新QRP Plaza
QRP無線機自作・運用を楽しむ掲示板です。どなたでも歓迎です。 投稿はコールサインをご記入ください。
[TTT blog] [測定器] [EAD過去ログ] [★共同購入] [★Twitter] [NTS-620] [DL-20K]

タイトル コールサイン
内容
画像
削除キー 項目の保存  引用lot番号:
RSS
[5822] :アマチュア無線開局運用マニュアル 名前:JL1KRA/0  投稿日:2021年10月19日 (火) 18時26分
VSF>「アマチュア無線開局・運用マニュアル」にAD9850_DDS発振ユニットを使った
28MHzAM送信機の記事が載っていました。

私も書店で拝見し、あらゆる分野が凝縮されて解説されている
最近は類を見ない素晴らしい特集本と感じました。この本をボロボロになるまで
読んでアマチュア無線を始める子供たちがいてくれるといいのですが、、。

しかしQSLやベリカードの代わりに集めたいソフトなコンテンツは街にあふれています
何を魅力的に感じるか否か、BIRDERの表紙もここまで振っていました。

https://www.dempa.co.jp/denshikousaku_01.php
[5821] :トラ技11月号 名前:JL1KRA/0  投稿日:2021年10月19日 (火) 18時12分
https://toragi.cqpub.co.jp/magazine/202111/
GHK加藤さんにご紹介いただきましたトラ技です。
基礎的な特集は人気みたいです。売切れの書店もありました。
おそらく広告がぶ厚かったころからの名残りと思いますが
自炊泣かせの紙質です。読み切って捨てる覚悟が必要です。
[5820] :Re:Re:Re: 28.950MHz AM 名前:JL1KRA/0  投稿日:2021年10月18日 (月) 20時21分
> CB-58でオンジエアですか。
> 我々が自由に周波数をプログラミング出来るならば買い、だと思うのですが、何も分からない状態。

早いですね。

週末はゼロエリアからFT-7でオンエアしました。
3.5メガにてJE1ECF局とQSOできました。
都市ノイズで苦しむ局が多いのが分かりますから
よくピックアップできたと思います。
[5818] :Re:Re: 28.950MHz AM 名前:JG2VSF  投稿日:2021年10月17日 (日) 21時01分
ありがとうございます、これですね。
なるほどです、時間作って実験してみます。
それ以前にArduinoと格闘する必要がありますが。

CB-58でオンジエアですか。
我々が自由に周波数をプログラミング出来るならば買い、だと思うのですが、何も分からない状態。
「試しに購入してみる」という勇者様がいらっしゃるので、その方のお話待ちですね。
[5817] :Re: 28.950MHz AM 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月17日 (日) 09時33分
参照されていると思われる、以下のアプリケーションノート

https://www.analog.com/media/en/technical-documentation/application-notes/AN-423.pdf

については、実験されている方も多いみたいですね。

もう少し、デジタル的には、

https://www.analog.com/media/en/reference-design-documentation/reference-designs/CN0156.pdf

また、アナデバのDDSファミリーの中には、上記を内包して、周波数、
位相に加えて、出力振幅もマイコンから設定できるものがあるようです
(e.g. AD9910)。

以前、uSDXについて書きましたが、uSDXのやり方も、抽象度を上げて
説明すれば、同じと言っていいでしょう。uSDXの元になっている
QCX-SSBの作者も、最初はDDS(AD9834)で実験されてます。

昨日は、CB-58(と思われる)でオンエア中との書き込みを、ネットで
見かけました。
[5816] :Re:Re:Re:Re:Re:Re:28.950MHz AM 名前:JG2VSF  投稿日:2021年10月16日 (土) 23時12分
アプリケーションノートに書いてあるようです。
音声信号を2N7000を通してRSET端子に接続するようです。
ネットで検索したらそう書いてあったので、そのまま書いてますが、私は全く理解できていません。
実験された方のページによると、綺麗なAM信号が得られたと書いていました。

