新QRP Plaza
QRP無線機自作・運用を広く楽しむ掲示板です。初心者も歓迎、 投稿はコールサインを記入ください。
QRPキット・自作時の保証認定の問題も扱いますのでご議論・ご質問ください。
[TTT blog] [測定器掲示板] [自作プラーザ過去ログ] [★CRkits共同購入] [NTS-620] [DL-20K]
◆自作保証認定問題 ◆自作保証認定問題2 ◆自作保証認定問題3 ◆自作保証認定問題4

タイトル コールサイン
内容
画像
削除キー 項目の保存  引用lot番号:
RSS
[2109] :位相差計の試作:AD734という4象限乗算器 名前:JA2EQP  投稿日:2017年06月25日 (日) 19時39分
PSNの評価用に位相差計を作ってみました。4象限乗算器としては(opアンプで言えば741のように)
AD534があまりにも有名ですが、最近ではAD734が上位互換で評判なようです。

ネットで見つけた位相差計の製作例でも(JA3GSE、JA4GII)、AD734を使用しています。
大変高価なデバイスですが、ありがたいことにサンプル提供してくれますので、これを採用しました。

位相差計としてのスペックはこのICで決まってしまい、あとあまり工夫の余地はありません。
これの出力をボルテージフォロファで受け、DCアンプでメーターを振らすだけです。

ボルテージフォロファにはunity gain stableが保証されたAD8663を使い、
DCアンプにはultra low offsetのOP7を採用しました。負電圧の発生にはLTC1144を使用しました。

AD734はパワーアップ後、安定するまでに時間を要するとの記述がありますので、
(JA4GIIによると4〜5min、JA3GSEによると1〜2hr)入力を短絡したときの

offset電圧の時間変化を測定してみました。10分もおけば落ち着くようです。
どうやら。実用になりそうものができたのでので、SONYのPSNモジュールを測定してみました。

multi pahse all pass filterを追及している方から見たら、こんなものPSNじゃないよという
数値かもしれませんが、同期検波用としてはこれでもよいのかもしれません。
[2108] :Re:Re:Re:DIY kit from Thailand 名前:jh5esm  投稿日:2017年06月25日 (日) 17時33分
追伸です.

> えっと,昔,SA612ANにNJM4580の差動−シングルエンド変換を付加した回路を実験したことがあります.

差動アンプに使っている10kΩの抵抗4本ですが,5%級のカーボン抵抗を100本入袋から
無選別で取り出しています.

SA612の出力端子から見ると負荷インピーダンスがアンバランスになっていますが,CMRRが
最小でも20dBは確保できる(±5%の最大偏差時)ので,問題はないのではないかと思います.

残念ながらこの回路は実験止まりで,実機は作っていません.
[2107] :Re:Re:Re:DIY kit from Thailand 名前:jh5esm  投稿日:2017年06月25日 (日) 17時28分
KRAさん,GHKさん,こんにちは.

> 1個目はバランス→シングルの変換のみ、に使用しています。
> 2個入りオペアンプに取り換えて、1個で変換して、他方でLPF(BPF)でも組み込めたらいいのでしょうかネ。

SA612の復調出力を差動で取り出すのは,AMの通り抜けを防止する上で至極当然な使用法ですね.

えっと,昔,SA612ANにNJM4580の差動−シングルエンド変換を付加した回路を実験したことがあります.

下記画像の左から
・回路図
・入出力特性(IIP3評価を含む)
 基本波は7.001MHz.
 IIP3評価時の入力信号は7.002MHz及び7.003MHz
・AMフィードスルー
 点線が7.100[MHz]AM波(1[kHz], 30[%])のフィードスルー
です.
[2106] :Re:チョコレート基板関係(頒布価格お知らせ) 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月25日 (日) 14時49分
自作各局の新ユニバーサル基板への関心の高さに驚いています。
予定はないが次回に向けてとりあえず入手、という方が多いです。
ユニバーサルの所以ですね。

