生長の家・開祖の『御教え』全相復活
を目指す掲示板

「生命の實相」第14巻 <和解の倫理>

われわれは天地一切のもの(実在)と和解しなければなりませんけれども、
虚説に対して和解してはならないのであります。
虚説に和解したら実相をくらますことになります。
虚説を容れることをもって寛容と和解の徳があるように思うのも間違いであります。
虚説を排撃すること、いよいよ明瞭であればあるほど真説は明らかに照り、
それに照らされて救われる人間もまた多いのであります。

<新掲示板の概要について>

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
写真

URL
編集・削除キー 項目の保存


RSS
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[8096] 五日の法語  暗黒思想に對して、聖語の波状攻撃を加へよ
国士無双 - 2018年05月05日 (土) 09時22分

この世界には無數の不健全な暗示に満たされてゐるのである。特に

テレビ、ラジオの發達に伴って、吾吾に商業廣告ー特に新薬の廣告

宣傳ーが薬を買はせるために、病氣を恐れさせ、老衰を豫告する「

言葉」が愈々益々氾濫して來てゐるのである。「言葉」は種子であ

ることを知るならば、吾々はこのやうな“病気”や“老衰”の觀念

を潸在意識に投げ込む暗示から“自分の心”を衞る工夫をしなけれ

ばならないのである。といってラジオやテレビに對して耳をふさぎ

眼をとぢてゐる譯にも行かないで、私たちは積極的防衛策を、「攻

撃は最良の防御である」といふ諺にしたがひ、積極的に「光明思想

」の言葉の砲弾を射ち込んで、暗黒の想念が潜在意識を占據しつつ

あるのを撃滅し追ひ拂はなければならないのである。繰り返し繰り

返し聖典を讀むこと、そしてあまり同じ聖典を讀んでゐると、言葉

の新鮮味がなくなり、それだけ印象力が弱まって來るから、また別

の聖典を讀むこと、未だ讀まざる新しき聖典を讀むこと、これに

よって暗黒想念の定着せんとするのに對して波状攻撃を加へる譯で

ある。

(10)
Pass



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板