生長の家・開祖の『御教え』全相復活
を目指す掲示板

「生命の實相」第14巻 <和解の倫理>

われわれは天地一切のもの(実在)と和解しなければなりませんけれども、
虚説に対して和解してはならないのであります。
虚説に和解したら実相をくらますことになります。
虚説を容れることをもって寛容と和解の徳があるように思うのも間違いであります。
虚説を排撃すること、いよいよ明瞭であればあるほど真説は明らかに照り、
それに照らされて救われる人間もまた多いのであります。

<新掲示板の概要について>

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
写真

URL
編集・削除キー 項目の保存


RSS
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[8123] 二十七日の法語  “そのままの心”は壽命をのばす
国士無双 - 2018年05月27日 (日) 06時53分

西田天香師が京都大學の島薗内科で行った實験では、完全にビタミ

ンB1 を抽出除外して“無”にした食物を二ヶ月間食しても脚氣に

ならなかったといふ實例であるが、これによって“心の力”が如何

にその人の健康を支配し、且つ食物の成分の欠陥を補正することが

できるかの證據であるといふことできるのである。西田天香師は食

物の欠陥を、“悟境”による“そのままの心”によって超越し、大

生命から流入するところの生命の營みを歪むことなく、そのままに

受け容れることによって健康をかくまで長く保持せられて長壽を保

たれたのに相違ないのである。

(8)
Pass



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板