まあ、とにかく私に技術が無いのを痛感します。
[5815] :Re:Re:Re:Re:Re:28.950MHz AM 名前:JA5GHK/ex  投稿日:2021年10月16日 (土) 22時15分
> AD9850でAM信号を発生させるという方式。
> DDSチップで直接AMを発生させるとは驚きですと書かれていました。
DDSにはADCがありますが、その基準電流を増減することで、AM変調するのだと思います。少し歪みがでないか気になります。
[5814] :Re:Re:Re:Re:28.950MHz AM 名前:JG2VSF  投稿日:2021年10月16日 (土) 20時20分
中華ハンディー28MHzAM/FM機のCB-58の進みが、中国の祝日などで大きく遅れているようですね。

書店で買わずに読んできただけなので、恐縮ですが。
「アマチュア無線開局・運用マニュアル」にAD9850_DDS発振ユニットを使った
28MHzAM送信機の記事が載っていました。
AD9850でAM信号を発生させるという方式。
記事中にもありましたが、AM発生にFCZ方式や色々と方式があるが、
DDSチップで直接AMを発生させるとは驚きですと書かれていました。

AD9850を使えば28MHz帯と言わずHF帯の、AD9851ならHF帯から50MHz帯迄のAM送信機が出来そうですね。
[5813] :Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月15日 (金) 20時10分
あー、ごめんなさい。if()文の括弧内の評価の過程をよく追ってみたら、
結果的には、&演算子でも同じになりますね。

ただ、結果的には同じでも、該当の箇所を言葉で説明するときには、
「AとBのビットAND(&)を取る」とは言わず、「AとBの論理積(&&)を取る」と
言う方が直感的に違和感がないと思うので、やはり通常は && と書いて
ある方が読み手には優しいと思います。

> 昔,使っていたFORTRANやBASICに引きずられて,よく”=="の代わりに"="にもしてしまいます.

何か思った通りに動いてくれないと思ったら、= が一個足りていなかった
なんていうことが、私もよくあります。コンパイラーは文法が間違って
いなければエラーにはしませんからね。見落としがちです。
[5812] :Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JA4FVV  投稿日:2021年10月14日 (木) 11時19分
›ドイツ語ですが,DeepL翻訳で読みました.

ご紹介ありがとうございました。
今まで利用していたのと違って、
私にも読める日本語になりました。
素晴らしい‼️
[5811] :Re:Re:Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JE1RAV  投稿日:2021年10月14日 (木) 07時46分
> 一応,Arduino ideでは"&"でも許してはくれるみたいです.

すみません.&と&&は別の演算子なのですね.勉強になりました.ありがとうございます.
[5810] :Re:Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JE1RAV  投稿日:2021年10月14日 (木) 07時12分
> 全部の if 文のなかで、return; しているので、元のままでよかったのに…。
> アセンブラ出力は変わっていないかもですよ。
それも少しかんがえたのですが,あっても良いかなと思ってつけました.

> あとif文の中は、& ではなく && ですね。これはバグ。
ご指摘,ありがとうございます.
昔,使っていたFORTRANやBASICに引きずられて,よく”=="の代わりに"="にもしてしまいます.
一応,Arduino ideでは"&"でも許してはくれるみたいです.
[5809] :Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月13日 (水) 21時44分
https://github.com/je1rav/QP-7C/commit/43537cd4ebf350661be96bbd858665156fe9a79c

全部の if 文のなかで、return; しているので、元のままでよかったのに…。
アセンブラ出力は変わっていないかもですよ。

else if … else に書き換えるなら return freq_in_band; の行は全部消して、
一番最後(if … else文の直後)に移動します。

