皆さんの作った筥迫、嚢物、細工物等をご自由に掲示してください。
画像サイズは自動的に縮小されます(サムネールをクリックすると拡大表示します)。
筥迫工房の型紙以外の作品の掲載も歓迎します。
管理人への質問にもわかる範囲でお答えします(個人的連絡は右下の「管理人へ連絡」へ)。
すてき!と思った作品には、是非コメントを入れてあげてくださいね。

 

ご自分で決めた「削除キー」を入力することによって、各自で投稿を削除できます。
削除キーを設定しない場合は、管理人に削除を依頼してください。

「メールアドレス」は任意ですが、投稿時には表示されません。管理者から投稿者様へ
直接ご連絡差し上げたい場合に必要なものなので、できるだけご入力ください。

名前
メールアドレス (非公開)
題名
内容
画像


  削除キー Cookie 

RSS

アップロード モバイル

筥迫完成のご報告です。(19作目)

縞柄が美しい手織りの丹波木綿で筥迫を仕立てました。野趣あふれる表布に京の葵祭に使われる二葉葵を刺繍したカジュアル&エレガンス。雅なモチーフと武家の装い意匠とが相まった、まさしく公武合体、アンビヴァレンスな夢の筥迫となりました。緑と薄紫の彩配は、平安の襲色目(かさねいろめ)「葵」を意識して。

 表布:丹波木綿(丹波木綿の会 谷口氏作)、刺繍装飾  /  内布:絹
 挟み玉縁:古きれ薄絹(浅はなだ色) / 緒締玉:ベネチアンガラス8mm金フォイル
 メモ:0.5ミリ厚紙+鏡周りと被せ裏に懐紙1枚養生、綿入(キルト芯+フェルト)
 打ち紐:藤(江戸打ち) ; 切り房:<藤16>レーヨン

表布は薄手のジーンズくらい。厚手用に芯材0.5mm厚紙を購入して正解。以前11作目で初めて金襴を使った時は途中で手こずって泣きそうでしたが、今回は落ち着いて裁断前からほつれ止めの薄糊と金槌を準備。木綿と薄糊の相性がよくて簪差しや巾着もトンテンカンと無事に成形できました。

それにしてもこのふんわり木綿には刺繍下絵の線がつかなくて困りました。仕方がないので薄紙の上から線をまつり繍いし、ピンセットで紙を剥がしてから釜糸で面を埋めました。一部駒縫い風のところは、工房販売の「とじ糸:メタリック糸フジックス」を金糸代わりに、絹ミシン糸90番でとじています。

今回の仕掛けは、かぶせを開くと「牛車」とレディな唐草小菊が現れるところです。牛車は貴族の乗り物で高級車の代名詞。ちなみにこれは網代(あじろ)、清少納言によるとスピードが身上だそう。
とっておきは、巾着の綿に香木を包んだこと。安政二年創業の石黒香舗さんの匂い袋からひとつまみ。なんとも甘くスパイシーな香りで、殿上人の典雅な気配に包まれます。

メモ:【丹波木綿】兵庫県伝統的工芸品。江戸時代宝永年間(1710〜1740)より農家の嫁や娘が農閑期の冬に、糸を紡ぎ、染め、織り、衣料としていた。草木染め、手つむぎ、手織りの技術が今も保存会によって継承されている。自家用として各家で使われていたため素朴で決まった縞柄もなくデザイン帳も残っていないそう。(柳宗悦氏によって紹介された「丹波布」の方は、丹波市青垣で織られた佐治木綿のことで当時の裂帳も発見されて復刻に役立ったそうです)

…いやはや刺繍筥迫への憧れの一念で、肩も刺繍も「凝りに凝って」しまいました。Rom筥さまのブログを読むと体調管理の大切さも伝わってきたり。でもおかげさまでのめり込むほど筥迫づくりを愉しんでおります。改めてお礼申し上げます。

ちゅん [659] 04/15/(月) 16:44:09

コメント

まぁ段々と凝った筥迫にレベルアップしてきましたね。
刺繍と布の合わせも素敵です。
釜糸使って本格的になってきましたね。
全体的な色使いもとてもきれいです。

それと、ちゅんさんは巾着と房の形を取るのがお上手です。
これは数をこなさないとなかなかうまくならないもので、段々とその成果が出てきているような気がします。

以前はハンマーを使って圧着という方法を書いたと思いますが、私は今は相当のものでない限りハンマーを使って圧着はしていません。
糊使いの妙である程度の物はアイロンがなくても貼ることができます。
これは直接でないとちょっと教えられないのですが。

筥迫作りもちゅんさんぐらい考えて作ってもらえると、これだけで生涯の趣味になりそうです。

肩も刺繍も思う存分凝った筥迫作りを今後も邁進して行ってください!

