新QRP Plaza
QRP無線機自作・運用を楽しむ掲示板です。どなたでも歓迎です。 投稿はコールサインをご記入ください。
[TTT blog] [測定器掲示板] [自作プラーザ過去ログ] [★CRkits共同購入] [NTS-620] [DL-20K]

タイトル コールサイン
内容
画像
削除キー 項目の保存  引用lot番号:
RSS
[3625] :Re:Re:Re:Re:D4D輸入します 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月18日 (火) 12時53分
D4D上海通関しました。中国国内ではラズパイとの組み合わせが人気とのこと。
EU,WでもブレークしているようでDoug Hendricsも製作中のようです。
[3624] :Re:Re:Re:D4D輸入します 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月18日 (火) 00時57分
各局様メール届いています。早速6件ご希望頂きました。
個別回答しばらくお待ちください。本日製造元から出荷連絡ありました。
横浜に到着次第発送いたします。
[3623] :Re:HT-1Aを作りました 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月18日 (火) 00時49分
JL3AMK柴田さん、HT-1Aレポートありがとうございます。

> ●組立
> 最後に無線機のキットを作ったのが7,8年前です。
> HT-1Aは難易度も高くなさそうなので大丈夫だろうと思っていたのですが、
> 実際にやってみると己の老眼が強大な敵となっていました… orz
>
> コイル巻きはエナメル線の色の違いに何か意味があるのかと思ってしばらく悩みました。
> 単に巻き数別のコイルをわかりやすくするためでしょうか。
> 過去に作ったキットでは色に注意する必要があったのでちょっと深読みしすぎたようです。
> T1は印刷したマニュアルではよくわからずPDFを拡大表示して確認しました。

詳細なポイント参考になります。次回改訂で修正いたします。


> ●調整
> まず14MHzの感度調整でつまずきました。
> L3は違いがかなり顕著でしたが、L4はほとんど変化がわからず、
> もしかしてちょっと変わったかな?という気がする程度でした。
> 50uVをいれてSメーター7つ。その後7MHzを調整するとS9だったので、
> 周波数が高くなって感度も少し悪くなるのかなとあきらめかけましたが、
> ふと、L3とL4を見比べてみると、コアの位置(深さ)がだいぶ違っていました。
> L3と同じくらいにするとようやく大きく変化して、最終的にはS9になってくれました。

基板上の調整はあまりないのですが、これも各局に参考になります。
完成品でもコイルほんの少しいじると改善することがあります。

> BFOの調整も少し悩みました。
> どうしても600Hzになってくれなかったのですが、もしかして周波数がずれてるのかも?
> と思って送信周波数を確認すると100Hz以上ずれていました。
> キャリブレーションのモードがあるはず、と試行錯誤した結果、なんとか校正できました。
> その後、BFOも問題なく調整できました。

このあたり調整も楽しく悩んでいただければFBです。


> ●追加
> スピーカー用の穴を開けるのは初めてにも関わらず、深く考えずに適当にやり始めたところ、
> 思った位置に穴が開かず、なんとかそれっぽくなるようにと努力した結果、
> 添付画像のように、わけのわからない形になりました(笑)。
>
> アッテネーターのVRは、この位置にすると付属のXHコネクタハーネスでは少し長さが足りなかったので
> 別途購入したものを使っています。
> ただ、リアパネルに取り付ける場合はVRより固定の抵抗にしてスイッチで切り替えるほうがいいかもしれません。
> ケーブルが当たった拍子に動いてしまうのか、気が付くと意図せずアッテネーターが効いていることがありました。

