皆さんの作った筥迫、嚢物、細工物等をご自由に掲示してください。
画像サイズは自動的に縮小されます(サムネールをクリックすると拡大表示します)。
筥迫工房の型紙以外の作品の掲載も歓迎します。
管理人への質問にもわかる範囲でお答えします(個人的連絡は右下の「管理人へ連絡」へ)。
すてき!と思った作品には、是非コメントを入れてあげてくださいね。

 

ご自分で決めた「削除キー」を入力することによって、各自で投稿を削除できます。
削除キーを設定しない場合は、管理人に削除を依頼してください。

「メールアドレス」は任意ですが、投稿時には表示されません。管理者から投稿者様へ
直接ご連絡差し上げたい場合に必要なものなので、できるだけご入力ください。

名前
題名
内容
  削除キー Cookie 

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

紅絹の張り替え

講習会の時に内布に使っていた紅絹が避けてしまい、家で別の布に張り替えました。鉄は熱いうちに、ということで当日夜中作業!
だいぶ水を通ったような柔らかな綸子の長襦袢地でしたが、二つ折りの内布には少し厚かったかもしれません。
折掛けが依然課題です。教室で集中トレ希望です。

N.N [630] 11/02/(金) 06:52:43

作り直して正解ですね。
古い赤い襦袢地はとても使いたくなるのですが、
意外と柄模様のちょっとしたフクレが厚みになるのですよね。

それとこの時代のものは色止め処理されていないので、
別の布と合わせて擦られると色落ちします。
以前花嫁筥迫で白の表地に赤の内布をつけて、
出来上がって胴締めを付けたら、こすれて赤の色が付いた、、、。
以来、筥迫本体の内には使っても、胴締め裏には現代の赤を使うようになりました。
帯に短し襷に長しですね。

この型には折り掛けはありませんが、
多分ゆるみとツレのことですね。
厚地、厚地で難しかったのかと思います。
こればかりは色々な布を使って数をこなすしかない。
たくさん作れば見えてくるものもあります。

Rom筥 [631] 11/02/(金) 17:35:13



Number
Pass
管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板