新QRP Plaza
QRP無線機自作・運用を広く楽しむ掲示板です。初心者も歓迎、 投稿はコールサインを記入ください。
QRPキット・自作時の保証認定の問題も扱いますのでご議論・ご質問ください。
[TTT blog] [測定器掲示板] [自作プラーザ過去ログ] [★CRkits共同購入] [NTS-620] [DL-20K]
◆自作保証認定問題 ◆自作保証認定問題2 ◆自作保証認定問題3 ◆自作保証認定問題4

タイトル コールサイン
内容
画像
削除キー 項目の保存  引用lot番号:
RSS
[2200] :スプリアス規格の台帳! 名前:JR9PRA  投稿日:2017年08月18日 (金) 19時47分
台帳とは各無線局の無線設備、第1送信機〇〇、新スプリアス規格適合機、第2送信機××、旧スプリアス規格と記入されており、各総合通信局に備え付けてあるそうですよ!
[2199] :情報の根拠 名前:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年08月18日 (金) 15時59分
JR9PRAさん  JA1BVA 齊藤です。

たくさんの情報を集めていただきましたが、

(1)台帳とはどういう物ですか。アマチュア関係の法律、要領、告示などのどこに書かれていますか。
(2)台帳に記載されるためには、JARDの測定データが必要だととのことですが、これは、どの法律、要領、告示に書かれていますか。

以上、教えて下さい。



[2198] :実績が証明そして矛盾 名前:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年08月18日 (金) 15時38分
JA1BVA齊藤です。

 手持ちのKX1を実測すると、旧スプリアス強度が得られます。
しかし、平成17年3月の保証であるため、平成34年以降は使用出来ません。

KX1は、今年の2月に生産終了したそうですが、一貫して仕様の変更は無かったと聞いていますので
同じKX1を平成17年12月以降に保証を受けたとしたら、新基準機として免許になったはずです。

このことは、JE1FRC斉藤さんの実績報告が証明しています。


自作機が新基準機か旧基準機かは、その送信機の性能によって区分されるものではなく、
保証を受けたのが平成17年11月30日以前か、平成17年12月1日以降か、で決められています。

スプリアス基準への適否と無線機の性能とは無関係です。

別の例をご紹介します。
メーカー機のFT−817という送信機は、実測すると新スプリアス強度が得られます。
取り説には、HF帯ー50dB以下、VHF帯−60dB以下、と記載されています。
これは、新スプリアス基準の数値ですが、しかしながら、旧技適番号を持っています。

従って、平成16年のTSS保証である事よりも、旧技適番号機であることから、平成34年以降は使用出来ないのです。

使用できるようにするためには、LPFを追加変更し、自作機として現在の保証を受けなければなりません。
JARDはこのリグには、2500円で紙一枚を書いて、新基準に合致しているとする確認保証をやっています。

これがJL1KRAさんが指摘されている、矛盾だと思います。




[2197] :ReReReReReSST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス機 名前:JR9PRA  投稿日:2017年08月18日 (金) 15時33分
今日の15時15分、先ほどJJIIZW/岡本正之さんからFacebookで情報提供がありましたよ!
関東総合通信局げSST40、PFR-3、KX1が新スプリアス機として台帳に記載されていない理由はJARDの「電波測定サービス」と「測定室無料開放精度」での測定データが関東総合通信局に提出されていなかったからだそうですよ!
JJIIZW/岡本正之さんは1エリアに住所があるので、JARDの「測定室無料開放制度」を利用して測定データをJARDに提供してもう一度保証認定してもらうとのことですよ!
JJIIZW/岡本正之さんが確認したところ、外国の完成品やキットは平成17年12月1日以降にTSSで保証認定してもらうと一応は新スプリアス規格適合機になるのですが、
総合通信局の台帳に新スプリアス機として台帳に記載してもらう為にはJARDの「電波測定サービス」や「測定室無料開放制度」による測定データの情報提供が必要なのだそうですよ!
エレクラフト社のKX2はJARDの「電波測定サービス」や「測定室無料開放制度」による測定データの情報提供があったので「新スプリアス規格適合機」として認定されたそうですよ!
[2196] :Re:Re:ReReSST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス機 名前:JL1KRA  投稿日:2017年08月18日 (金) 12時49分
にわかに信じられませんが、SST40、PFR-3、KX1、これら名機が
新スプリアスとして台帳に載せられないとなれば、フィルターを追加しても
使えなくなってしまうということでしょうか。

CQ9月号に

● 新スプリアス規格のアマチュア無線機器への対応についての補足
  総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課