外部ATTの取り付け報告を頂いたのは初めてです。
MAX-MIN表示テープなど忘れない工夫がFBです。


> 元々、自宅での運用しか考えてなかったのですが、写真から想像していた以上にコンパクトでしたので、
> 移動運用にも使いたくなって、バッテリーを内蔵させることにしました。
> オプションを追加でお願いしようかと思ったのですが、
> 手持ちの18650×3本と18650用のケースでなんとかなりそうでしたのでこれらを使いました。
> 外部電源と内蔵バッテリーを切り替えられるように、スイッチも追加しました。
> (といってもBATのコネクタからスイッチを経由してバッテリーにつないでいるだけです)
> KX2のバッテリーも使えるように直結やXHコネクタではなくDCジャックを使っています。
> ただし、手持ちのDCジャックはパネル取付用のものしかなかったのでちょっと不格好になりました。
> (添付画像ではケースの下に隠れて見えませんが…)
> また、リアパネルに開けたスイッチ用の穴の位置が悪く、ちょうどネジの上にスイッチがきてしまいました。
> 基板を外すにはスイッチも外す必要がありますので、これは失敗でした。
> バッテリーケースの固定は、繰り返し使用できる両面テープ(壁紙用ポスターテープ)で底に貼り付けて
> (ケースがネジの上にきてしまいますので、ネジの上にも両面テープを貼って誤魔化しています)
> 上にはスポンジを乗せています。

各局様で使い勝手を考え味のある改造をしていただければFBです。
かつてRJX-601やピコ6の中古はかなりの割合で80年代のハム各局は
修理と好き勝手な改造していました。
HT-1Aがそういった位置づけになればアマチュア無線の原点回帰です。

PS.
製造元からHT-1Aは現在のロットが売り切れるとしばらく
即応できないかもしれないとの連絡が本日ありました。
今のところ当方で20台以上の十分な在庫がありますが、
念のためお知らせします。
[3622] :HT-1Aを作りました 名前:JL3AMK  投稿日:2019年06月16日 (日) 23時51分
JL3AMK柴田と申します。
こちらへの投稿は初めてになるかと思います。
よろしくお願いいたします。

HT-1Aは登場時から気になっていたのですが、ついに我慢できなくなって(笑)
中島さんに頒布していただきました。

●組立
最後に無線機のキットを作ったのが7,8年前です。
HT-1Aは難易度も高くなさそうなので大丈夫だろうと思っていたのですが、
実際にやってみると己の老眼が強大な敵となっていました… orz

コイル巻きはエナメル線の色の違いに何か意味があるのかと思ってしばらく悩みました。
単に巻き数別のコイルをわかりやすくするためでしょうか。
過去に作ったキットでは色に注意する必要があったのでちょっと深読みしすぎたようです。
T1は印刷したマニュアルではよくわからずPDFを拡大表示して確認しました。

●調整
まず14MHzの感度調整でつまずきました。
L3は違いがかなり顕著でしたが、L4はほとんど変化がわからず、
もしかしてちょっと変わったかな?という気がする程度でした。
50uVをいれてSメーター7つ。その後7MHzを調整するとS9だったので、
周波数が高くなって感度も少し悪くなるのかなとあきらめかけましたが、
ふと、L3とL4を見比べてみると、コアの位置(深さ)がだいぶ違っていました。
L3と同じくらいにするとようやく大きく変化して、最終的にはS9になってくれました。

BFOの調整も少し悩みました。
どうしても600Hzになってくれなかったのですが、もしかして周波数がずれてるのかも?
と思って送信周波数を確認すると100Hz以上ずれていました。
キャリブレーションのモードがあるはず、と試行錯誤した結果、なんとか校正できました。
その後、BFOも問題なく調整できました。

●追加
スピーカー用の穴を開けるのは初めてにも関わらず、深く考えずに適当にやり始めたところ、
思った位置に穴が開かず、なんとかそれっぽくなるようにと努力した結果、
添付画像のように、わけのわからない形になりました(笑)。

アッテネーターのVRは、この位置にすると付属のXHコネクタハーネスでは少し長さが足りなかったので
別途購入したものを使っています。
ただ、リアパネルに取り付ける場合はVRより固定の抵抗にしてスイッチで切り替えるほうがいいかもしれません。
ケーブルが当たった拍子に動いてしまうのか、気が付くと意図せずアッテネーターが効いていることがありました。