枚数により以下のような送料になります。
枚数が多いときはあらかじめお知らせください。

> チョコレート基板 380円 基板重量 37g

1枚の時 送料90円 (定型50g、92円の端数切)
2枚の時 送料140円 (定型外)
3枚の時 送料200円 (定型外205円の端数切)
〜6枚の時 送料250円(定形外)
7枚以上 送料350円 (レターパック)


[2105] :Re:Re:DIY kit from Thailand 名前:JA5GHK  投稿日:2017年06月25日 (日) 14時05分
> > NE602+LM386+LM386、VXO。ダイオードをバリキャップ代わりに使っています。
> LM386をダブルというのは初めて見ました!
1個目はバランス→シングルの変換のみ、に使用しています。
2個入りオペアンプに取り換えて、1個で変換して、他方でLPF(BPF)でも組み込めたらいいのでしょうかネ。
[2104] :Re:DIY kit from Thailand 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月25日 (日) 13時09分
> 雨模様でebayで遊んでいたら、面白そうなキットを見つけました。

eBayは時々パトロールしないと新キットが現れますね。

> 21MHz CW Ham radio receiver DIY Kit  $19.0
> 14MHz版、7MHzもあるようです。
> NE602+LM386+LM386、VXO。ダイオードをバリキャップ代わりに使っています。

LM386をダブルというのは初めて見ました!
[2103] :チョコレート基板製作例 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月25日 (日) 13時07分
49erを組んだ例です。
最初はMRX-40受信機かと思ったのですが、トランシーバ!です。
2ユニット幅のカットを工夫すればCRK-10Aのケースにぴったり入るそうです。
[2102] :チョコレート基板関係(頒布価格お知らせ) 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月25日 (日) 13時04分
チョコレート基板 380円

金属ケース(KN-Q7Aパネル付き)2100円
ケースは送料がかかってしまうので高めです。

DIY7シリーズコイル  DIY7-3.8, DIY7-7, DIY7-14, DIY7-21  200円
これはサトー電気のFCZコイルも同じ値段ですので、そちらがいいかも。

Knobless Wonderキット(主要パーツ+上記ケース) 7.200 MHz 5900円
Knobless Wonderの周波数についてはJAでは7195の邪魔になりそう?
もう少し下の選択を用意してくれないか交渉してみます。

[2101] :DIY kit from Thailand 名前:JA5GHK  投稿日:2017年06月25日 (日) 09時03分
雨模様でebayで遊んでいたら、面白そうなキットを見つけました。
タイのham-kitの製品です。送料無料。

21MHz CW Ham radio receiver DIY Kit  $19.0
14MHz版、7MHzもあるようです。
NE602+LM386+LM386、VXO。ダイオードをバリキャップ代わりに使っています。

7 MHz 0.5W QRP Transmitter DIY Kit for ham radio  $19.0
VXO発振段+ドライバ+ファイナルの構成。丸型放熱器です!。
受信用のアンテナ端子も用意されているので、上記の受信機と組み合わせればTRXに!。
[2100] :DDSの同期運転 名前:JA2EQP  投稿日:2017年06月24日 (土) 19時21分
PSNで遊んでいたら、位相差計を欲しくなりました。
4象限乗算器を使えば、比較的簡単に実現できそうです。ネット上にもいくつか製作例が見つけられます。

測定器を自作した時、いつも問題になるのは較正をどうするかです。
DDSには位相を設定できるレジスタがありますので、これを使って2相信号を作ってみようと試してみました。

データライン以外を共通にすればいけると思ったのですが、そんな単純なものではありませんでした。
結局データシートや、ANをいくつか熟読することになりました。

単独運転の時はパワーアップでリセットをかけて、それで良しとしていました。
それでは確かに位相を変化できるのですが、全く同期しません。

結局、データ更新後「その都度」リセットをアサートする必要があるのではないかという結論に至りました。
ここでも、厳密にいうとリセットのアサートはMCLに同期するべきであるとか、リセット後信号が出力されるまでには

8MCL必要であるとか、色々ややこしいことがあるようですが、ここは思い切って割り切りました。
0°から180°まで任意の位相差を持ったコヒーレントな2相信号を作り出すことができました。
[2099] :Re:Re:SARK-110アナライザ・スペアナ 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月24日 (土) 02時14分
UBD丸山さん