Rom筥 [660] 04/15/(月) 17:08:11

四ツ襠紙入と懐紙入れ

最近、四ツ襠を愛用中なので、ちょっと明るい色目のが欲しくて作りました。
去年、徳川美術館のショップで購入した藤の柄のハンカチを表生地に、手拭いを内布の被せ部分に使用しました。
被せを開いたときに本体部分に見える楓が密かな楽しみです。
実は、もう1個作りかけたのですが、ものすごく柔らかい生地にお手上げ状態になりました。
もう1回、講習会に行こうと思います。
久しぶりに懐紙入れも制作。
表も内布も菊柄です。紫好きの方へのプレゼント。

郁駒屋 [655] 03/18/(月) 17:39:54

コメント

ああ、この藤と紅葉はとても綺麗な使い方です。
開いた時がとても素敵。

私は最近、この金具にちょっと手を加えています。
ここでは書けませんが、いつか直接聞いてください。

貼り込み方もとてもお上手になりました。
このぐらいの薄手がやはり綺麗に仕上がりますね。

柔らかい生地って何だろう???

Rom筥 [656] 03/18/(月) 17:49:15

柔らかい生地ですが、正絹生地なのですが、
薄くもなく、厚み的には扱いやすいはずなのですが、
こしが無いというか、ふにゃふにゃと逃げる生地なのです。
折り目もつきにくかったので、直線が取れない状態に陥りました。恐ろしい生地です。

郁駒屋 [657] 03/18/(月) 18:24:39

たまにとんでもない生地ありますよね。
サイビがつかない生地や、折り目がつかない生地など。

私が一番嫌いな生地は「塩瀬」です。
縢襠付筥迫には適しているのですが、
型によってはこれほど嫌な生地はない(特に高級品)。

まぁ仕事でどうしても使わなければならないのでなけれ使いづらい布は避けて通りましょう。

Rom筥 [658] 03/18/(月) 18:57:42

筥迫完成のご報告です。(18作目)

「春よ来い」をお題にした筥迫、黒谷和紙を使った四作目は藍色にとりどりの花が咲く紅型染めです。素朴な少女の雰囲気なので、着せ替え人形のように愉しみました。お襦袢(内布)は桃色の鹿の子模様で、赤い玉縁(半衿)に赤い房(帯)。赤いかがり糸を締めたら(鼻緒)、簪差し口に総絞りの赤い帯揚げはいかが。そうそう髪には赤い玉かんざし(緒締玉)でおめかしを。

 表布:黒谷和紙 紅型染、刺繍装飾 、 内布:木綿
 挟み玉縁:ポリ化繊 / 緒締め玉:ガラスビーズ8mmめのう色
 メモ:0.7ミリ厚紙標準+鏡周りと被せ裏に懐紙二枚養生、綿入(キルト芯+フェルト)
 打ち紐: 紅 ; 切り房:<紅02>

 型染めの花芯に金の刺繍糸を挿すととても華やぎました。型紙に入るすべてのお花に刺繍しようと江戸職人きどりでおりましたが、ついに簪差しの裏側にまできてなぜかこの小さな贅沢が引き起こす、奇妙な背徳感でだんだん落ち着かない気分になってゆく。
…だって絶対に隠れるところ…でも手に取れば見える所。「筥迫はハイクラスな美術装飾品」ですから思い切って心の壁も破らないといけないでしょうか。うーん…やっぱり落ち着きませんね、庶民ですね、数十センチの糸がもったいない。江戸時代の「贅沢禁止令」がDNAにまで受け継がれたか。

 こんな怪しげでものくるおしい気持ちになるとは、きっと鬼の仕業に違いない…筥迫の魔除け鏡が効かないのはどうしてか?魅惑的な赤い房を見つめていると、あれ?菊結びがひとつ裏返っている。さてはこれが鬼門に?それとも心優しいみいちゃんが、節分の鬼が逃げられるよう一つ門をあけておいたに違いない… そんな幻想を振り切り、心を鬼にして全部の花芯に刺繍をいれました。やっぱり全方位、きらきら、きれい。エレガントなお嬢様気分。
 素朴な「みいちゃんの筥迫」にするはずでしたが……あぁ、節分お化けか! みいちゃん鬼の春待ち筥迫のできあがり! 旧暦の節分にも間に合ってお後がよろしいようで…。

