生長の家・開祖の『御教え』全相復活
を目指す掲示板

「生命の實相」第14巻 <和解の倫理>

われわれは天地一切のもの(実在)と和解しなければなりませんけれども、
虚説に対して和解してはならないのであります。
虚説に和解したら実相をくらますことになります。
虚説を容れることをもって寛容と和解の徳があるように思うのも間違いであります。
虚説を排撃すること、いよいよ明瞭であればあるほど真説は明らかに照り、
それに照らされて救われる人間もまた多いのであります。

<新掲示板の概要について>

ホームページへ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
本文
写真

URL
編集・削除キー 項目の保存


RSS
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[8126] 三十日の法語  ~は活在し給ふ、死は無いのである
国士無双 - 2018年05月30日 (水) 08時17分

マグナッセンの父の靈は、彼の子の手を通して自働書記現象で生命

不滅の眞理を書くのである。詳しくは『生命の實相』の靈界篇を讀

んで頂きたいが“生”と“死”との問題を取扱った今月の法語に是

非引用しておかねばならぬ數行だけを三十日と三十一日の法語の中

に書いて置きたい。―――

『すべての人類よ、~は活在したまふ。汝も亦~の祝福の微笑を見

るであろう。 『母よ。涙に泣きぬれたあなたの眼をあげよ。あな

たの子は死んではゐないのだ。彼は今も生きてゐて幸bナある。

『妻よ、良人を失ひし者よ。汝の良人は、今も尚生きている。そし

て靈界にて~を知れるぞ!  『愛人を失ひて嘆く娘よ、汝の愛人

は死んではゐないのだ。~は彼の上に祝福のほほえみを投げかけて

ゐられる!

『――この驚くべきiケを全世界につたへることは吾が來りし使命

である。このiケは全世界にひろがるであらう。かくの如くして地

上に新しき時代は來るのだ。・・・・』

このマグナッセンの父の靈が傅へた新しき時代は今、次第に來つつ

あるのである。谷口清超氏の譯した『天と地とを結ぶ電話』なる豫

言書にもこの“新しき時代”の黎明を告げる語が載ってゐるのであ

る。對照して讀めば、一層切實にその事が理解できるのである。こ

の豫言書は五千年前エジプトで宗教家だったアガシャといふ高級靈

からの通信を紹介したものである。

(7)
Pass



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板