元々、自宅での運用しか考えてなかったのですが、写真から想像していた以上にコンパクトでしたので、
移動運用にも使いたくなって、バッテリーを内蔵させることにしました。
オプションを追加でお願いしようかと思ったのですが、
手持ちの18650×3本と18650用のケースでなんとかなりそうでしたのでこれらを使いました。
外部電源と内蔵バッテリーを切り替えられるように、スイッチも追加しました。
(といってもBATのコネクタからスイッチを経由してバッテリーにつないでいるだけです)
KX2のバッテリーも使えるように直結やXHコネクタではなくDCジャックを使っています。
ただし、手持ちのDCジャックはパネル取付用のものしかなかったのでちょっと不格好になりました。
(添付画像ではケースの下に隠れて見えませんが…)
また、リアパネルに開けたスイッチ用の穴の位置が悪く、ちょうどネジの上にスイッチがきてしまいました。
基板を外すにはスイッチも外す必要がありますので、これは失敗でした。
バッテリーケースの固定は、繰り返し使用できる両面テープ(壁紙用ポスターテープ)で底に貼り付けて
(ケースがネジの上にきてしまいますので、ネジの上にも両面テープを貼って誤魔化しています)
上にはスポンジを乗せています。

●おまけ
パドルはCRK-10Aのページで紹介されているJR1OFPさんの小型手作りパドルです。
これも両面テープで貼り付けています。
貼った直後はしっかりしていますが、いつの間にか(使わない間に)外れていますので、時々貼り直しています。
使っている両面テープがポスター用ですので、パドルの重さに耐えられないのだと思います。
ストレートキー代わりとして使う場合は、パドルを横倒しにして机に置いて、そのままHT-1Aの側面に貼り付けています。

P.S.
添付画像のメインダイヤルのつまみは手持ちのものと交換しています。


[3621] :Re:Re:Re:D4D輸入します 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月16日 (日) 03時01分
http://jl1kra.sakura.ne.jp/D4D.html
取り急ぎページ作りました。追って充実します。
[3620] :Re:Re:D4D輸入します 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月16日 (日) 00時15分
大量に発注しました。
[3619] :Re:Re:Re:Re:HT-1A 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月15日 (土) 22時46分
> 100Hzステップでアップしています。弱いながらも+1.2kHzあたりで同じトーンが聞こえます。

DDSのスプリアスを見ていただけますでしょうか。
今までMCUからのDDS制御不良は100台頒布して1台だけありました。
DDS本体の不良は一度もないのですが、原因が分かれば代わりのフロントボードをお送りできると思います。

LCDの映りが悪くて困られたときはM/V/SAV + R/T/SPD 同時押し+メインダイアル回転でバックライト消灯できます。
[3618] :Re:D4D輸入します 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月15日 (土) 22時42分
価格は初回頒布分は3950円といたします。送料350円です。
頒布者に予備費は100円も残らないでしょう。ギリギリ価格です。

7074kHz          3950円 送料350円 部品サポート付き
14074kHz         3950円 送料350円 部品サポート付き
7074+14074大人買いセット 7800円 送料350円 部品サポート付き

逆に言いますとこの価格ですからAsisでよろしくお願いいたします。
[3617] :Re:Re:Re:HT-1A 名前:JK7UST  投稿日:2019年06月15日 (土) 21時32分
HT-1A 14MHz UP 100Hz step
安いカメラなので周波数がうまく写りませんでした。
100Hzステップでアップしています。弱いながらも+1.2kHzあたりで同じトーンが聞こえます。
[3616] :D4D輸入します 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月14日 (金) 08時01分
挑戦される方はメール、掲示板等でお知らせください。
忙しくて遅れていますがマニュアル等詳細は今週末にWebにもアップします。
発売記念で4.5K円くらいを目指します。
周波数は7074または14074いずれかを選択してください。

HT-1Aと同じく、最初のロットは発売記念で安くします。
土曜日には数を決めて発注します。

[3615] :Re:Re:シンプルレシーバーでFT8 名前:JA9MAT  投稿日:2019年06月14日 (金) 07時18分
AシンプルレシーバーでFT8は、

https://mp.weixin.qq.com/s/-Es5XWPcKTXxAZ8qdjIk4g

です。何度もすみません。
[3614] :Re:シンプルレシーバーでFT8 名前:JA9MAT  投稿日:2019年06月14日 (金) 07時16分
すみません。LINKを間違えました。
@D4D改造は、

https://groups.io/g/crkits/topic/d4d_modification_for_better/31761708?p=,,,20,0,0,0::recentpostdate%2Fsticky,,,20,2,0,31761708