PS: 先日、江戸時代の古今雛を見て、豪華な女雛の襟元に垂れた飾り結びが筥迫教本と同じでした!お雛様についてはRom筥さまのブログでもかなり詳しい記述がありましたね。今回の菊結び3連も古今雛の中の真似っこです。

ちゅん@和紙の人 [653] 02/28/(木) 17:13:31

コメント

ちゅんさんの相変わらずの妄想が楽しい。
絵に描いたような筥迫ビルダーの楽しみ方ですね(笑)。

それから、ちゅんさんのDNAは戦時中に質素倹約に成らざるを得なかった「贅沢は敵だ!」に影響されたものです。

江戸時代の奢侈禁止令は、豊かになっていく商人たちを抑えつけるための「身分制度の維持」が目的のようなものですから、庶民たちは従順なふりをしても内心は相当反発があったわけです。
贅沢できるお金があるのに贅沢しちゃダメ!と押さえつけられていたわけですから。

ですから「一見して目立たないように凝りまくる(金を掛けまくる)」、もしくは「見えない所を思いっきり派手にする」という反骨精神が懐中物、提げ物に込められていたのです。

そのような時代の中で、本来の筥迫は奢侈禁止令も及ばない世界で綺羅を張るための道具として使われていたので、その地位を見せつけるためにとことん派手であったのです。

ではこれを現代に生きる私たちに置き換えると、お金というよりは「年齢的な縛り」の中で生きているということ。
社交的なパーティー文化もないですし。

ということで、奢侈禁止令も及ばない大奥に匹敵するのが未婚女性(笑)。
ハレの日であれば超絶見栄張りに励んでください。

そしてある程度の年齢に差しかかったところから、奢侈禁止令に縛られた商人と見立て、お金はあっても年齢のために派手なものを身につけるのははばかられる。
ならば見えるところは年相応な素材にして、隠れているところを思いっきり派手にする。
または一見して目立たないけれど思いっきり凝りまくる。

これが現代の懐中物の真髄と考えます。

そしてこれができるのが自作出来る人ならではの楽しみということで、優越感をしっかり感じてください(笑)。

rom筥 [654] 03/13/(水) 11:21:18

三段口の復習2個目

お気に入りの染紬を使用しました。
私にしては明るい色ですね。
フチ出しをしたくて被せ裏の内布と襠を羽二重で作りました。
それ以外の内布は羽裏を使用。
今回のはすっきり綺麗にいきました。
前回の分に附けていただいたコメントを見て、ちょっと
安心した部分もあります。

郁駒屋 [651] 02/16/(土) 11:00:07

コメント

「襠」綺麗に出来ましたね。
三段口扇襠筥迫らしい厚みという感じです。

被せの裏から鏡側の差し込みと合わさるところ、
内布を横から被せるように組み合わせてね。

そして郁駒屋さんなら(笑)、巾着の口はもう少し根性で締められるはず。

Rom筥 [652] 02/16/(土) 23:43:34

三段口の復習

帰って、早速復習です。
なのに、ちをつけ忘れた〜。
表生地はお気に入りの縞に扇。内布は歌川国芳の猫と
番傘です。
襠に表生地を使ったら、思ったよりも厚みが出てしまいました。芯を入れなければ良かった…。
沢山作ってみないと、まだ生地の厚みが読み切れていないようです。

郁駒屋 [648] 02/05/(火) 18:51:43

コメント

粋な筥迫は郁駒屋さんならではですね。

「ち」は別に付けなくてもいいんですよ。
とりあえず房を付けた方がいいかなと思って付けたぐらいのノリなので。
それに付けてしまったら房を付けるのが必須になってしまうし。

私は自分が着装するなら房を付けることはあまりないので(どちらかといえば金具物の方が好き)、背面の鏡を嵌め込みでなく段口仕様にして「ち」は鏡に付けるかな。

襠はどこまで潰しているかにもよりますが、でも分厚くなったとしてもそれはそれで個性として認めてあげてください(笑)。

女持ちは薄手が好まれますが、袋物全盛の時代の男持ちはとんでもなく分厚いですから。

こんなちまちま薄手のものばかり作っていると、たまにはあのぐらい潔いほどに分厚い袋物を、心ゆくまで作ってみたいと思ってしまうRom筥です。

Rom筥 [650] 02/14/(木) 21:42:10

年末年始の思い出。

筥迫でおめかしして出かけた時のご報告です。
以前、静電気で筥迫の切り房がわぁっと広がって収まらず往生したことがあったので、この日は帯電しにくいという裾除けにし小さなアトマイザーに水を入れて携帯したり用意周到で臨みました。
結果、道中は羽織物が胸元を押さえて固定していた事もあり、切り房もさらりと落ち着いており大丈夫でした。
(ちなみにどう困るかというと、胸元で切り房の糸が広がると食事がしにくいです(外すかハンカチやナプキンで襟元から押えます)。それと御化粧室での身繕いがしにくいです。)