という記事があるようです。
今回は何か有用な情報はあるでしょうか。

もともとからして矛盾した制度の崩壊は近いような。
[2195] :Re:ReReSST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス機 名前:JE1FRC 斉藤  投稿日:2017年08月18日 (金) 12時16分
JE1FRC斉藤です。
初の書き込みになると思います。
気になる記載だったので驚いているところです。

6月末頃にPFR-3やKX1の変更申請等で関東総合通信局アマチュア担当に電話し確認した時には「平成17年12月1日以降にTSSで保証認定した無線機」は新スプリアスとのことで、無事手続きも完了しています。届いている免許状にも特に追記等はありませんでした。
[2194] :ReReSST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス機 名前:JR9PRA  投稿日:2017年08月18日 (金) 11時29分
JA1BVA/斎藤さん、JR9PRA/Toshiです!こんにちは!
JJ1IZW/岡本正之さんが関東総合通信局に抗議したところ、
いくら平成17年12月1日以降にTSSで保証認定した無線機であっても最初から旧スプリアス機として生産されている完成品やキットは新スプリアス機として台帳に記載できないと言ってガンとして受付なかったそうですよ!
それで、JJIIZW/岡本正之OMが1エリアのOM各局に一応は関東総合通信局に問い合わせとほうが良いと勧めているのですよ!
今日の朝、9時55分に北陸総合通信局に問い合わせてみましたが、
平成17年12月1日以降にTSSで保証認定した無線機は新スプリアス規格適合機としてとして台帳に掲載されるのですが、
最初から旧スプリアス機として生産されている完成品やキットはいくら、TSSで保証認定してもらっても新スプリアス機として台帳に掲載することはできないそうですよ!
つまり、基本的には平成17年12月1日以降にTSSで保証認定してもらった完成品やキットは新スプリアス機として台帳に記載されるのですが、
モノによっては旧スプリアス機として台帳に記載されると言うことですねぇ!
[2193] :Re:SST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス機! 名前:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年08月18日 (金) 10時51分
JP9PRAさん   情報をありがとうございます。

 CQ誌4月号に新スプリアス規格への対応について、という記事があります。
75ページのフローチャートには、
平成17年12月1日以降に保証を受けている→YES 新スプリアス規格

と書かれています。

この意味はお分かりと思いますが、
この記事の執筆者は、総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 の人で、関東総合通信局の上位のお役所です。

昔で言えば、郵政省本省と関東電波監理局の認識が異なっている状態です。

>1エリアのOM各局の皆様へ、・・・と書かれていますが、
他エリアの総合通信局については、どうなんでしょうか。
関東総合通信局だけについて、台帳の確認が必要なんでしょうか?
[2192] :SST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス機! 名前:JR9PRA  投稿日:2017年08月18日 (金) 08時36分
JJ1IZW/岡本正之OMからFacebookで昨日の17時30分に情報提供がありましたよ!
関東総合通信局に無線設備が新スプリアス規格に適合しているか確認したところ、
日本製の新しい新スプリアス規格適合機は台帳に新スプリアス規格適合機として掲載されていたそうですが、
平成17年12月1日以降にTSSで保証認定した無線機が旧スプリアス機として掲載されていたそうですよ!
SST40、PFR-3、KX1が旧スプリアス規格機となっていたそうですよ!
平成17年12月1日以降にTSSで保証認定した無線機が関東総合通信局の判断で旧スプリアス機として台帳に掲載されていたそうですよ!
1エリアのOM各局の皆様へ、平成17年12月1日以降にTSSで保証された無線機でも、関東総合通信局で台帳の確認をされることをお勧め致します!
[2191] :TSSから返金あり 名前:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年08月16日 (水) 11時59分
JA1BVA齊藤です。

本日、TSSから保証料の返金があり、4月10日から4ヶ月間のなんだかんだが決着しました。

 保証願いした変更申請は、新スプリアス基準に対応するためのものなので、
平成34年11月までに行えば良いので、時間はあります。

今後は、何台でも一定金額というのは魅力なので、やはりTSSへ保証願いを続けるつもりです。

 
[2190] :mcHF QRPトランシーバ 名前:JA5GHK  投稿日:2017年08月15日 (火) 19時35分
関東は雨続きで暇を持て余し、CQ出版のSDRまつり(8月19日)のページをのぞいていたら、mcHF QRPトランシーバのキットを見つけました。
http://www.m0nka.co.uk
エレクラフトのKX2に似た3-30MHzSSB AM CW SDRトランシーバーです。ボードレベルで259.99GBP(約37k円?)表面実装部品のハンダ付けが必要です。専用ケースはeBayでもいくつか見つけましたし、中国製のクローン完成品もあるそうです。
日本語のページもいくつかありました。
[2189] :Re:Re:Re:Re:Re:Re:ReTSS社長への通知 名前:JG2VSF  投稿日:2017年08月15日 (火) 17時37分
TSSからの返金で、この件が終結しないように祈ります。
TSSが終ったら、困りますものね。

