生長の家・開祖の『御教え』全相復活
を目指す掲示板

「生命の實相」第14巻 <和解の倫理>

われわれは天地一切のもの(実在)と和解しなければなりませんけれども、
虚説に対して和解してはならないのであります。
虚説に和解したら実相をくらますことになります。
虚説を容れることをもって寛容と和解の徳があるように思うのも間違いであります。
虚説を排撃すること、いよいよ明瞭であればあるほど真説は明らかに照り、
それに照らされて救われる人間もまた多いのであります。

<新掲示板の概要について>

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
写真

URL
編集・削除キー 項目の保存


RSS
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[8119] 二十三日の法語  肉食生活を續ける限り世界に平和は來たらず
国士無双 - 2018年05月23日 (水) 07時58分

私はアメリカへ行ったとき、立派な宗教家で尊敬に値する地位にあ

る米人と會食した際に、その米人が鶏肉を串に刺したやうに、大腿

部の肉から突き出てゐる骨を指先で握りながらその肉を貪り食って

ゐるその姿を見た時に、平和を唱へながら日本に原爆を落とし、ベ

トナムで血を流してゐる米人の性格の根元をみたやうな氣がしたの

である。「これでは世界に平和が來るのは未だし」といふ感を深う

した譯である。日本人の食生活が段々アメリカ化して肉食偏重に傾

いて來つつあるとき、「ヤンキー・ゴー・ホーム」などといっても

外部の米國人を追ひ払ふことができても、内臓の中までも侵入して

來て血液を、そして精神をも、肉食獣化して來つつある外來毒素を

一體どうするつもりであらうか。「ヤンキー・ゴー・ホーム」はそ

の米國的食生活を追放させなければ、精神までも「大和」から「好

戦的」に變へてしまひつゝあるのである。外部へ向かって國際的に

戦争するかはりに、毎日ゝゝ、賃上げ闘争、遵法闘争、學生闘争、

何々闘争・・・で開け暮れしてゐる現状の根元的原因の一つは、そ

の門歯が肉食獣化しつゝある原因と同じものであるのである。

(7)
Pass



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板