あとif文の中は、& ではなく && ですね。これはバグ。

if ((freqset > 135700) && (freqset < 472000)) {

>、< より && の方が優先順位が低い演算子なので、(… > …)と(… < …)の()は
いらないのですが、先に評価することを明確にするために()を付けるのが
推奨です。
[5808] :Re:Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月13日 (水) 20時30分
> 書き忘れましたが、QDX方式だとDXpedition ModeのFOX側には
> なれないですよね。

上記「QDX方式」は「QDXその他(AFSKでない)純粋なFSK送信機だと」と
いう意味です。誤解を生んだかもしれませんので、念のため。
[5807] :Re:QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JE1RAV  投稿日:2021年10月13日 (水) 09時00分
> 信号発生原理はQRP LabsのQDXも同じと思われます.
QRPGuys AFP-FSK Digital Transceiver III
https://qrpguys.com/qrpguys-digital-fsk-transceiver-iii
もそうですね.
おかしな話なのですが,保証認定を受ける時にアマチュアバンド外での送信が不可
能であることを示すように言われることがあるので,コードが公開されていないと困るんですよね.
QRP LabsのQCXキットの場合には,JA専用の送信周波数範囲を制限するファームウェアも配布されていましたし.
[5806] :Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月13日 (水) 00時25分
> 物理の先生が書かれたコードなので、可読性はひくいのかもしれませんね。

すみません、弁護のフレーズが抜けてました。プログラミングの専門家が
書いたわけではないので、ある程度読みにくかったり、効率が悪いコードなのは、
しかたないことだというのは承知しております。
[5805] :Re:Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JL1KRA  投稿日:2021年10月12日 (火) 23時42分
> でもですね、本来はWSJT-X(その他)の方から変調前のデータを送るのが
> まっとうで、どちらにせよ無駄なことしている(させられている)というのが
> 率直な感想です。WSJT-Xのどのあたりを変更すればいいのか、だいたいの
> 目星はついているのですが、2年ほど前に解析してそこで一旦ストップ状態です。
> 何せWSJT-Xが収拾のつかない spaghetti code なのでもう二度と見たくない
> というのが本音です。

WJST-Xのソースコードをご覧になったのですね、すごいですね。
物理の先生が書かれたコードなので、可読性はひくいのかもしれませんね。

QLC>> ものすごい注文のパイルアップだったみたいです。14分で売り切れ。

わかります。FT8でも何か作りたい、FT8だから何か作りたい、平常運転でQRP機が欲しい
色々な目的の方がいらっしゃいます。新しい方が沢山自作に取り組み始められている
気もします

[5804] :つまらないネット会議の途中に欲しいです 名前:JL1KRA  投稿日:2021年10月12日 (火) 23時29分
https://dailyportalz.jp/kiji/180129201905
[5803] :Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月12日 (火) 20時46分
書き忘れましたが、QDX方式だとDXpedition ModeのFOX側には
なれないですよね。
[5802] :Re: QP-7C発振段のVFO(Si5351)化 名前:JG2CEZ/鈴木  投稿日:2021年10月12日 (火) 20時28分
> 信号発生原理はQRP LabsのQDXも同じと思われます.

QDXのドラフトマニュアルは、ざっくり読んだだけで、すっかりフーリエ変換して
いるものだと想像していたのですが、あらためてマニュアルを読み直してみたら、
違いました。コンパレーターでハード的にやるかPCMデータからソフト的に
やるかの違いですね。でも、STMF401(Cortex-M4)ならNEON(SIMD命令)もあるし、
さほどCPUを占有せずにFFTできそうそうな気もするのですが。

でもですね、本来はWSJT-X(その他)の方から変調前のデータを送るのが
まっとうで、どちらにせよ無駄なことしている(させられている)というのが
率直な感想です。WSJT-Xのどのあたりを変更すればいいのか、だいたいの
目星はついているのですが、2年ほど前に解析してそこで一旦ストップ状態です。
何せWSJT-Xが収拾のつかない spaghetti code なのでもう二度と見たくない
というのが本音です。
 


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板