午後@都内)を開催しております。ぜひご参加下さい。詳細は別途メールにてご案内いたします。


[18] 題名:川内原発稼働継続は技術者として許せない 名前:野本浩幸 MAIL URL 投稿日:2016年04月25日 (月) 07時44分

はじめまして、元は情報工学専攻で、5年間製鉄所の操業改善、管理の技術者として働いて参りました。
今回の熊本地震以後の、川内原発稼働継続について、規制委が真摯な議論を行っていないにも関わらず、「科学的根拠」を持ち出すことに
技術者として憤りを覚えています。
よろしければ、みなさまと一緒に活動させていただけませんか?ご連絡ください。何卒よろしくお願い申し上げます。


[17] 題名:お礼と例会参加へのお誘い 名前:長谷川泰司 投稿日:2016年04月14日 (木) 16時14分

掲示板へのご連絡、ありがとうございました。ぜひ参加していただき、計装系の知見をいただければ幸いです。メールにて詳細をご案内いたします。返事が大変遅くなったことお詫び申し上げます。


[16] 題名:現役エンジニアの参加について 名前:菅谷 智樹 MAIL 投稿日:2016年03月05日 (土) 15時16分

プラント技術者の会の皆様

初めまして、菅谷と申します。
現役のプラントエンジニア(主に計装)ですが、皆様の活動を知り、
自分にも何かできる事があればと思い書き込み致します。
上記メールアドレスにご連絡頂ければ幸いです。


[14] 題名:mogura 名前:三宅 勇次 MAIL URL 投稿日:2014年06月07日 (土) 12時54分

皆様へ
明日 お邪魔します
内容はURLにあります


[13] 題名:ご返事 名前:筒井哲郎 投稿日:2014年05月14日 (水) 22時40分

三宅様 ご連絡ありがとうございます。
わたしも意見交換の機会をいただければありがたく存じます。
別途ご連絡申し上げます。


[12] 題名:IRID 名前:三宅 勇次 MAIL URL 投稿日:2014年05月13日 (火) 09時59分

IRIDで筒井さんのお名前を見つけ、プラント技術者の会の存在を知りました。私も 汚染水と取り出しの双方へ提案したものであり、筒井さまと意見交換できれば幸いです。

 三宅勇次
三宅技術士事務所@神奈川技術士会


[11] 題名:ホームページ投稿へのお礼 名前:福間 幸夫 投稿日:2014年03月13日 (木) 14時13分

伊吹様
「プラント技術者の会」会員・福間幸夫と申します。『私の脱原発宣言』をお読み頂き、本当に嬉しく思います。私は、最近は「政府のエネルギー基本計画(案)、原発をベース電源として活用する」に関して、私の高校時代の朋友にメールしています。その反応は、いまだ原発の安全性(日本の技術力を信頼している)を信じている人が多い、という感じです。私は、人間が造ってきたものはいつかは必ず壊れるものだ、という「常識」をいつから失ってしまったのだろうか、と思う。経年劣化等々で事故が起ころうが起きまいが、原発は日々猛毒プルトニウムを生産し続け、それを安全に管理し続けることは困難であり、また使用済み核燃料を処分する場所はこの地球上にどこにも無い、また、一たび戦争になれば、どこの国であろうとも原発をミサイルの標的にするのは必定でしょう、とメールしています。この国を脱原発に政策転換させるには、まだまだ遠い道のりがありそうですが、皆さんとともに頑張って行きたいと思っています。以上、私達ののホームページをご覧頂きましたことに感謝を込めて、一筆啓上。


[10] 題名:共感をいただきありがとうございます 名前:筒井哲郎 投稿日:2014年03月06日 (木) 10時14分

伊吹様からのコメントをうれしく拝見しました。
われわれも職業倫理の一環として、できる限りのことをしたいと思っております。
連携活動は、脱原発のために先達方が行っておられる種々のグループと連携しております。
六ケ所村の核燃料サイクル施設の差し止め訴訟原告団のみなさんにたいしても、メンバーが微力ながらご協力しております。
今後ともご厚誼をお願いします。




Number Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板