ちょっと過去の私の申請状況を調べてみました。

2007年に、HPにある書類は10台までしか書けないけど10台以上はどうすればよい?
という問い合わせに対し、その日のうちに書類を添付した返事がきました。
(問い合わせ時刻はAM1時で返信はPM5時)

直ぐに10台以上の増設の申請して、間違いがあるという連絡を受け、訂正したZIP
ファイルを送った4日後に保証するというPDFファイルがメールで送られてきました。
申請して1か月たってなかったように記憶してます。

2009年にも電子申請により変更申請していますが、この時も1か月かかっていなかった気がします。

何箇所か間違っていたため「ここが間違っているから直してください」というメールが来て
直したら3日後に「保証するというPDFファイルを送ります、それを添付して総通に申請してください」
というメールが来ています。

10年近く前ですが、当然ですが電子メールの問い合わせに対しても返事があるし、処理もそんなに
遅いという感じは受けませんでした。
[2188] :ハムフェア 名前:JL1KRA  投稿日:2017年08月14日 (月) 14時25分
今年展示はCS-40とChocolate基板をQRPの里に置かせてもらおかなと思います。
土曜日には参加の方向です。会場内でキットの
手渡しご希望される方はあらかじめお知らせください。
[2187] :Pedestrian mobile 名前:JL1KRA  投稿日:2017年08月14日 (月) 14時23分


Pedestrianでも本当のbare footなのはこの人くらいかもしれません。
サンスポットが低くても色々楽しめるよと提言されています。
[2186] :Re:Re:Re:Re:Re:ReTSS社長への通知 名前:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年08月12日 (土) 16時36分
JA7CDW/1橋本さん   JA1BVA 齊藤です。

了解しました。本社は港区赤坂、保証は千代田区神田ですから、
それぞれの場所で仕事をしていると思います。
[2185] :Re:Re:Re:Re:ReTSS社長への通知 名前:JA7CDW  投稿日:2017年08月12日 (土) 13時59分
JA1BVA 斎藤さんへ JA7CDW/1橋本です。
その時の書類は仙台の自宅に置いてきました。
記憶が定かではありませんが木村さんでは無かったと思います。 
[2184] :Re:Re:Re:ReTSS社長への通知 名前:JA1BVA 齊藤  投稿日:2017年08月11日 (金) 17時47分
JA7CDW/1 橋本さん  JA1BVA 齊藤です。

2年前からこういう状態があったということで、びっくりです。
事業部長は、TSS本社のHPに記載の木村信次郎さんでしょうか。

本社と保証事業部の住所が異なるので、
社長と保証事業部長が同一人物は信じられませんが・・・。
[2183] :Re:Re:ReTSS社長への通知 名前:JA7CDW  投稿日:2017年08月11日 (金) 14時27分
初めまして、JA7CDW/1 橋本です。
1昨年の事なので少し古い情報ですが、 
私も約4ヶ月経過しても回答がありませんでした。そこでTSS事業部長あてにメールを出しました。「私は高齢です。残された時間が少ないのです。時間がもったいないのでキャンセルしたいのです」という内容でした。すると事業部長名で保証料が返金されてきました。改めて他の機関に申請したら1週間で完了しました。
[2182] :Re:Re:TS-850故障 (表示異常) 名前:JH1ARY  投稿日:2017年08月09日 (水) 00時14分
VSFさん

> 直ってよかったですね。
ありがとうございます。

それと驚いたのは電解コンの無い裏側はとてもきれいな事でした。
添付のようにフラックスの残渣のような物が一面を覆っています。
それがコーティング作用をしたのか漏れた液が下まで来なかった
だけなのか腐食も無くとてもきれいでした。
[2181] :Re:Re:CS-40の送信機系統図 名前:JE1NGI  投稿日:2017年08月08日 (火) 20時02分
> NGIさん、私もSi5351デジタルVFOの機種は初めてなのですが
> こんな感じではないでしょうか、ご参考にされてください
> よろしくお願いします。

JL1KRAさん

早速のレスをありがとうございました。
なるほど,デジタルVFOのところはそうなるわけですね。
実はここがよくわからなかったのです。
お尋ねしてよかったです。

お手数をおかけいたしました。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
 


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板