書き込み。ご紹介ありがとうございます。

> フィールドでの測定には今春からDEEPACE社のKC901Vも併用するようになりました。
> 実装するメモリカード次第で記録枚数は違いますが、枚数を気にせずに測定できるようになりました。
> 」」

すごい本格的ネットアナです。驚きました。
アクセサリ基板はアイディアものです。
[2098] :Re:Re:Re:Re:Re:チョコレート基板 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月24日 (土) 01時44分
チョコレート基板の初期入荷分は全数配布しました。
次に月末に入荷します。

秋月も色々な基板を出していますが、
それほど使い勝手は良くないのです。
チョコレート基板はRF系製作には最適となるランド配置の
ユニバーサルパターンです。

7o角RFコイル使う工作では特に有利です。
1枚380円強ですが、ここから12ユニット作れますので
1ユニット当たり30円と考えていただけるとコスパも許容範囲です。

送料は1枚の場合92円、端数切捨てといたします。
   4枚の場合は200円です。
[2097] :Re:SARK-110アナライザ・スペアナ 名前:JO1UBD  投稿日:2017年06月20日 (火) 23時08分
こんばんは、丸山(JO1UBD)です。

SARK-110は2年半くらい使ってますが、測定結果の記録画像容量が10枚弱で僕には少ないので、
フィールドでの測定には今春からDEEPACE社のKC901Vも併用するようになりました。
実装するメモリカード次第で記録枚数は違いますが、枚数を気にせずに測定できるようになりました。

http://www.deepace.net/shop/kc901v/

正月セールで$200安く買えました。
アクセサリのこの基板は、なかなか面白いですよ。
[2096] :SARK-110アナライザ・スペアナ 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月19日 (月) 01時13分
EDC社でSARK-110の取り扱いを開始した模様です。
秋月より安いです。
昔はMFJ-259Bをこの価格で買っていましたからCPU機能の進化は隔世です。
http://www.edcjp.jp/seeed/se-index1.html
[2095] :CQ誌7月号 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月18日 (日) 19時46分
最近は表紙買いしてしまいます。
QSLカード役立ちマニュアル以外は役に立ちました。
ネットの情報で足りるとは言いますが
紙の媒体で読むと考える気がします。
[2094] :Re:ビットトレードワン 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月18日 (日) 14時42分
> NuTubeのAMラジオキットです。
http://btoshop.jp/2017/06/09/addp1707k/

リンクが抜けていました。
明日発売の電子工作マガジンをご覧ください。
回路的には高1ラジオの模様です。
[2093] :Re:Re:Re:Re:チョコレート基板 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月18日 (日) 13時21分
どれほど簡素化されるかといいますと、
裏面このくらいのジャンパーです。
これならば初心者にも製作できそう
マンハッタン工法よりハードルが低くなります。
[2092] :Re:Re:Re:チョコレート基板 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月18日 (日) 11時27分
今度は真面目にご紹介です。



7mm角コイルがそのまま取付けられるようになっているのは便利です。
シルクを見れば部品配置で下側ランドの見通しがよいのです。
部品密度はそれほど上がりませんが、ユニット化はしやすいです。

1枚380円で頒布します。多分送料は82円か92円で送れます。
[2091] :Re:Re:Re:チョコレート基板 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月18日 (日) 00時30分
板チョコ
https://matome.naver.jp/odai/2138976670098161001
CHOCOLATE PHILOSOPHY
https://youtu.be/8fOJk2-KoCE
CHOCOLATE MAGIC
https://youtu.be/ASEi_aARYaU
チャーリーとチョコレート工場
https://matome.naver.jp/odai/2134423043451555501

ゴールデンチケットはやりたいですね。
基板の価格は300−400円くらいになりそうです。
[2090] :FT-243 7015kHz 名前:JL1KRA  投稿日:2017年06月17日 (土) 23時01分
http://qrpme.com/?p=parts

QRPmeでFT-243クリスタルを買うチャンスです。
 


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板