さて行き先では、羽織物をどのフロアで外そうかと迷いました。建物内でも賑わう場所では、暖房があっても外套を着たままの方も多いようですし、塵除けのように考える?せっかく筥迫を入れているので見えるようにしたいし…などと悩ましく結局ギャラリーフロアの手前で畳みました。冬のもどかしいお洒落心(煩悩ですね)もまた奥ゆかしとしてお許しを。

作家さんとお話が弾んだので筥迫をお見せすると「紙は専門外」とおっしゃりながらも、フワリと両掌に包んで手触りがいいと感想をくださいました。お茶会の器など作られる方に和紙筥迫を感触で鑑賞いただけるとは、もう恐悦至極でございました。筥迫の魅力がまた深まりました。

別の日の組合せで年始の親戚挨拶へ。
和紙筥迫は布との摩擦があって収まりが良いため「巾着みせ」スタイルを試してみました。なんといっても頑張って作った巾着が押し潰れないという安心感が良いです。
着物地もシルク混ウールだったのでかっちりと動かず。車の乗り降りでもずれにくくて活動的になれました。和紙素材、いと良し。なんだかはまりそうです。

ちゅん [647] 01/24/(木) 21:48:37

コメント

すっかりコメント入れるのを忘れていました〜
ごめんなさい〜

年始の女性の着物姿ほど周りの方に喜ばれることはないでしょうねぇ。
筥迫と帯もお似合いで。
(私なんぞどのぐらい来ていないんだか、、、反省)

『冬のもどかしいお洒落心(煩悩ですね)』

笑った、、、

筥迫一つで可愛いオシャレ心を煩悩に変えてしまうちゅんさん、、好きです。

そして、筥迫一つで色々な方との会話の幅を広げる、筥迫がお役にたっているようで、私も陰ながら光栄に思います。
 
先日の講習会で「和紙の人」と話題に上っていましたよ。

今年もまたちゅんさんならではの新しい筥迫の世界を見せてくれることを楽しみにしています。

Rom筥 [649] 02/14/(木) 21:26:18

あと数時間だが、皆様良いお年を〜

Rom筥 [644] 12/31/(月) 22:12:28

コメント

懐中してみました

前に作った、四ツ襠紙入れを懐中しての、自撮りです。
半襟も、お揃いの絹天鵞絨です。
着物は、講習会でチラッと言っていた洋裁着物です。

郁駒屋 [642] 12/31/(月) 20:50:13

コメント

あらま、すてき。
おしゃれね〜。
四ツ襠にとてもお似合いです。

Rom筥 [643] 12/31/(月) 20:57:30

きゃー❣素敵すぎ❣

四つ襠ももちろん❣
洋裁着物👘⁉
❣❣❣
素敵過ぎますぅ❣

佐藤(藤沢) [645] 01/06/(日) 10:47:42

筥迫完成のご報告です。(17作目)

型染め黒谷和紙の筥迫で三回目を作りました。夏にすでに草花の部分を使ったので、今回は六角幾何模様を配置した柄取りです。渋い民芸調になるかとおもいきや、模様の中心に金糸を刺し、どうしても使ってみたかった「38紅紫かがり糸」で千鳥掛けをし、飾り房もお揃いの色にしたところ、一気にオリエンタルな華やぎがでて、どこかコケティッシュなオトナの雰囲気になりました!