AシンプルレシーバーでFT8は、

https://groups.io/g/crkits/topic/d4d_modification_for_better/31761708?p=,,,20,0,0,0::recentpostdate%2Fsticky,,,20,2,0,31761708

です。
[3613] :シンプルレシーバーでFT8 名前:JA9MAT  投稿日:2019年06月14日 (金) 07時13分
D4D良いですね。既に、ご存知かもしれませんがIMD を改善する改造方法が出ています。



また、シンプルレシーバーのNE602の出力だけでFT8を受信しているものがあります。はじめはノイズ対策の為、LM386の代わりに三極管アンプをつないだそうですが、それを外しても良い結果が得られたようです。wsprの受信にも応用できる"単集成电路受信機"です。

[3612] :D4D組み立て中 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月12日 (水) 01時54分
こちらも組み立て再開いたしました。
Step by Stepで楽しいです。WSJT-Xと組み合わせながら
作っていきます。
[3611] :Re:XHを扱うなら 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月11日 (火) 20時03分
> 日本圧着端子製造「純正」のピン抜き工具です。ネジの西川で買いました。

ご紹介ありがとうございます。さすがにここまでは、お値段もそれなりにしますね。
秋月にもP-09の扱いありました。何かの機会に買えば10K円到達し送料無料狙えるかも。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gT-14357/
[3610] :Re:Re:仰角 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月11日 (火) 19時58分
> なんで船を無理して陸地に上げるのでかね?

”船頭多くして船山に登る”を体現されたのではないかとではないかと。
全部AIに置き換えたほうがいいかもしれません。
高い俸禄を食む方々もいりませんし。
[3609] :恐るべき Cricket! 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月11日 (火) 15時34分
W6で製作し持ち帰ってきた4S-QRPのクリケット40で1st QSOが出来ました。
代休の平日日中はチャンスだろうと、7010のクリスタルでCQを出したところ
CQ2回でJA1XWKさんにピックアップいただきました!

クリーンQSKでよいオペアンプを使っているからか聴感上の分離が容易です。
QSO中も2-3局聞こえているわけですが集中すれば大丈夫。
パワーも電池が新品なら500mW以上出ます。006Pでこれは凄いです。
これほどすごいリグとは思いませんでした。

ただしQSO直後にドワーンとラジオ日経が、、タイミングはあると思います。
”これはPixieではない”に偽りはありませんでした。
[3608] :Re:仰角 名前:JR1QJO  投稿日:2019年06月11日 (火) 12時32分
このサイトのテーマからずれますが。兵器は移動できてなんぼ
と思います。かつてヒットラーが陸地に戦艦の主砲を設置して
役にの立たなかったという事例があります。なんで船を無理して
陸地に上げるのでかね?

私より頭のいい人がいたら教えてください。

それに「3rd」とか言う高調波みたいな名前の移動式防衛兵器が半島に
配備され、あまりにもレーダーが高性能のためか?大陸の国に半島国
は虐められているそうです。そっちの方がコスパの良い買い物かも?
[3607] :Webサイト再構築、難航中 名前:JL1KRA  投稿日:2019年06月10日 (月) 09時41分
頒布サイトはsakuraに移行したのですが
第4階層まである中で、いたるところでgeocitiesのほうにリンクが張られており
移行に難航しています。実は最初の頃手打ちで作っていたのと
現在使っている安いホームページソフトの出来の悪さで
修正に難航しています。異常に時間がかかり
すぐにハングアップしてしまいます。

重要なものから対処していますが
もし見たいものが見られないなどあればお知らせください。
[3606] :XHを扱うなら 名前:JA2EQP  投稿日:2019年06月09日 (日) 16時05分
日本圧着端子製造「純正」のピン抜き工具です。ネジの西川で買いました。
純正工具というものが、いかに高価かの見本みたいなものです。
先の細いピンセットで代用可能ですので、なくても大丈夫ですが。
因みにXHにはPA-09のダイスは1.6mmと1.9mm、EHには1.4mmと1.6mmです。
 


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板