 表布:黒谷和紙 紅型染、刺繍装飾
 内布:木綿(和布コーナーにあったシーチング?)
 挟み玉縁:絹 薄手 / 緒締め玉:ベネチアンガラスビーズ8ミリ銀箔入薄紫
 メモ:0.7ミリ厚紙標準+鏡周りと被せ裏に懐紙二枚養生
 打ち紐:昇苑くみひも江戸打1mm渋赤紫<Y-7>;切り房:フジックス手縫<297>250回巻

Rom筥さまによると同じ布で練習するとよいとのことですが、実際なかなか辛抱ができませぬ…期せずして柄取りの情熱だけで三回の和紙工作をしましたが、なるほど、落ち着いて心の余裕を振り向けられる部分がありました。伸縮性がなく正直な和紙だからか、綿入れかぶせの「折り掛け」で中央に皺がでない引き塩梅がすこし掴めた気がします。
それと今回の胴裏組みは過去最高の出来だとひとり悦に入っております。なんと教本写真の胴裏「う6」と同じ青色ではないですか。この内布の浅縹色というか薄花色(うすはないろ)は意外と冬の季節にも似合いますね。懐に冬の澄んだ青空をとじ込めているなんて、なかなかファンタスティックです。
筥迫を作っているとあっという間に時間が過ぎてゆきますね。今回もとても楽しゅうございました。いつも温かく励ましてくださりありがとうございます。

ちゅん [640] 12/12/(水) 18:00:16

コメント

和紙で作る筥迫作りですね。
まずは色合いがとても素敵!

内布がシーチングということですが、シーチングは厚みがあるので
たぶん違う布ではないかと思いますが。
どうせなら内布も薄手の和紙で作ってみたらいかがでしょうか?
なんら問題なさそうです。

色々小さなところまでこだわって、ちゅんさんが楽しんで作っている様子が目に浮かぶようです。

この筥迫を身につけてどんなコーディネートをされるのでしょうか。
写真も楽しみです。

これが今年最後の筥迫でしょうか。
来年もまたこだわりの筥迫を見せてくださいね。

それではどうぞよいお年をお迎えください。

Rom筥 [641] 12/14/(金) 18:26:46

ご報告です

遅くなりましたがご報告です。

先日掲載していただいた筥迫と婚礼用小物で娘を飾ってやり、結婚式を挙げることが出来ました。

初心者にも作れるように、分かりやすく解いた教本を作ってくださったお陰です
ありがとうございました


筥迫の裏布は白の羽二重でしました。
今思えば素人とは本当に無鉄砲ですね
初めて作ったものは型紙から写した鉛筆の文字が透けてしまい失敗
それでも懲りず白で頑張りました
白無垢にも赤い色打掛にも映えていました。

娘のからだは衿あわせが難しく、着付けは反省しきりです
筥迫の位置、懐剣の位置はいかがでしょうか?

お手伝いのときには沢山お写真を撮って差し上げるのだけど、いざ自分の時になるとバタバタと…本当にバタバタと…感慨に浸る余裕もないほど(^^;で、自分で写真は一枚もとれなかったのですが、
着付けのことも筥迫のことも初めてのケースだと、カメラマンさんが沢山撮ってくださいました。

お恥ずかしながら
アップさせていただきます




はは [638] 12/03/(月) 12:21:08

コメント

コメント遅くなり申し訳ありません。

教本を見て一人で頑張って作った筥迫ですね!

今は講習会で中級以上の筥迫作りをやっていますが、
婚礼用の筥迫なら教本だけで自作してもここまでできるという良いお手本ですね。
ありがとうございます。

筥迫の内布で「白」を使うと、ホットメルト紙に書いた線や
記号が透けてしまうので、私もできるだけ薄い色、
パステルカラーのようなものは使わないように言っています。
(慣れてきたら透けることを想定して配慮できるのですが)

それでも縢襠付筥迫は中を開くことはほとんどありませんからバレる可能性は低いと(笑)。
でも「私が作ったの〜」と中を開けて人に自慢することは
出来なくなるので、それがちょっと悲しいだけで。

筥迫や懐剣の位置は今回の画像ではよくわかりませんが、
別にメールで画像を送っていただいていますので、
こちらは別途ブログの方で何かの機会に使わせていただこと思います。

ははさんは花嫁さんの着付けもされるのですね(着付け師さん?)
いつも慣れている作業でも、やはり娘さんの着付けともなると
母の「思い」も入ってしまうので、いつも同じ状況ではないでしょう。
それもまた文章を読む限りでは微笑ましいですが。

プロのカメラマンさんがいるときは
忘れずに筥迫も撮影していただいた方がいいですね!
誰でも彼でもが簡単に撮影できる時代ではありますが、
「ブツ撮り」は絶対にプロが上手い!

美しい花嫁の画像と一緒にご自身の渾身の作も美しく撮っていただいて
倍以上の良い思い出が出来て本当に良かったですね。

Rom筥 [639] 12/05/(水) 10:52:12



Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板